Search

検索したいワードを入力してください

自撮りのコツ・目線・盛れるためのコツ|2人/チェキ/男性

更新日:2020年08月20日

自撮りをしてみたい方へお伝えしたい・自撮りのコツ・目線、またスマートフォンで楽しみながら自撮りができるアプリのご紹介などをしています。男女別の可愛くて、格好良いセルフィーをあなたも楽しんでみませんか。自撮りのコツをつかむことで、素敵な自撮りができます。

男女別の自撮りのコツを覚えてセルフィー

男女別の自撮りのコツを覚えて、あなたもセルフィーの世界の楽しみを味わってみましょう。写真を自分で撮ることを、「自撮り」と言います。意味としては、自分で自分を撮ると言う意味です。

自撮りは、ちょっとしたしたコツを覚えてしまえば、自分を美化して写真を撮ることができます。また、自撮りの撮り方は色々あります。そんな男性女性共の自撮り写真のコツをご紹介していきます。

セルフィーの意味とは

セルフィーとは、自分を被写体としてスマートフォンやカメラで撮影することです。

また、自分を撮影した写真のこともセルフィーと呼びます。カメラのレンズで自分自信を撮影することを言います。

女性はさらに可愛く

女性の自撮りに大切なのは、自分を可愛く見せるコツです。人に自分を、どんな風に見て欲しいのかと意識して自撮りしてみてはいかがでしょうか。

あなたに合ったコンセプトを、考えて工夫することが、自撮り写真を可愛く撮るコツになります。

それともう一つ、注意して欲しいことがあります。カメラ目線を意識し過ぎると、わざとらしい自撮りになってしまいます。できるだけナチュラルな視線を意識してみてください。

女の子は、自然な感じで自撮りをする方が、可愛らしさをアップさせてくれること間違ありません。それには、あなたの中の自然体を中心に考えてみるといいでしょう。

男性は髪型を決めてから

男性は自撮りをする時に、自分が写真に写った時の髪型を意識してみてください。ポイントしては、髪型にコンセプトを考えてセットすることです。

まず自撮り写真を撮るときには、髪型をトレンディーに決めることがコツです。これだけで見違える程に写真が映えます。ちょっとした工夫で自撮りをカッコよく決めてみましょう。

スタイル
・ボトムをテーパードパンツでカジュアルなのに、髪型はキッチリとさせてみる。
・ボトムはスラックパンツで、髪型をクシャッとしたラフなスタイルにしてみる。

こんな感じで、スタイルにアンバランス感を出してみてください。これで「イイ男風」に盛ることができます。あなたもバッチリと決め込んで自撮りを楽しみましょう。

あまりポーズはカチッと決めなくても大丈夫です。ここは、自然な雰囲気で自撮りをするのが良い男のコツになります。

男女共に言えること

男女ともに言えることですが、どちらも自撮り写真に必要なことは、共に自分の自然体を自撮りすることです。自撮りに慣れてくると、自分のどんなところが、しっくり来るのかがきっと見えてきます。

まずは手始めに、女性は可愛さを求めてセルフィーしてみましょう。男性はカッコ良さを求めてみることをセルフィーすることをします。

グッと自撮りが上手になり写真もグレードアップして撮れることでしょう。

複数で撮る自撮りのコツとは

友人と皆で、自撮りをする時、やはり一人一人の個性を大切にしましょう。近頃はスマートフォンのアプリで、写真を撮ることが多いです。そんな時皆さん恐ろしく同じ顔になってしまいがちです。

これでは、誰が誰なのか区別がつかない気がします。それが、お好みの人はそれもいいでしょう。できることなら、一緒に撮る人も撮られる人も、可愛く美しく、また格好いい自撮り写真を撮れるようになりましょう。

そのコツはそれぞれの人の豊かな個性を、しっかり自撮りに写し出してみましょう。ほんの少しのおめかしで、自分に自信が持てるようになると、自ずと顔も目も引き締まっります。これが輝いた自撮り写真を写すコツになります。

いつでもどこでも1人セルフィー

どこでも簡単、自撮り写真を楽しんでみてください。一人自撮りするコツは、今いる場所にある、光を上手に使いこなしましょう。

ちょっとだけでいいです。明るさのある場所を選んでみてください。できるだけ顔の後ろや、斜めから当たる、光を効果的に利用してみてください。

逆光を逆手にとるのも、ちょっとしたテクニックです。光の感覚を使うそれだけで、顔周りの雰囲気をガラッと変えてくれます。ただ直射日光や、顔の下からの光は、NGになります。影が強調されて怖い顔になってしまいます。

定番ですが顎は引くこと

写真を撮るコツに、顎は引きましょうという言葉を、よく耳にします。でも顎は引きすぎないように注意しましょう。

極端に顎を引いてしまうと、不自然になります、二重顎に写ってしまう場合もありますから、口元を引き締め気味に、ほんの少し顎を引いてみてください。

あとは自分の好きなアングルを、スマートフォンのカメラを少しだけ上目に持ってくるだけでOKです。

カメラの画面を見すぎはNG

スマートフォンで、写真を撮る時に気をつけてほしいことがあります。あまりスマートフォンの画面を、覗きこみすぎないようにしましょう。

写真が画面への目線になってしまいます。これですと「わたし。写真撮ってますよ」と言う感がでてしまいます。画面をみてしまうと、瞳が下を向いたようになってしまいます。

撮っている方は、気がつかないことが多いでしょう。写真を見せられた方は、わざとらしい写真にみえてしまうので、折角の自撮り写真も台なしになってしまいます。

そんな風にはならないように、自然なナチュラル感じを出したいです。そんな時の目線のコツは、スマートフォンにある小さなレンズの横などに目線をむけることです。これが良い感じの自撮り写真をとるコツになります。

最初は加減が難しいですが一人で夜に鏡向かって練習してみてください。コツさえつかめば簡単です。一人で自撮する時も、複数での自撮りする時にも使えます。

初回公開日:2018年10月23日

記載されている内容は2018年10月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests