Search

検索したいワードを入力してください

2017年11月14日

【業界別】就活におすすめのスーツ・ネクタイ・靴下の色・割合

就活はスーツの色やデザインなどの身だしなみも大切であり、それらのマナーができていなければマイナスの印象を与えてしまいます。就活を有利に進めるためには、スーツの色などにも気を配る必要がありますので、正しい着こなしなどを考えておきましょう。

男女別就活におすすめのスーツの色と柄は?

【業界別】就活におすすめのスーツ・ネクタイ・靴下の色・割合

就活ではさまざまなマナーがあり、それらをしっかりと守って就活に取り組まなければなりません。マナーを守れていなければ面接などの内容が良くても評価が悪くなってしまいますので、マナーは大切です。

また就活で必要なマナーは就職して、社会人になってからも必要です。就活は社会人の第一歩でありますので、社会人になってから苦労しないためにも、就活生のうちにビジネスのマナーを身に付けておくことは大切なことです。

就活マナーで大切なものとしては、スーツなど身だしなみが挙げられます。就活ではスーツが基本ですが、スーツを着ていれば何でもいいというわけではありません。スーツの色や柄なども大切ですので、就活で使えるスーツを選んでいきましょう。

就活におすすめのスーツとしては黒色の無地が挙げられます。黒色のスーツは基本的にはどこでも使えるフォーマルなものですので、一着持っておくと便利です。これは男女ともにおすすめの色であり、黒色で無地のスーツを着ていれば就活マナーとしては基本的には問題はありません。

また柄は無地だけではなく、薄いストライプなどであれば問題がない場合もあります。黒色のスーツであっても派手すぎるストライプであればNGですが、薄いもので見た目に無地に見えるものであれば柄付きであっても問題ありません。

特に黒色のスーツの場合は男性では就活だけではなく、結婚式や葬式などさまざまな場で使うことができますので、就活の機会に一着購入しておくといいでしょう。

グレー

就活でおすすめのスーツの色としてはグレーのスーツも挙げられます。グレーのスーツであっても薄いグレーなどは男性の場合ではあまり印象が良くない場合もありますが、女性であれば問題ないこともあります。

また基本的には無地がおすすめですが、薄いストライプであれば問題ない場合も多いです。一口にグレーといってもさまざまな色があり、就活でおすすめなのは、チャコールグレーなど濃い目で黒色に近い色がおすすめです。

薄いグレーだと派手に見えたり、カジュアルに見えすぎてしまう可能性もありますので注意が必要です。黒系に近い濃い目のグレーであれば基本的には問題ありませんし、就活以外の場でも使えるシーンも多いのでおすすめです。

紺など

就活におすすめのスーツとしては紺色なども挙げられます。紺色の場合はカジュアルになり過ぎてしまう場合がありますので、基本的には無地のものがおすすめです。紺色と言ってもさまざまな色がありますが、基本的には濃い目で、あまり光沢のないものがおすすめです。

またストライプなどではカジュアルになり過ぎる可能性が高いので注意が必要です。紺色でストライプなどおしゃれなスーツであっても就職後であれば問題ない場合は多いです。しかし就活では派手すぎるもの、おしゃれすぎるものはNGになってしまう可能性は高いので注意しましょう。

就活中はおしゃれを気にするのではなく、基本的には派手になりすぎないものを選ぶことが大切です。

就活の証明写真におすすめのスーツの色は?

【業界別】就活におすすめのスーツ・ネクタイ・靴下の色・割合

就活では証明写真も大切であり、証明写真の撮り方によっては印象が大きく左右されますので注意が必要です。証明写真を撮る場合は服装はスーツで撮る必要がありますが、そのときのスーツの色についても注意を払うことが大切です。

スーツの色は前述した黒色、グレー、紺色から選びましょう。その上で自身の顔色が最もよく見える色を選んでいきましょう。スーツはどの色を着ても印象が同じではなく、それぞれの肌の色によって顔色が映える色というものがあります。

それぞれの肌の色によって顔色が良く見えるスーツの色は異なっていますので、スーツを数着持っている場合は、鏡で顔色を見ながら顔色が最も明るくなるものを選んで撮影しましょう。

就活におすすめのスーツのネクタイの色は?

【業界別】就活におすすめのスーツ・ネクタイ・靴下の色・割合

就活ではスーツの色も大切ですが、それに合わせるネクタイの色も大切です。ネクタイは男性特有の身だしなみではありますが、選ぶネクタイの色によっても印象は変わります。一般的には赤系のネクタイであれば顔色が明るく見え、元気な印象、活発な印象を与えることができます。

反対に青系の色であれば顔色が少し曇って見える場合もありますが、落ち着いた印象を与えることができます。顔色が明るく見えやすい赤系のネクタイが必ずしもいいわけではありません。

志望する企業や職種などによっては落ち着いて見える青系のネクタイの方が印象が良い場合もあります。志望する企業や職種のイメージに合わせて身に付けるネクタイの色も変えていきましょう。

就活におすすめのスーツの靴下の色は?

【業界別】就活におすすめのスーツ・ネクタイ・靴下の色・割合

就活ではスーツが基本であり、それに合わせる靴下の色にも注意しなければなりません。スーツに合わせる靴下の色は黒色が鉄則です。それ以外の色は基本的にはNGですので、スーツには黒色の靴下を合わせましょう。

また黒色の無地が基本です。ワンポイントでも柄が入っているものは良くありませんので、必ず黒色の無地の靴下を選びましょう。おしゃれとしてスーツに白色や柄付きの靴下を合わせている人もいますが、少なくとも就活のうちは黒色の無地がおすすめです。

靴下はちらりと見える程度ではありますが、それが評価を左右する可能性もありますので、黒色の無地を選んで評価を下げないようにしましょう。

業界別就活におすすめのスーツの色は?

【業界別】就活におすすめのスーツ・ネクタイ・靴下の色・割合

就活でおすすめの色としてはさまざまなものがありますが、それも業界別におすすめが違っています。スーツの色によって与える印象は変わりますし、業界ごとのイメージや印象も違いますので、それぞれに合わせたスーツの色を選ぶことが大切です。

基本的には黒色、グレー、紺色を守っていれば問題はありませんが、業界ごとに適したスーツを選べばさらに印象は良くなる可能性があります。業界ごとにおすすめのスーツの色は違いますので、おすすめの色を知り、就活を有利に進めていきましょう。

公務員

公務員を志望する場合は、真面目さをアピールすることが大切ですので、グレーや紺色などの色を選ぶといいでしょう。黒色でも問題はありませんが、堅すぎる印象を与えてしまう場合もあります。

公務員では地域の住民との関わり合いも大切ですし、人当たりの良さをアピールすることも大切ですので、少しだけ柔らかい印象のあるグレーや紺色を選ぶといいでしょう。

金融など

金融業界を志望する場合も真面目さをアピールすることが大切であり、公務員よりもさらに堅いイメージの職業ですので、黒色などのスーツを選ぶのがおすすめです。とにかく真面目さ、誠実さが伝わることが大切ですので、デザインも派手なものは避け、無地を選ぶことが大切です。

金融業界では服装も重んじられることが多いので、迷ったり黒色の無地を選びましょう。

就活のスーツの色の割合は?

【業界別】就活におすすめのスーツ・ネクタイ・靴下の色・割合

就活のスーツの割合としては黒色が70%、濃紺などを含めた紺色のスーツが20%、チャコールグレーなどの濃い目のグレーが10%程度になっています。他の就活生と合わせて安心したいのであれば、黒色のスーツがおすすめですし、少しだけで違う色を着たいのであれば紺色のスーツがおすすめです。

また個性を発揮したいのであればチャコールグレーなどがおすすめですので、周囲の学生の割合も考えてスーツを選んでいきましょう。周囲に合わせるのもいいですし、個性を発揮するためにあえて割合の少ない色を着るのもいいでしょう。どの色を着ても問題はありませんので、シーンに合わせて着こなしを変えていきましょう。

就活は身だしなみが大切

【業界別】就活におすすめのスーツ・ネクタイ・靴下の色・割合

男女別就活におすすめのスーツの色と柄やおすすめのネクタイの色・靴下の色、就活のスーツの色の割合などを紹介しましたが、就活は身だしなみが非常に大切です。どれだけ面接での受け答えが良くても、身だしなみが悪ければそれだけで大きくマイナスの印象となってしまいます。

身だしなみを整えることも就活の大切な準備ですので、身だしなみについても正しいマナーを知り、就活を攻略していきましょう。

Latests