Search

検索したいワードを入力してください

インターンシップに参加するには?時期や申し込み方法から有意義にするコツを紹介

更新日:2022年04月15日

企業開催のインターンシップに参加する方法を紹介します。インターンシップでは業務経験を通じてさまざまなことを身に付けることができます。また、参加することで他大学の生徒や社会人の人と交流を持つことができ、通っている大学以外で人脈を築きやすくなります。

続いて、インターンシップに参加する際の目的について紹介していきます。

インターンシップはアルバイトとは異なり、実際に業務を行うことで企業での仕事について理解を深めることができるため、得た知識を就職活動に活かせるようになります。

その他にもインターン生として参加した企業とのミスマッチを防いだり、自己分析を行うために必要なことを学んだりすることもできるでしょう。

1:業界や企業の理解を深めるため

インターンシップに参加する目的に、業界や企業に関する理解を深められる点が挙げられます。

インターンシップに参加することができれば、企業について理解を深めることができ、業界についても知ることができるため就職活動を行う際に役立てられるでしょう。

2:自己分析を深めるため

インターンシップに参加する目的に、自己分析を深められる点があります。

長期でのインターンシップに参加することができれば実際に業務を行い、仕事をするために必要なことを身に付けられるため、学んだことを自己分析に取り入れることができます。

自己分析を深く行うことができれば、説得力のある自己PRや志望動機を考えられるようになるでしょう。

3:就活の予行演習のため

インターンシップに参加する目的に、就職活動の予行演習を行えることが挙げられます。

インターンシップに参加できれば、就職活動の際に行われる面接などの予行演習も可能となるため、緊張せずに他の会社にも訪問できるようになります。また、インターンシップに参加することで多くのことを経験できるため、自己PRの作成に役立てられます。

インターンシップに参加する3つのメリット

ここからはインターンシップに参加することで得られるメリットについて紹介していきます。

インターン生として働くことで自己の能力を把握できるようになるため、自分がどのような職種や業種に向いているのか知ることができます。

また、社会人や他大学の人と人脈を築けるため、多くのことが学べ、得たことを就職活動やその後の人生に役立てることもできるでしょう。

1:業種や職種のイメージを具体的にできる

インターンシップに参加することで得られるメリットに、業種や職種のイメージを具体的にできる点が挙げられるでしょう。

1Dayや短期、長期の関係なく、インターンシップに参加できれば働いて学んだことを企業や業種の研究に活かせるため、業種や職種ごとのイメージが描きやすくなります。

業種や職種のイメージを描くことができれば、自身に合った職探しもできるようになります。

2:社会人や他大学の人などの人脈が築ける

インターンシップに参加することで得られるメリットに、社会人や他大学の人との人脈が築ける点が挙げられます。

インターンシップに参加できれば、インターン生として働いている企業の社員と交流を持つことができるため、仕事をするために必要なことが学べます。また、他の大学の就活生とも情報交換できるため、就職活動を進めるために必要な事柄を知ることもできるでしょう。

3:自分の適性や強みなど知ることができる

インターンシップに参加することで得られるメリットに、自分の適性や強みなどを知ることができる点が挙げられます。

インターン生として企業で業務を担うことができれば、自身の適性や強みを知ることができるため、自己PRや志望動機を作成する際の材料とすることができます。また、自分の適性を理解できれば、入社する企業とのミスマッチを避けることも可能になるでしょう。

インターンシップを有意義なものにする3つのコツ

続いて、インターンシップへの参加を有意義にするためのコツについて紹介していきます。

インターン生として活動し、活動を通して知り得たことをその後どのようなに活かしていきたいのか明確にし、企業ごとに開催されているインターンシップに参加しましょう。

目的が曖昧になってしまうと自分自身に合ったインターンシップを選択できなくなるだけでなく、無駄な時間を費やし、参加したこと自体を後悔してしまう場合もあります。

次のページ:インターンシップの申し込み期間は?

初回公開日:2021年12月22日

記載されている内容は2021年12月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests