Search

検索したいワードを入力してください

2018年01月04日

【男女別】就活でおすすめのシャツ・ボタン・色・柄と半袖シャツ

リクルートスーツはインターシップや面接、企業説明会など、様々な場面で活躍します。内面のアピールも重要ですが、TPOに合わせ清潔にきこなすことで、あなたの魅力をより引き出してくれるでしょう。そこで今回は、オススメのシャツをご紹介します。

就活で着用するシャツの襟やボタンのタイプは?

【男女別】就活でおすすめのシャツ・ボタン・色・柄と半袖シャツ

シャツには、襟の形やボタンの位置によって、レギュラーカラーやボタンダウン、イタリアンカラー、ワイドカラー、スキッパーカラーと言ったいろいろな種類のシャツがあります。

就活用で選ぶなら、首元までボタンがある「レギュラーカラー」のシャツを選ぶと良いでしょう。その際、ボタンは1番上までしっかりと留めるのが、マナーなので注意しましょう。

男性

男性用のシャツの中に、ビジネスシーンでよく見られるボタンダウンのシャツがあります。このシャツは、襟が小さなボタンで留められているのですが、これはもともと乗馬競技の競技用のシャツをヒントに作られており、本来はノーネクタイ用のシャツです。ビジネスマンで、ボタンダウンのシャツにネクタイをつけている人もいますが、就活の場ではボタンダウンのシャツを着用するのは、避けておいた方が良いでしょう。

ワイドカラーと言った、襟の開きが100度〜120度前後あいているシャツもありますが、これも就活中はやめておきましょう。

女性

女性用のシャツは、レギュラーカラーの他にスキッパーカラーと言った、第1ボタンがなく首元があいているシャツがありますが、スキッパーカラーのシャツを着ても問題ありません。レギュラーカラーはしっかりとして、清楚な印象を、スキッパーカラーは元気で明るい印象を与えます。そのため、あなたのイメージや、企業のイメージにあったシャツを選ぶと良いでしょう。

企業のイメージとしては、金融系やホテル業界など、硬いイメージのある企業ではレギュラーカラーを、メーカーや広告業界、商社ではスキッパーカラーにするなど、業界によって使い分けても良いでしょう。

就活用のシャツの色は何色を選んだらいいの?

【男女別】就活でおすすめのシャツ・ボタン・色・柄と半袖シャツ

就活用のシャツの色は、「白の無地」が一番無難なので、迷った際はそちらを選ぶと間違いありません。白色のシャツは、あなたの清潔感を引き出してくれますが、シミなどの汚れや、シワが目立ちやすいので、着ていく際はアイロンをかけたり、汚れがないかチェックしておきましょう。

フォーマルな場では白色の他に、サックスブルー(薄いブルー)の色は認められているので、サックスブルーのシャツを着てもマナー違反ではありませんが、就活中は避けた方が良いでしょう。もしお洒落をした個性を出すのであれば、入社後はいくらでも個性を発揮できるので、就活の間は王道の「白の無地」を選びましょう。

オススメのシャツ〜男女別〜

男性の方は、白色の無地でレギュラーカラーのシャツを選ぶと間違いありません。

女性の方は、シャツの色は白色で、あなたの雰囲気や企業に合わせて、レギュラーカラーか、スキッパーカラーのシャツを選ぶと良いでしょう。レギュラーカラー、スキッパーカラー両方用意するのもオススメです。フリルやリボンがついているシャツ、胸元にギャザーが入っているシャツもありますが、就活中は避けましょう。

また、シャツを選ぶ際は「形状記憶」の機能がついているシャツを選ぶと便利です。形状記憶のシャツは、洗濯をしてもシワが少なく、アイロンの手間が減るので、就活中は少しでも時間を節約するのがオススメです。

就活用のシャツはユニクロでも購入できる

ユニクロでも就活用のシャツを購入できます。女性が着る、スキッパーカラーのシャツはオンラインのみの取り扱いですが、男女ともにオススメのレギュラーカラーは店舗でも販売されています。

また、ユニクロのシャツは、ストレッチが効いていたり、コットン100%のシャツなど機能性がついているのも何種類かあり、サイズも豊富に用意されています。そのため、あなたにあったシャツが見つけられるのではないでしょうか。

また、値段も手頃で3000円ほどで購入できるのが魅力的です。また、店頭で試着してサイズが合えば、もしシャツが足りなくなったという場合でも、通販できるから便利です。

就活に半袖のシャツは着て良いの?

夏場は湿気や温度で蒸し暑くなり、長袖の服は避けたいですが、就活でスーツを着用する際は半袖のシャツはやめておきましょう。なぜかというと、もともとシャツはスーツの下に着る下着の役割として着るのであって、スーツ+長袖のシャツが一般的に考えられているためです。

日本では、近年クールビズを打ち出していますが、年配になるほどビジネスシーンでの半袖シャツの着用はよく思われていません。企業によっては、半袖シャツやノーネクタイでも問題ないというところもありますが、募集要項などの項目に服装につて明記されていないようであれば、長袖のシャツのをオススメします。

夏場の暑さ対策

就活は6月から試験や面接などが本格的に始まります。そのため、夏場の暑さ対策をするならば、シャツの下に冷感インナー、ドライ加工インナーなど、汗をかいてもすぐに乾くインナーを着ると良いでしょう。またシャツによっては、吸汗速乾や、UVカットなどの機能性を備えているので、そういったシャツを購入するのもオススメです。

また夏場の就活は、外が暑く移動中は汗をかいたりしますが、企業などの室内は冷房が効いているので温度差に注意しましょう。そのため、速乾性のあるタオルを用意しておくと便利です。

就活のシャツで柄入りのものを着用してもいいの?

シャツには柄のバリエーションがたくさんありますが、就活の際に柄があるシャツよりは、無地のシャツを着た方が、企業の方には好印象に見られます。企業説明会や面接では、あなたの常識も判断されていることもあるので、あなたの個性として服装でアピールするよりも、就活の時期と割り切り無難な「白の無地」のシャツを選ぶと良いでしょう。

また、白色のシャツはインナーが透けやすいので、透けないシャツを選ぶのもポイントです。女性の方は、ピンクや肌色のインナーを選ぶことで、透けにくくなります。

ストライプの柄は?

就活用のシャツでストライプの柄を選ぶのであれば、白色で薄くストライプの柄が入っているシャツを選ぶと良いでしょう。ただし、太いストライプは避けましょう。ストライプが大丈夫かは企業にもよりますが、ほとんどの方は無地を選んでいるので、無地を選ぶのをオススメします。

就活用のシャツは何枚用意しておくといい?

就活の時期は、説明会や面接、企業へ行くことが多く交通費の出費が重なります。そのため消耗品であるシャツは、できるだけ値段を抑えたものを購入すると良いでしょう。また、シャツは1枚だけでは足りないので最低でも3枚は用意すると気持ちにも余裕が持てます。

3枚あれば、毎日洗濯をして1日雨が降っていて室内干しになっても乾いて着回せます。シャツは消耗品なので、汚れたりヨレヨレになるのが心配であれば、もう少し多めに用意するのもいいでしょう。

ただ、社会人になると、就活で着用していたシャツを使わないこともありますので、あなたの就活状況に合わせて購入を検討すると良いでしょう。企業によりますが、入社してからは、色のあるシャツや柄入りのシャツを選ぶ傾向にあり、女性ならカットソーでも大丈夫という企業が多いためです。

就活でオススメの値段が安価なシャツ

男性の就活用シャツ

(スティングロード)STINGROAD 形態安定加工ノーアイロン綿高率白長袖レギュラーカラードレスシャツ3枚セット

男性用のレギュラーシャツ。3枚セットでお得に購入できるので、お財布に優しく、生地がしっかりしているなど好評です。

とても良かったです。生地もしっかりしていてお気に入りです。
1枚1000円とは恐れ入りました。
また購入します!

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1ERLXSODQ29... |

女性用就活のシャツ

(セシール)cecile 形態安定レギュラーカラーシャツ(長袖・2枚組セット)

女性用のレギュラーシャツです。2枚セットでお得です。サイズはSー3Lまであるので、自分に合ったサイズを選べます。シワになりにくい、形状記憶の機能がついています。

 一枚で着るには生地は薄いですがスーツなどのインナーにちょうどよいです。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R270V6WSRYU2... |

見た目はあなたを伝える重要ポイント

人は出会って3秒程であなたを判断します。そのため、見た目は重要なアピールポイントです。就活の際は、シャツやスーツの身だしなみを整えることで、あなたの印象がよりよく相手に伝わり、内面のアピールポイントも相手に伝わりやすくなります。この記事を参考に、あなたに合った就活用のシャツを選んでみてください。

Latests