Search

検索したいワードを入力してください

人事面接の特徴とは?成功させるためのポイントやNGな対応を知ろう

更新日:2022年04月15日

就職にしても転職にしても面接は避けて通れません。面接が苦手で悩んでいる人も多いのではないでしょうか。この記事では、人事面接についてや、面接前に準備すること、面接が成功するためのポイントなどを紹介していきます。ご興味がある方は、参考にしてください。

人事面接の特徴とは?

人事面接は応募者が自社の社風に合っているかどうかを見ています。応募者のイメージが自社とまったく違うようであれば、入社したとしてもすぐに退職する可能性があるでしょう。

また、人事面接では1次面接が人事担当者、2次面接は人事部長が面接官となる場合が多く、そのほかにも役員などが面接官を行う場合もあります。

人事面接を受ける前に準備・確認しておくこと4つ

面接をすることが決まったら、本番前に事前準備をしておくといいでしょう。ここでは、人事面接を受ける前に準備しておくことや確認しておくことを4つご紹介します。

面接を受けるうえで大切なことであるため、これから面接を受ける人は確認してみてください。

1:企業情報を調べておく

企業情報を下調べしておけば面接がスムーズに進むでしょう。面接官の質問に答えやすくなり、面接官へ与える印象がよくなる場合があります。

企業研究を念入りにすることで、自分がその会社でやりたいことが見えてきます。面接官に、会社に就職したらどのようなことがしたいのか聞かれた時も、自信を持って回答できるでしょう。

2:自己分析をしておく

応募している企業に、自分はどれだけ貢献できるか確かめるためにも、自己分析は大切です。自分の強みや弱み、得意なことを書き出すことで応募している企業で働いていけるのかイメージしやすくなるでしょう。

3:キャリアプランをまとめておく

面接で、キャリアプランを教えてくださいという質問がある場合もあります。事前に将来のことについてまとめておくと迷うことなく答えられるでしょう。

キャリアプランはその会社で実現可能か、会社が目指しているものと同じなのかを意識して具体的にまとめてみましょう。

4:質問への回答を準備しておく

面接では多くの質問が飛び交うことが想定されます。応募者が答えにくいような質問が含まれる可能性もあります。

質問の回答を面接の場で考えるのではなく、あらかじめ用意しておきましょう。自己紹介や希望する仕事内容、希望する職種などをまとめておくと面接時に迷うことなく答えられます。

人事面接を成功させるためのポイント11個

面接になると緊張してしまい、苦手だという人もいるでしょう。面接は1回ではなく、2回、3回と受ける場合があります。

ここでは、人事面接を成功させるためのポイントについてご紹介します。これから面接を受ける人は不安が多いでしょう。以下で紹介するポイントを踏まえて面接対策の参考にしてみてください。

1:時間を厳守する

社会人として当然ですが、指定された時間を守るようにしましょう。面接を受ける前に受付に寄る必要があるため、面接が始まるギリギリの時間に到着しないようにしましょう。

逆に時間が早すぎてもいけません。先方は予定を組んで面接時間を調整しているため、早すぎるとかえって迷惑になってしまいます。遅すぎず、早すぎない時間が望ましいでしょう。

2:質問に対して矛盾がないか気を付ける

次のページ:3:コミュニケーション力をアピールする

初回公開日:2021年12月22日

記載されている内容は2021年12月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests