Search

検索したいワードを入力してください

2018年03月17日

【特徴別】チャイルドシートはいつまで必要なのか|義務/新生児

お子様の大切な命を守ってくれるチャイルドシートは、生まれたばかりの赤ちゃんから小学生まで長く使用していくものです。そのため、成長の早いお子様には適切なチャイルドシート選びが重要になります。ここでは、チャイルドシートの種類や特徴をご紹介します。

チャイルドシートはいつまで義務なのか

子供を車に乗せるときにチャイルドシートが必要なのはご存知の方も多いでしょう。ですが、チャイルドシートは法律で着用が義務付けられているものの、具体的にはいつまで着用が必要なのか、知らない方も多いです。

そこで、子供の命を守るチャイルドシートの着用義務はいつからいつまでなのかを紹介します。

チャイルドシートの義務はいつまで?

チャイルドシートの着用義務はいつまでなのか知らなかった方も多いでしょうが、チャイルドシートは平成12年4月より法律化されています。

チャイルドシートは法律では6歳までの着用が義務とされています。6歳未満の乳幼児はチャイルドシートの着用が法律で定められていますが、年齢が6歳以上でも身長が140cm未満の場合もチャイルドシートが必要になります。体が小さい子供はシートベルトだけでは安定感がなく危険を伴うので、身長140cmまではチャイルドシートを必ず着用させるようにしましょう。

6歳以上になるとシートベルトが義務化されますが、140cm未満でチャイルドシートを使用せずにシートベルトを着用した場合、大きな衝撃を受けた時に首やお腹がシートベルトに圧迫されて、首の骨や内臓が損傷する危険性があります。ですので、チャイルドシートは必ず着用するようにしましょう。

新生児もチャイルドシートは必要?

チャイルドシートはいつからいつまで使うものなのか気になりますが、新生児もチャイルドシートの着用義務があります。

新生児だとまだ体も小さく、チャイルドシートで安定するのか不安に思う方も多いでしょうが、新生児から安全に乗れるチャイルドシートはあります。抱っこだけでは急な衝撃に危険が伴うので必ずチャイルドシートを着用するようにしましょう。

チャイルドシートにも、乳幼児用、幼児用、学童用があります。チャイルドシートのタイプによっていつからいつまで使えるのかも違ってきます。まだ首の座っていない新生児の赤ちゃんには、ベッドタイプのベビーシートに乗せてあげるようにしましょう。

チャイルドシートは生まれたその日から

赤ちゃんが生まれる前の出産準備の中でチャイルドシートをお考えの方も多いでしょう。

チャイルドシートはいつまでに準備すればいいのか悩む方もいるでしょうが、チャイルドシートは生まれたその日から必要になります。生後0日〜6歳までは、チャイルドシートの着用は義務になります。退院のときに車で帰宅する方は、退院するまでにチャイルドシートを用意するようにしましょう。

生まれて初めての車移動を快適に過ごさせてあげるためにも、お子様に合ったチャイルドシートで出迎えてあげましょう。

チャイルドシートが必要な場所について

チャイルドシートは、自家用車だけでなくレンタカーや他の人の車に乗るときにも必要になります。反対にバスやタクシー、病院への緊急搬送のときはチャイルドシートは免除されます。また、幼稚園バスもチャイルドシートの必要がありません。

また、お子様が病気や怪我、体の健康状態によって使用することができない場合もチャイルドシート免除されます。

短い距離や短時間だからと、チャイルドシートを使わずに毛布やクッションで代用する方もいますが、それではチャイルドシートの代わりにはならず、もしものときにお子様の命を守ることができないので、チャイルドシートが必要な場合には必ず着用させるようにしましょう。

特徴別チャイルドシートはいつまで必要なのか

チャイルドシートにもさまざまなタイプがありますが、タイプごとにいつまで着用するのかなど気になる方も多いでしょう。

ここでは、特徴別にいつまで必要なのかについて紹介していきます。

インナークッションについて

チャイルドシートのインナークッションは、新生児から着用でき頭・肩・座面をしっかりサポートすることができます。

タカタ インナークッション(takata04-ifix premium ブラック用) AFNST-006

チャイルドシートのインナークッションは、チャイルドシートを購入する時に最初に付いてくるものですが、急ブレーキや万が一の事故の際に赤ちゃんへの衝撃を吸収し、チャイルドシートからズレ落ちないように保護する役割があります。

チャイルドシートのインナークッションはいつまで使うのかというと、月齢で言うと生後6カ月頃までといわれています。目安としては、赤ちゃんの頭がインナークッションから出てくるまでになります。

体重の目安としては7kg未満の場合は、頭部用・肩部用・座面用をフル装備する必要があります。赤ちゃんが7kgから13kg未満になると、頭部用のみ9kg以上18kg未満になり、頭がインナークッションから出てくると必要なくなります。

横向きのチャイルドシートについて

横向きのチャイルドシートは新生児から使え、椅子型のチャイルドシートよりも安定感があります。

コンビ Combi チャイルドシート クルムーヴ ISOFIX レッドブラック

横向きのチャイルドシートは頭が大きく、まだ首が座っていない赤ちゃんにおすすめです。椅子型のチャイルドシートに比べて、姿勢に無理がなく安心感があるのが特徴です。

どの方角から衝撃を受けても首に大きな負担がかかることがないので、乳児期の進行方向後ろ向きのイス型よりも安全と言われます。後方からの追突事故から守るためにも、新生児や首が座っていない赤ちゃんは、横向きのベッド型のチャイルドシートに乗せるようにしましょう。

横向きのチャイルドシートはいつまで必要なのかですが、赤ちゃんはいつまでも寝ているわけではありません。首がまだ座っていなくても、首を持ち上げてみたり、縦抱きが好きな赤ちゃんもいます。

成長によってチャイルドシートの座り心地や安定感も変わるので、赤ちゃんの大きさや普段の姿勢に合わせて変えていくようにしましょう。目安としては、首が座る3カ月頃までは横向きのベッドタイプにするようにしましょう。

アクアに装着。
簡単装着出来ました。
娘も乗り心地良さそう。
アイソフィクス対応のものはどれもかなり高いですが、こちらは比較的お安く手に入ってよかったです。

出典: https://www.amazon.co.jp/dp/B01N1S5506/ref=cm_sw_r_cp_api... |

エッグショックの特徴について

エッグショックは赤ちゃんを衝撃から守る吸収力が高いクッションが特徴です。

コンビ Combi チャイルド&ジュニアシート ジョイトリップ エッグショック

エッグショックは、コンビが開発した卵も割れないほどの衝撃吸収素材のことをいいます。チャイルドシート内の頭部と背面全体にエッグショックを内蔵し、全身に伝わる衝撃や振動を大きく減らす事で、赤ちゃんしっかりを守ってくれます。

エッグショックはいつまで使うのかですが、エッグショックも新生児期や首が座るまでの時期に使用するのをおすすめします。首が座っていない赤ちゃんはまだ不安定なため、少しの揺れでも衝撃をうけやすくなっています。走行中のカーブや段差などの衝撃から赤ちゃんを守るためにも、エッグショックを使用するようにしましょう。

スリムなので2台並べてもぶつかり合うこともなく圧迫感も少ないのでこの商品を1台目に選んで正解でした。ムレ難い素材もいいですね。お尻の部分を前方に出せばそれなりにリクライニングしてくれるのでうちの子は気持ち良さそうに寝ています。上の子に続き1歳間近の息子用に購入。セレナの二列目に並べて使用してます。

出典: https://www.amazon.co.jp/dp/B00CW6SE80/ref=cm_sw_r_cp_api... |

ヘッドサポートの特徴について

ヘッドサポートは、首の座っていない赤ちゃんを衝撃から守るクッションです。

Summer Infant(サマー インファント) Snuzzler ベビーカー ヘッド&ボディサポート

ヘッドサポートは、チャイルドシートのインナークッションに付属されていて、頭部用・肩部用・座面用を合わせて一緒に使うものになります。

ヘッドサポートをいつまで使うのかは、赤ちゃんの体重が7kg未満の場合、頭部用と肩部用、座面用を全てセットで使い、お子様が成長して体重が7kg以上〜13kg未満になった場合は、頭部用のインナークッションのみをヘッドサポートとして使用します。

さらにお子様が成長して体重が9kg〜18kg以下になり、頭部がインナークッションから出るようになったら、チャイルドシートに付属しているインナークッションを全て取り外してチャイルドシートを使用します。なので、いつまで使うのかの目安としては体重が18kg前後までになりますが、お子様の成長に合わせて調整するようにしましょう。

孫の為に購入しました。病院に行くとき、まだ首が座っていないとき頭がどうしてもぐらついていましたが、
こちらの商品を購入してチャイルドシートに付けたら頭にピッタリフィット。安心して乗せられました。

出典: https://www.amazon.co.jp/dp/B00JP0JQGU/ref=cm_sw_r_cp_api... |

回転式のタイプについて

回転式のチャイルドシートは、赤ちゃんの車からの乗降をサポートしてくれるタイプです。

Aprica (アップリカ) 回転式チャイルドシート ディアターン プラス バウンシングブラック

固定式のチャイルドシートの場合、お子様をチャイルドシートに乗せるときや、チャイルドシートに座っているお子様を抱きかかえるときに、チャイルドシートの向きに合わせて自分が移動する必要がありますが、回転式のチャイルドシートの場合、お子様を乗り降りさせるときにシートの向きを回転させて自分の方へ向けることができます。

回転式のチャイルドシートの場合、いつまで使用するかはメーカーや車体の大きさにもよりますが、基本的にはお子様の乗り降りを抱っこでサポートする時期までなので、新生児〜4歳頃までになります。

ですが、回転式でも6歳頃まで使用できるものもあるので、いつからいつまでと期間が決まっていなくても、新生児からチャイルドシート卒業時期まで一台でいつまでも長く使えるものを選ぶのもおすすめです。

使いがってもよく簡単にとりつけできました!
軽でもらくらくです!

出典: https://www.amazon.co.jp/dp/B00ZRDKCM6/ref=cm_sw_r_cp_api... |

身長別チャイルドシートはいつまで使うのか

【特徴別】チャイルドシートはいつまで必要なのか|義務/新生児

チャイルドシートには身長や年齢に合わせたものがいくつか種類があり、それぞれ目安の身長や体重でいつまで使うのかが決まっています。

ここでは、身長別チャイルドシートについていつまで必要なのかについて紹介していきます。

乳幼児用チャイルドシートの場合は?

乳幼児チャイルドシートは、体重が10kg未満、身長70cm以下の赤ちゃんに使用します。赤ちゃんにかかる衝撃を背中全体に受け止めるため、車の進行方向に対して後ろ向きに使用します。

いつまで使えるかとなると使用期間は短いですが、取り付けが比較的簡単で赤ちゃんの体にフィットしやすく、チャイルドシートとしてだけでなく、ベビーキャリーやベビーラックになるものもあります。

乳児・幼児兼用チャイルドシートの場合は?

乳児・幼児兼用チャイルドシートは、体重が18kg以下、身長100cm以下の乳児用に使用します。まだ月齢が低い赤ちゃんのときは、乳児用パットを使って後ろ向きに使用し、1歳を超えるころから前向きに使用します。

メリットとしていつまでも長い期間使用できますが、乳児期には少しサイズが大きいものもあります。

乳児用チャイルドシートの場合は?

乳児用チャイルドシートは体重が9~18kg以下、身長100cm以下の1人でお座りできるお子様に使用できます。

乳児兼用のものは赤ちゃんから使用できるベッドタイプが多いですが、乳児用のものはお座りできるお子様からなので、椅子型がほとんどです。お座りができるお子様にいつまでもベッドタイプを使用していると成長の妨げになってしまうので、サイズは慎重に選びましょう。

幼児・学童兼用チャイルドシートの場合は?

幼児・学童用チャイルドシートは体重が9~36kg、身長135cm以下のお子様に使用できます。車のシートベルトでチャイルドシートとお子様の体を一体化して固定するタイプになります。このタイプのチャイルドシートは、赤ちゃんから学童期までいつまでも長く使うことができます。

学童用チャイルドシートの場合は?

学童用チャイルドシートは体重15kg~36kg、身長135cm以下のお子様に使用できます。座面を上げて背の高さを補い、大人用のシートベルトを使います。

学童期になると体格もしっかりしてくるので、いつまでも乳幼児期のものを使用していると成長の妨げになってしまうので、この時期のチャイルドシートは適切な大きさを選ぶようにしましょう。

チャイルドシートでいつまでも素敵なカーライフを

チャイルドシートは、いつからいつまでと着用期間が決まっているものも多いですが、お子様の成長や体格に合わせて選び、変えていくようにしましょう。

また、メーカーによっては新生児期から学童期まで兼用で使用できたり、ベビーキャリーになるものなど、いつまでも長く使えるものもあります。タイプによってもいつまで使えるか変わってくるので、ライフスタイルや車の大きさに合わせて選ぶのもおすすめです。

チャイルドシートは大切なお子様を車の事故から守る重要な役割です。お子様に合った適切なチャイルドシートでいつまでも素敵なカーライフを送りましょう。

Latests