Search

検索したいワードを入力してください

就活で失敗する人の特徴とその後の進路|ニート/フリーター

更新日:2020年08月20日

就活して失敗する人は数多くいます。では、そういう人の進路はどのようなものになるのでしょうか。就活に失敗しても人生が終了というわけではありません。それに、自分が望んでいた進路が必ずしも自分にとって最高の選択になるとは限りません。

就活で失敗したその後の末路

就活して失敗する人は数多くいます。では、そういう人の進路はどのようなものになるのでしょうか。就活に失敗しても人生が終了というわけではありません。それに、自分が望んでいた進路が必ずしも自分にとって最高の選択になるとは限りません。なので、ネガティブになりすぎないようにしましょう。では、就活で失敗した人の末路を見ておきましょう。

公務員

就活に失敗した人の末路はどのようなものなのでしょうか。最終的には公務員になる人も多いです。というのも就活はかなりつかれる時間です。

就活に一生懸命になるが、結果として第一希望の会社には行けずに、精神的にも肉体的にも苦労してしまいます。そうなれば、公務員になったほうがましと思う人もいるのでしょう。公務員は試験がメインの就活です。試験にさえうかればなんとかなるというところもあります。なので、最終的に公務員に落ち着く人もたくさんいます。

大学院

主勝に失敗した人の末路として公務員と同様にあげられるのは、大学院進学です。そして大学院に進学し、そこで学問を究めて、研究者や教授としていきていくという道です。もちろん、研究者や教授というのは収入も社会的地位も高い仕事です。誰にでもなれる仕事ではありません。生半可な気持ちで目指すのは禁物でしょう。

就活で失敗したあとの進路

ニート

就活で失敗した人はその後どういうような進路を選ぶのでしょうか。ここでは、代表的なものを見ていきましょう。まずは、あまり仕事ではありませんが、ニートです、そもそもニートは仕事でも進路とも呼びにくいです。

ニートは仕事をせずに、毎日グダグダして過ごすということです。生活費は親のお金や年金、遺産などです。もちろん仕事をしていなくても夢を追っていてるというならば話は別かもしれません。

夢を追っている人はもしも若いならば、可能性はまだあるので許されるでしょう。しかし、30代後半以上になると夢を追い続けていて、働かないというのは世間的にも恥ずかしいことです。なので、やめどきはしっかり考えておきましょう。

フリーター

就活で失敗した人はその後どういう人生を歩むのでしょうか。代表的なのはフリーターでしょう。これは、さきほど紹介したニートと違い、仕事はしています。しかし、仕事というぬは正社員雇用ではなくて、派遣社員としての雇用かアルバイトの掛け持ちなどでしょう。

もちろんこれらも働きかたの一つなので、何も問題はありません。

しかし、若いうちは十分な収入が狙えても、歳をとるとそうはいきません。フリーターはいろんな仕事を転々とするので、スキルが身につかない可能性が非常に高いでしょう。なので、30代過ぎたころからは、なにかしらの武器を磨くことが必要になるでしょう。なにもしないまま暮らしていくとそのうちフリーターからニートになってしまいます。

留学

就活に失敗したあとの進路としてあるあるなのが留学という選択肢でしょう。これは二つのメリットがあるようです。一つは広い世界をしれるということです。

就活しているときは、視野がせまくなりがちです。もちろん、就活生にとっては、自分の一番入りたい会社に入れなかったら、人生終了という考えの人もいます。しかし、実際はまったくそんなことはありません。転職や、中途採用などいくらでもリカバリーの方法はあるのです。そんなときに留学にいくと世界のいろんなライフスタイルや働らき方を知ることができます。

また、留学に行くと就活浪人をするときに、留学に行くつもりだっらので、一年就活が送れたという言い訳もできます。

引きこもり

これは、最悪の失敗かもしれないです。就活で失敗して引きこもりになってしまうパターンです。フリーターは正社員ではないだけで、働きますし、ニートと呼ばれる人たちは働きませんが、家にとじこもるわけではありません。家に閉じこもると社会との関係を断ってしまうということです。一度そうなってしまえば、なかなか復帰が厳しいでしょう。

それに、親のお金や年金でくらしていくということなのでしょうがいつまでも資金があるわけではありません。親はいづれ死にますし、助けてくれる人がいなくなります。そうならないうちに自分で生きていけるように努力しましょう。そうしないと人生まで失敗してしまいます。

企業

就活で失敗したといっても、一番問題がないのが失敗したけれど別の企業で働いているという場合です。これは、いまは妥協したけれど、近いうちの転職で逆転をするつもりという人も多いので、失敗といえど、かなり前向きな状況でしょう。引きこもろやニートにだけは、ならないようにしましょう。人生まで失敗することがないように。

就活で失敗する人の特徴

では、ここでは就活で失敗していしまう人の特徴をみて行きましょう。これから就活をする人もすでに失敗してしまい、再度挑戦する人も就活に失敗してしまう特徴やパターンを知っておけば大きなアドバンテージになるでしょう。

少なくとも失敗する特徴をしらないでいる人よりは有利になります。そして、仮に失敗する特徴に自分が当てはまっていても改善できるところを改善すればよいだけです。

大手病

次のページ:就活で失敗した後の転職方法

初回公開日:2017年11月15日

記載されている内容は2017年11月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests