Search

検索したいワードを入力してください

2017年10月30日

ラジオ番組に送るメールの書き方|テンプレート・読まれるためには?

ラジオはよく聴きますか?同じラジオ番組を聴いていると、よく聴くラジオネームのメールが読まれます。自分もいつか読まれたい人や何度書いても読まれない人、メールの書き方を学べば採用されやすくなります。採用されるラジオメールの書き方をご紹介します。

ラジオ番組に送るメールの書き方と例文

ラジオ番組に送るメールの書き方|テンプレート・読まれるためには?

毎日ラジオを聞くのが日課になっている人は、リスナーさんが送ってくるメールが楽しみになります。楽しいメールや共感できる内容、いつかは読んでもらいたいと何度もメールを送っている人もいるでしょう。

ラジオのメールは、常連さんが決まっていて、いつも同じラジオネームが多いです。常連さんをかき分けて新入りのメールを読んでもらうのはとても難しいです。ラジオメールの書き方は、コツがあります。コツを掴んであなたも常連さんになりましょう。

件名の書き方

ラジオメールを送る時は、必ず件名を記入します。件名を見てスタッフが仕分けをするので、ここは大切です。番組よって、件名は○○でお願いしますと念を押す所もあります。ラジオメールを送る時に、もう一度ホームページなどで書き方を調べてから送ると良いでしょう。

ラジオ番組に感想を送る時も「〇〇についての感想」など、一目で見てわかるような書き方をしましょう。

テンプレート

件名:○○コーナーor○○係

簡単な住所:〇○県○○市
ラジオネーム○○
本文:いつも楽しく聴いています。○○○

住所:○○県○○市
本名:山田○○
年齢:○○才
電話番号:000-00-0000

書き出し

はじめて投稿するラジオメールは「読まれたら初採用」といれた書き方をします。採用する時にわかりやすく、一目で初投稿だとわかります。

一般的なラジオメールの書き出しは「いつも楽しく聴いています」や「○○さんの声は元気がもらえます(○○はパーソナリティ)」など、挨拶代りの一言を加えると本文が書きやすくなるでしょう。

締め

ラジオメールの締め部分は、パーソナリティに問いかけをするような書き方が良いです。本文を書いた後「○○さんはこんな体験したことありますか」などのように質問文にすることです。こうすることで、パーソナリティが話を広げやすくなりますし、読む方もらくです。本文だけで終わらせず、問いかけで終わる書き方にすると採用されやすくなるでしょう。

住所

ラジオ番組に送るメールの書き方|テンプレート・読まれるためには?

個人情報を送るのは悩みますが、番組によってはメールが読まれるとグッズがもらえたり、商品の抽選が行われる場合があります。プレゼントをもらう場合には、住所や名前を書きましょう。

住所の有無で、メールが読まれない事は無いでしょう。住所を記載しないメールを読んだ時、親切な番組ですと「プレゼントがあるから住所送ってきてください」と教えてくれる番組もあります。住所や氏名の書き方は、指定の欄がある時はそこへ書き、無い場合は本文の後に書きましょう。

リクエスト

何度メールを書いてもリクエスト曲をかけてもらえない、そのような時はジャンルを変えてみると良いでしょう。ラジオ番組によっては、かけられないジャンルがあるでしょう。同じ番組を聞いていれば、どのようなジャンルの曲がかかるのか、傾向がわかってきます。

まずは、正攻法でメールを書いてリクエストしてみると良いでしょう。リクエストする曲が、その日のテーマと合っているのも大きなポイントでしょう。曲に対する思い出などを一言付け加えても、パーソナリティが話しやすくなるでしょう。

ラジオメールの書き方で悩むのが案です。これは、ラジオ番組のカラーにあった案を送ることがポイントです。ほのぼのした番組ならホッとできる案や、面白い番組なら番組が盛り上がるような案をを送ることです。

ゲストの人が来ているなら、ゲストの人が出版した本を買った事やアーティストなら新曲を聞いた事など、パーソナリティがトークしやすい案を書くことです。よく聴くのが、今日は○○の日だから○○しました。身近な案を送ってみると採用されやすくなるでしょう。

ラジオで読まれるメールにするには?

ラジオ番組に送るメールの書き方|テンプレート・読まれるためには?

ラジオでメールを読んでもらうにはどうすればいいのか、書き方ばかり考えますが番組スタッフの立場にたって考えてみましょう。メールの書き方をマスターしたら、自分が投稿する番組のスタッフだったらどんなメールを採用するか考えます。

一番簡単なのは、季節ネタです。長期連休なら過ごし方を報告したり「仕事で連休がとれないけどラジオを聴いて仕事してます。」など、雨の日は雨の話を春にはお花の話を考えて投稿すると簡単です。

重苦しい話は採用されにくいので、簡単に考えて思いついた内容でかまいません。もし、イメージできなければ、その番組に送ってきているメールを参考にすれば良いです。書き方もわかりますし、番組の採用傾向がわかります。

ラジオで採用されるメールの送り方

ラジオ番組に送るメールの書き方|テンプレート・読まれるためには?

ラジオで採用されるメールの書き方は、読みやすい文章でが一番です。メールの内容の前に、パーソナリティの人がスムーズに読めることがポイントです。プロのような文章は書けませんが、句読点や改行を適度に使って、読む人がわかりやすいようにすることです。

そして、メールの書き方も大切ですが、番組の内容とあった文章を書くことです。ゆったりとした番組なら、心が和むような内容で投稿した方が採用されやすいですし、爆笑系の番組なら面白い話題を提供すると読まれやすくなります。これらの書き方をポイントにして、採用されやすいメールを書いてみましょう。

ラジオ番組に送るメールの書き方注意点

ラジオ番組に送るメールの書き方|テンプレート・読まれるためには?

ラジオ番組にメールを送る時、メールに色を付けてしまうと放送局側のパソコンで文字化けする可能性があります。きちんとした書き方で送っても、文字化けをしたら読んでもらえません。顔文字や装飾は加えずに、シンプルな「!」「?」「・・・」程度にして、読みやすい文章にすることが大切です。

そして、1度送ったメールを何度も送るのはマナー違反です。これを繰り返しているとアドレスがブラックリスト入りしてしまう可能性があります。そうなると、書き方を変えて送っても読まれることは無くなります。

一度A番組で読まれたから、書き方変えずにB番組に投稿する。何度も読まれたいばかりに、このような事をするのもマナー違反です。一日中同じ放送局を聞いていると、たまにあることです。リスナーは、他の番組で読まれていたことに気づき、自分の評判を大きく下げることになるでしょう。

一度このような投稿をしてしまうと、スタッフのチェックが厳しくなり、疑われてしまう可能性があります。時が経っても同じ書き方をしたメールは、使いまわしをしてはいけません。採用されたいばかりに、マナー違反をしてまで投稿するのはやめましょう。

番組の選び方もポイント

ラジオ番組に送るメールの書き方|テンプレート・読まれるためには?

ラジオ弁組に初めてメールをするなら、競争率の低い番組にするのがポイントです。どんなに上手な書き方をマスターしても、ベテランが多い番組ですと採用されにくいでしょう。

時に、オールナイトニッポンやJUNKは、何度もメールを読まれている常連で決まってしまい入る隙がありません。まずは、朝の時間帯の番組やNACK5やJ-WAVEあたりで書き方を実践してみると良いでしょう。

なるべくマイナーな番組を探して、複数の番組に送ります。まずは、初採用を目指して頑張りましょう。

ラジオメールの書き方にはコツがあった

ラジオ番組に送るメールの書き方|テンプレート・読まれるためには?

毎日ラジオを聴いていると、同じラジオネームの方からの投稿が目立ちます。同じ番組を聞いていると、パーソナリティがに親近感がわき、自分もラジオメールを送ってみたいと思うでしょう。

そして、じっくり考えて書いたけれど結局不採用で、何度書いても採用されない人も多いでしょう。今回ご紹介した書き方のコツはごく一部です。聴いているラジオ番組のカラーにあわせて応用をすれば、今までとは違ったメールが書けるでしょう。

一度採用されればコツがつかめるので、次のメールが書きやすくなります。ポイントをおさえて、ラジオメールを書いて番組をどんどん盛り上げましょう。

Related