Search

検索したいワードを入力してください

陥れると貶めるの違い|上司/部下/同僚/友人に陥れられないためには

初回公開日:2017年07月11日

更新日:2017年09月11日

記載されている内容は2017年07月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

陥れるとはどういう意味なのか、また、陥れると貶めるの意味はどう違うのか、さらに、会社の上司や部下、同僚、友人などに陥れられないようにするにはどうしたらよいのかご紹介しています。人に陥れられない方法について詳しく知りたい方はぜひ、この記事を読んでください。

陥れるとはどんな意味?

「陥れる」の意味を人から問われたら、人に対してネガティブな言動をすることなのではないかといわれる方が多いと思いますが、大方の皆さんの予想通り「陥れる」の正確な意味は、人を罠にかけてだまし困難な立場に追いやることをあらわしています。その他にも、城を攻め落として陥落させるという意味もあります。

陥れると貶めるの違いとは?

上記でご紹介いたしましたように「陥れる」というのは、悪意を持った計略を用いて人を窮地に追い込むことをさしますが、「貶める」というのは「おとしいれる」と「おとしめる」で読みは多少似てはいますが、「陥れる」と意味は異なります。

「貶める」の「貶」は人をけなす、もしくは悪く言うという意味がありますので、人の評価を下げるために相手に悪評を広めるという意味あいがあります。つまり簡単に言うと相手の悪口を言うということなのです。


人に陥れられないためにはどうしたらいい?

陥れると貶めるの違い|上司/部下/同僚/友人に陥れられないためには

普段の生活や仕事では、上司や部下、同僚や友人など様々な人とつながりを持ち接しています。いつも接している人たちが良い人ばかりならいいのですが、友人同士はもちろん、シビアなビジネスシーンなどでは表面上はフランクに接していても、時に自分が良い立場に立つために、ちょっとした失敗などをきっかけに足を引っ張られ陥れられる可能性もあるので注意が必要です。

そこで、以下に上司や部下、同僚や友人などに陥れられないためにはどのように行動したらよいのかについて詳しくご紹介させて頂きます。

自分の上司に陥れられないためにはどうしたらいい?

仕事上の上司には、部下の良いところを見つけ伸ばしてあげるべく指導したり、失敗をしたときにもフォローして助けてくれるような上司もいれば、部下が自分より秀でないように、いつもなにか失敗しないかチェックして、失敗したらここぞとばかりに否定してその部下を窮地に陥れるような上司もいます。こういうタイプの上司は狡猾な反面、自分に自信がなく気が弱いという一面を持っています。

そんな、部下を窮地に陥れるような困った上司から身を守るためには、そんな狡猾かつ気弱で自信がない上司を追い落とすような脅威のある人物に見られないように、おとなしく目立たないようにふるまうことをおすすめします。

できれば、真面目で勤勉だけれどもそれほど能力的に秀でてはいないような一般的な社員になるようにつとめれば、狡猾な反面、自分に自信がなく気が弱い上司にとっては脅威としてとらえられないので、足を引っ張られ陥れられずに、仕事上でのわが身を守ることができるでしょう。

上司に陥れられない利用価値のある部下になろう

狡猾な反面、自分に自信がなく気が弱い上司は自分より秀でた部下の足を引っ張り陥れようとしがちです。ただし、そんな人を陥れるような嫌な上司であっても、その部下が自分にとって有用で利用価値があると判断した場合は、たとえ優秀でも追い落とそうとしたりせず、自分の会社での立場をよりよいもの、強固なものにするために、大事にします。

もしあなたが、上司に陥れられたくないのであれば、自分がいなければ上司が困ってしまうような必要不可欠なビジネスパーソンとなることをおすすめします。

上司より上の人と仲良くならないように気を付けよう

自分の立場の危機を感じたら、部下を陥れようと考えるような上司の場合、部下が自分の上司と仲良くお付き合いしていることを知ったら、自分の上司を利用して自分の立場を危うくするのではないかと警戒心を抱き、自分の立場を死守するために部下を陥れようと画策する可能性がありますので、そのような自分の立場を守るために人を陥れることもいとわないような上司の下で働いている場合は、上司に猜疑心をいだかせないように上司の上司とはあまり深くお付き合いしないようにしましょう。

自分の部下に陥れられないためにはどうしたらいい?

部下が上司を陥れようと考える時には様々な要因が考えられます。例えば、部下が失敗したときに責めるばかりできちんとフォローしてくれなかったりとか、部下の立場を考えずに周囲に他の社員がたくさんいるような状況で叱責したりとか、部下の立場を悪くするような状況にしてしまったとき、部下は上司を恨み、上司の足を引っ張るような行動を起こす可能性があります。

もし、あなたが部下に仕事上で窮地に陥れられたくないのであれば、部下が困っているときには優しくフォローしてあげることができる、部下にとって頼りになる優しい上司になることをおすすめします。

いつでも部下の味方になれば陥れられない

上司を陥れることを画策する部下というのは、上司のことを自分の敵だと認識している可能性があります。部下をそのような上司を陥れることを画策するような状態にしないためには、普段から部下の仕事上の悩み相談を親身になって聞いてあげ、失敗したときなどに適切に優しくフォローしてあげるようにつとめましょう。そうすれば、部下はあなたのことを頼りになる上司だと全幅の信頼をおいてくれますので、上司であるあなたを陥れることを画策なんてしなくなりますよ。

部下の成長の芽をつぶさなければ陥れられない

部下が成長してくると自分の脅威になりはしないかと、成長の芽をつぶす、つまり、部下を陥れることを画策しようとすることもあるかもしれません。でも、そんな自分の成長の芽をつぶされた部下は、あなたを恨みあなたを陥れることを画策するかもしれません。

部下が成長し、会社にとって利益を生み出すことは、上司であるあなたの評価にもつながることなので、部下の成長の芽をつぶそうと陥れることなく、部下の良い部分を伸ばすように常に優しくフォローしてあげましょう。

そうすれば、部下があなたを陥れる画策をすることなんてなくなりますよ。

自分の同僚に陥れられないためにはどうしたらいい?

自分の同僚があなたを陥れることを画策する一番の原因は何といってもあなたへの「嫉妬」です。あなたが仕事上で成功したり、評価されたりすることが同僚の「嫉妬」の対象となり、その「嫉妬」が激しくなると同僚はあなたの足を引っ張って陥れることを画策するかもしれません。

あなたが、同僚から陥れないようにするためには、同僚からの「嫉妬」をうまく回避しなくてはいけません。そのためには、たとえ会社から評価されたり、表彰されたりしても自慢することなく控えめ、かつ謙虚に振舞うことをおすすめします。

同僚もあなたが不用意に自慢しなければ「嫉妬」であなたを陥れることを画策したりしないでしょう。

同僚と仲良くなれば陥れられない

同僚があなたと敵対している場合は、何かトラブルがあった時や、あなたが同僚よりも一歩抜きんでた時に、あなたを陥れることを画策するかもしれません。しかし、同僚があなたといつも仲良く親友のように付き合っていれば、トラブルがあった時にはフォローしてくれたり、会社で評価されたときにも自分のことのように喜んでくれるはずです。

あなたが、同僚から陥れられないようにするためには、同僚と普段から積極的にコミュニケーションを図り仲良くなっておくことをおすすめします。

同僚には弱点をみせないようにする

いくら会社の同僚であっても、あなたをライバル視している同僚であれば、あなたが弱点を見せた時、その弱点をせめてあなたを陥れることを画策する可能性があります。

同僚に陥れられて仕事上の立場を悪くしないためにも、会社の同僚には不用意に自分の弱点を見せないようにしましょう。

友人から陥れられないためにすべきこととは?

会社の上司や部下、同僚だけでなく、仲の良い友人であっても付き合い方を間違えると嫉妬や恨みからあなたを陥れることを画策する友人が出てくる可能性があります。

あなたが、友人から陥れられることを画策することを阻止するためには、普段から不用意に自分の自慢話を
することは避け、できるだけ相手の気分が良くなるように相手の良いところを見つけて褒めたり、おだてたりするようにしましょう。褒められたり、おだてられたりして悪い気になる人はいませんから、良い気分にしてくれるあなたを陥れることを画策する友人なんていなくなりますよ。

常に友人をフォローすれば陥れられない

友人に何かトラブルがあった時には、必ずフォローしてあげましょう。そうすれば、友人はあなたを頼りがいのある必要不可欠な友人だと認識してくれますので、あなたを陥れようと画策なんてしなくなります。

友人がぐうの音も出ないような人になろう

どんなにあなたのことをライバルしいている友人であっても、その友人がかなわないぐらいあなたが秀でた人になれば友人もぐうの音も出なくなりますので、無駄に足を引っ張ったり、あなたを陥れようと画策したりしなくなります。

けれど、あなたがその友人にかなわないぐらい秀でた存在になったからと言って自慢ばかりしていると、相手の嫉妬心を煽ることになり、あなたを陥れることを画策するかもしれませんので、無用なトラブルを避けるためにも謙虚かつ控えめな態度をとることをおすすめします。

自分を変え陥れることを画策する人から逃れよう!

この世の中は、良い人ばかりではありませんので、一見優しく接してくれている人でもうまく対応していないと、あなたのことを陥れようと画策するかもしれません。

仕事上のお付き合いでも、友達同士のお付き合いでも、不用意な行動や発言で窮地に陥れられてしまう場合がありますので、上記でご紹介しました上司や部下、同僚、友人に陥れられない対処法を参考に行動して、無用なトラブルを避け、上手に世の中をわたっていきましょう。

Latests