Search

検索したいワードを入力してください

おすすめのおむつ用ゴミ箱16選|選び方や臭いが気になる時の対処法も紹介

更新日:2022年05月30日

おむつ用ゴミ箱は種類も豊富なため、どれを購入すればよいかわからないという方も多いでしょう。この記事ではおすすめのおむつ用ゴミ箱の紹介とともに、選び方や消臭効果を高める方法を解説しています。おむつ用ゴミ箱の購入を検討している方は、ぜひ読んでみてください。

おむつ用ゴミ箱はあった方がいい?

おむつ用ゴミ箱は、子供が小さい間しか使わないため、ホームセンターなどで売っている普通のゴミ箱でもいいのではないか、と購入を迷う人も多いでしょう。

しかし、おむつ用ゴミ箱は密閉式のものが多く、防臭効果も期待できるため、便の臭いが強くなる離乳食開始前に準備しておくのがおすすめです。特に夏場は臭いが強くなり、コバエなどの虫が発生する原因にもなってしまいます。

おむつ用ゴミ箱は子供がおむつを使っている間、部屋の中で快適に過ごすためには欠かせないベビー用品のひとつといえるでしょう。

おむつ用ゴミ箱の選び方9選

おむつ用ゴミ箱は種類も多く、さまざまな大きさや機能のものがあるため、いざ購入しようとすると、何を重視して選べばよいか迷ってしまう人も少なくありません。

おむつ用ゴミ箱を選ぶにあたって、サイズや価格帯など、おおまかな希望もあるでしょう。ここからは、購入前に気になる点と合わせてチェックしておくべき選び方を9つ解説していきます。

1:商品の素材で選ぶ

重視したいポイントに合わせて、おむつ用ゴミ箱の素材を選んでみましょう。

たとえば、ゴミ箱への臭い移りが気になる場合は、ステンレスやスチール、ホーローなどの金属製の素材が臭い移りもしにくいためおすすめです。他にも、樹脂製などの軽量の素材なら軽くて扱いやすく、シンプルなものなら手軽に洗えるなどのメリットもあります。

2:消臭性・密閉性で選ぶ

使用済みおむつは臭いが気になるため、ゴミ箱の消臭性・密閉性は重要でしょう。

蓋が付いているものを選び、防臭剤や消臭剤がセットできるものや、蓋部分にゴムパッキンが付いていて密閉できるものなら、臭いもれを抑えられるでしょう。

また、専用カートリッジのゴミ袋を使用するタイプや、袋をねじることでおむつ1つ分ずつ密閉していくタイプもおすすめです。臭いが気になるのであれば、消臭性・密閉性を重視しましょう。

3:置く場所に合うサイズで選ぶ

マンションや賃貸などで部屋のスペースが狭い場合は、ゴミ箱のサイズ感もチェックしておきましょう。

おむつ用ゴミ箱には、トイレに置くこともできるスリムなものや、棚下に収まる高さのないもの、薄型タイプなどさまざまな形状のものがあります。あらかじめ設置する場所を決めておき、適したサイズのゴミ箱を探しましょう。

ただし、新生児の場合、1日に10~15回程度はおむつを交換するため、数日間ためておくことを想定した容量のものがおすすめです。複数使う場合はおむつの仮置き場用として、コンパクトなものを併用するとよいでしょう。

4:価格で選ぶ

おむつ用ゴミ箱は、商品によって価格に幅があるため、価格を重視して選ぶのもよいでしょう。

低価格なものなら100円均一で購入できる蓋付きゴミ箱でも代用できますが、おむつ用に特化した高機能なものになると10,000円以上となり、かなり相場に差があります。

初期費用を抑えるだけでなく、さらにコスパを重視するなら、赤ちゃん用以外の別の用途で再利用するのもよいでしょう。生ゴミや犬猫のペットシーツ、猫砂の廃棄などにも使えるタイプのものなど、数多くあります。

5:ゴミ袋の使用タイプで選ぶ

次のページ:おむつ用ゴミ箱おすすめ16選

初回公開日:2022年03月23日

記載されている内容は2022年03月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests