Search

検索したいワードを入力してください

【用件別】就活中の質問メールの例文と書き方・時間帯|件名

更新日:2020年08月20日

就活中の質問メールは、志望企業に自分を売り込む良い機会です。ビジネスメールの基本を押さえて、気遣いができる姿をアピールしましょう。今回は、就活中の質問メールの例文や、質問メールを送るときの注意点などをご紹介していきます。

質問に限らず、就活中にメールを送るときは、必ず署名をつけましょう。自分の氏名、所属、連絡先がわかれば良いでしょう。派手な装飾はつけず、シンプルなものが望ましいです。

以下に就活中の質問メールにつける署名として、良い例と悪い例を挙げます。

良い例

=================
山田 太郎 YAMADA Taro
〇〇大学〇〇学部〇〇学科4年
〇〇研究室

Tel:XXX-XXXX-XXXX
E-mail:xxxx@xxxx.ac.jp
=================

〇所属が明記してある。
〇シンプルでわかりやすく、就活向きなデザインになっている。

悪い例

☆゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. ☆

   佐 藤 花 子
  tel:XXX-XXXX-XXXX
  mail:xxxx@xxxx.ac.jp

☆゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. ☆

×所属が書いていない。
×枠が派手で、就活向きではない。
×文字の配置もデザイン重視で、就活向きではない。

質問メールを送るときの注意点

説明が難しい内容はメールで質問しない

雇用契約や仕事内容に関する質問は、対面で尋ねる機会がある場合は、メールよりも対面の方が良いでしょう。何について知りたいのか、こちらの意図を伝えるのも難しいですし、場合によっては先方に長文の回答を書かせてしまうことになります。社会人の負担を考えると、難しい質問は対面の方が望ましいです。

調べてわかることは質問しない

当然ですが、調べればわかる事柄を質問すると、印象を下げることに繋がるので要注意です。まずは自分でマイページやこれまでにもらった資料に目を通し、情報を集めましょう。

使い慣れない言葉を使わない

ビジネスメールに慣れてない就活生が陥りがちなことですが、使い慣れない言葉を無理に使おうとしないようにしましょう。インターネットで調べれば、色んな例文が見つかりますが、あいさつ文だけそのままコピーするなどしてしまうと、文章が浮いてしまい、すぐに先方にバレてしまいます。

時候のあいさつなど、使い慣れない言葉や、意味のわからない言葉は使わないのが無難です。就活中、様々なメールの例文を参考にするのは勉強にもなって良いですが、色んなところから文章をとってきて切り貼りするのではなく、自分が作りたい文章に近い例文を探すのが良いでしょう。

就活中の質問回答へのお礼メールの例文

質問メールに対して回答が届いたら、できるだけ早くお礼の返事を送りましょう。就活中は忙しくてなかなかメールが確認できないこともありますが、遅くともその日中に送ることが理想です。

例文

〇〇様

〇〇大学の(氏名)です。
早速のご連絡ありがとうございます。

開場は10:00からなのですね。承知致しました。

お忙しい中ご対応ありがとうございました。
当日も、どうぞよろしくお願い致します。

就活中の質問はメールと電話どちらがいいの?

就活中の質問は、特別な指定がない限り、メールで連絡するのが良いでしょう。特に新卒採用の場合、採用担当者は多くの就活生とやりとりをしているため、時間を拘束しないメールの方が望ましいです。

ただし、就活生1人に対し1名の担当者がついている場合は、電話をしても良い可能性があります。いわゆるリクルーターという存在です。
ただし、先方が「いつでも電話してね」と言ってくれている場合を除き、まずはメールで「質問があるので、電話をしても良いでしょうか?」「何時ごろがご都合良いでしょうか?」と尋ねるのが良いでしょう。

次のページ:就活中の質問メールを送る時間帯は?

初回公開日:2017年11月14日

記載されている内容は2017年11月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests