Search

検索したいワードを入力してください

2018年02月08日

【男女別】潮干狩りにおすすめの服装|デート/子供・大人

春の人気プレイスポットである潮干狩り。潮干狩りの時にはどんな服装がいいの?初めての潮干狩りデートや家族でのお出かけに失敗しないために、潮干狩りコーディネートを解説します。万全の用意をして潮干狩りを楽しむために、必要なことをまとめました。

男女別:潮干狩りにおすすめの服装

【男女別】潮干狩りにおすすめの服装|デート/子供・大人

春先の行楽シーズンに人気なのが、潮干狩りです。ゴールデンウイークの時期などは、家族連れやカップルたちでにぎわいます。泥まみれになりながら貝を探すのは、宝探しをしているようで、大人も子ども熱中できる楽しいイベントです。

初めて潮干狩りに出かけようと思った時、どんな服装で行こうか迷う人が多くいます。海辺に行くのだから濡れるし、泥まみれにもなります。肌寒いと思ったら急に暑くなったり、海辺は気温も変わりやすく、ちゃんと対応できる服装を考えることが必要です。なにも考えずに普段の服装で行ってしまうと後悔することになりかねません。

ぜひ、潮干狩りは万全の準備をして臨みましょう。では早速、おすすめの服装を紹介していきます。

男性の基本的な服装

男性のおすすめの服装です。基本的に男性はパンツスタイルですが、短パンが適しています。長いズボンであれば、裾が汚れてしまいますので、必ずめくりやすいものにしましょう。汚れが気になって潮干狩りどころではなくなってしまいます。

長靴をはけば長いズボンでも大丈夫だと言う方もいるでしょう。しかし潮干狩りの服装として、長靴はあまりおすすめしませ。足元のおすすめに関しては、のちほど詳しく解説します。

まず基本としては、動きやすくて汚れても気にならない服装で、短パンか裾がめくりやすい長ズボンです。服装に気を取られずに済むように、万全の体制で潮干狩りを楽しみましょう。

女性におすすめの服装

女性は、やはり動きやすく汚れても大丈夫な服装が必須です。しゃがむ姿勢が多くなるので、スカートは避けるのが無難です。でも、スカートの下にスパッツをはくなど対策ができれば大丈夫です。その際は、ヒラヒラするスカートは泥について汚れやすいので注意してください。

日焼けが気になる人は、肌をカバーする上着も必需品です。海辺で日陰もない中に長時間いることになるので、日焼け対策はかなりしっかりめにする必要があります。帽子やサングラスも日焼け対策に非常に有効です。さらに花粉症も心配な方はマスクもすると完全防備状態になります。ただ、その姿はかなり怪しい人物になりますので、そのままの姿で電車などで帰らないように気をつけてください。

潮干狩りデートにおすすめの服装

潮干狩りデートの服装ー男性ー

せっかくのデートなのに、あまりに潮干狩り用完全装備で行ってしまい、ファッションセンスのかけらもなくなってしまっては残念です。また、潮干狩りを楽しむ前後に外食を楽しもうにも、恥ずかしい服装でおしゃれなレストランに入れなければ、彼女もがっかりしてしまいます。

デートであれば、汚れてもいい服装にしながらも、帽子やサングラスで流行を取り入れるなどしておしゃれを意識してみましょう。潮干狩りだけがメインじゃなく、デートを楽しむことができる服装を心がけてください。

潮干狩りデートの服装ー女性ー

汚れてもいい服装は原則ですが、せっかくのデートなので、華やかさも忘れない服装を心がけましょう。デニム地や柄の入った短パンなどは、コーディネートもしやすいです。

白系の服装は避けましょう。やはり泥汚れは白い服だととても目立ちます。柄や濃い目の色のシャツに短パンで、パーカーなどを羽織り、帽子と日焼け止めは忘れれずに持って行きましょう。

オシャレのポイントとしては、やはり小物です。サングラスとツバの大きめの帽子をかぶれば、オシャレ度はぐっとアップします。ピアスなども海の雰囲気にあったものをチョイスしてみてはいかがでしょうか。

子ども・大人別潮干狩りにおすすめの服装

幼児の服装

子どもは、お尻を砂につけずに潮干狩りをするはまず不可能です。全身汚れてもいい服装、または水着を着用しましょう。ちなみに、2歳くらいの子どもがおむつ姿で潮干狩りをしているのを見かけたことがあります。おむつならいくら汚れても大丈夫ですので、思い切り潮干狩りを楽しめるいいアイデアです。ただ、寒さ対策はしっかりしてあげましょう。

水遊びをしに来たと割り切って、水着で思い切り遊ばせてあげるのもいいでしょう。寒さ対策で、パーカーなどを羽織り、気温変化に気をつけましょう。着替えは多めに用意します。日焼け止めもしっかり塗ってあげてください。

子どもは特に、日焼け対策も怠ってはいけません。潮干狩りに熱中しすぎて、長時間日差しにさらされても大丈夫なように、首の後ろを守るカバーがついた帽子などがあるといいでしょう。

子連れの大人の服装

子どもを連れての潮干狩りはなかなかの重労働です。自分の服装などにかまっていられません。全身泥まみれになる覚悟で臨みましょう。Tシャツ、短パンにタオルを首からかけるくらいの、職人のような完全装備がおすすめです。

首や腰にタオルを巻いておけば、子どもの顔に泥が付いた時にすぐふいてあげられるので便利です。また、シャツの下に水着を着込んでおくと、濡れた時に不快感が少なくおすすめです。

潮干狩りの後、泥まみれのまま車に乗ると大惨事になるので、着替えはお忘れなく。

靴やサンダルのおすすめ

足元も万全に準備しましょう。実際に潮干狩りに行った際によく見かけたのは、クロックスタイプのサンダルです。ビーチサンダルよりも脱げにくく、足をしっかりカバーしてくれるので、貝殻の破片のような鋭利なものから足を守ってくれます。ただ、隙間から泥が流れ込んで重くなるという意見もあり、好みが分かれます。

一番おすすめなのは、ウオーターシューズです。歩きやすく水遊び全般に使えるので、一足持っておくと便利なアイテムです。どんな服装にも合わせやすいです。

どちらも持っていない方におすすめなのが、使い古しの厚手靴下です。そのまま捨てることができるので、洗う必要がなく後が楽です。足をしっかり守ってくれて動きやすいので、とても実用的です。

先ほど触れましたが、潮干狩りに長靴はおすすめしません。重くて足が取られてしまいます。また、長靴の中に泥が入ってしまうと最悪です。足は汚れるし、重さも増します。

特徴別潮干狩りにおすすめの服装

水着

水着なら、濡れても汚れても大丈夫です。帰りには普段着に着替えて帰れます。ただ、ビキニなどの夏のリゾート感満載の水着だと、まだ時期的に寒いでしょう。また、潮干狩りの場面では周りと違った雰囲気で浮いてしまいます。袖があって、スパッツ型のパンツがついてるタイプの水着がおすすめです。この上にジャケットを羽織り、帽子をかぶります。

潮干狩りのできる海岸は夏場は海水浴場であることも多いので、着替え場所や泥を落とせる水道があれば、帰りは安心です。ただ、温かいシャワーを浴びて帰れるほどの設備が整っているところはほとんどないので、泥は軽く流す程度ということは覚悟してください。

あくまで目的は潮干狩りです。水着だから大丈夫だと泥の中ではしゃぎすぎないように注意しましょう。

オシャレ

せっかく仲間や恋人と潮干狩りへ行くなら、おしゃれに目立ちたいという方へおすすめの服装を解説します。

先に述べていますが、潮干狩りは汚れても大丈夫な服装が大原則です。お気に入りの高価な服は控えましょう。目立つなら、帽子やサングラスなどの小物で勝負です。日焼け防止の効果もありますので、なるべくツバの大きな帽子を選ぶと良いでしょう。サングラスにはチェーンを付けておくと、オシャレであると同時に安心です。

小物が凝っている場合、服装はシンプルな方が映えますので、服装は動きやすくシンプルを心がけるとオシャレにまとまりやすくなります。

月別潮干狩りにおすすめの服装

4月

【男女別】潮干狩りにおすすめの服装|デート/子供・大人

1年の中でも最も紫外線の強い時期。特に潮干狩りの最中は、直射日光を浴び続けることになります。気候的にはそこまで暑くなくても、油断することなく服装で紫外線対策することが重要です。帽子、サングラス、首の後ろを覆うタオルかストール、長袖の上着を用意しておくと安心です。

また、朝の天気予報のチェックを忘れずにしましょう。4月といっても、肌寒い日もあります。気温がさほど低くなくても、風が強い日は体感温度がかなり下がります。温度調整がしやすいように重ね着などの服装がおすすめです。突然の雨もありますので、着替えは必ず用意します。

5月

5月は潮干狩りのトップシーズンです。ゴールデンウイークはここ数年、真夏日になることが多く、人ごみと相まって暑さが予想されます。日焼け防止対策と共に、暑さ対策の服装を考えましょう。暑くなって半袖になる場合は日焼け止めをしっかり塗り、気がついたら肌が真っ赤になっていたなどということにならないように気をつけてください。

また、混み合った海岸で物を落とすとなかなか見つけるのが大変です。帽子やサングラスにはチェーンやひもを付けるなどして、落とさないように注意しましょう。

持って行くと便利なアイテム

休憩グッズ

小さい折りたたみイスがあると、小休止をするのにとても重宝します。シートだと、泥に沈んでしまって、意味をなさなくなってしまいますが、イスであればお尻を汚す事なく休む事ができます。100円ショップなどにも売っていますので、汚れても気にならないお手頃なものを探してみましょう。

また、家族連れなどは小さなテントを持っていくと便利です。長時間の潮干狩りは肌に刺激が強いので、テントで時折日差しを避けながら楽しむといいでしょう。大きな潮干狩り場であれば、テントのレンタルをしている所もあります。

潮干狩りアイテム

バケツやシャベルはもちろん、取った貝の砂抜きがすぐできるように、大きめのペットボトルなどを用意しておくと便利です。ただ、ペットボトルは口が小さく、大きめな貝類は入れにくいので、麦茶を作るポットのような物の方がたくさん入れることができます。

手を貝殻などで切ってしまわないように、ビニール手袋を使うと便利です。軍手だと泥水がしみてきてしまうので、やはりビニール手袋がおすすめです。

潮干狩りを楽しむために

いかがでしたか?仲間や家族と潮干狩りを思い切り楽しむために、まずは服装から、しっかり準備しておきましょう。

また、けがをしたり風邪を引いたりしては、潮干狩りがイヤな思い出になってしまいます。
しっかりと対策をすることがなによりも大切です。服装と持ち物の準備をしておけば、あとは思い切り楽しむだけです。ぜひ、春の陽気とともに潮干狩りを満喫してください。

Latests