Search

検索したいワードを入力してください

「オーライ」の意味と使い方・由来|ガソリンスタンド

更新日:2020年08月20日

ガソリンスタンドでよく耳にする「オーライ」という掛け声ですが、意味はあっているのでしょうか。英語だとおもっていた言葉は実は和製英語であることがあります。勘違いしがちなジャパニーズイングリッシュと本当の英語をご紹介します。

「オーライ」の意味と使い方

普通に生活していて「オーライ」はよく耳にする言葉です。色んなシチュエーションで日本でも使われる「オーライ」ですが、これは和製英語の1つです。英語で書くと「all right」ですが、「オーライ」は外国人も日常的に使いますが、日本と英語圏では「オーライ」を使うシチュエーションが全然違う場合があります。

本来の「オーライ」の意味と使い方をご紹介します。ぜひともが参考にしていただけますと幸いです。

イッツオーライ

英語では「it's all right」と書きます。イッツオーライの意味は「それで大丈夫です」、「平気だよ」、「問題ありません」という意味になります。ネイティブスピーカーでもよく使う言葉です。日本人も意味を間違えずに日本語のなかに混ぜ合わせて使っていることが多く、よく耳にする言葉です。

ザッツオーライ

英語では「that's all right」と書きます。「that is all right」の略語です。「it's all right」とほとんど同じ意味で、「大丈夫です」という意味です。使いわけとしては、ザッツオーライは相手に謝られたときなどに使うことが多いです。

例えば、足を踏まれたときなどに、相手が「ごめんなさい」といったときに「大丈夫です」と伝えたいときに使います。意味として日本語にする場合は「大丈夫です」と同じ言葉になります。

エブリシングオーライ

「エブリングオーライ」の意味は「全て大丈夫です」という意味になります。ただし、英語にすると「everything all right」となるのですが、これは英語では文法としてはおかしいです。英語にするなら「everything is all right」となります。

日本語での「エブリシングオーライ」は英語には存在しないものになります。とはいえども、外国人の方でも意味はわかるので、日常的に使うことはできます。

「オーライ」の意味の由来

「オーライ」とは、大丈夫という意味で使われることが多いですが、由来は英語からきており、英語の意味とおり「大丈夫」という意味です。英語での「all right」が日本語としてもそのままの意味で使われるようになりました。

ガソリンスタンドでの「オーライ」の意味

「オーライ」の由来は英語からきており、意味も英語と同じで「大丈夫」という意味として日本でも使われていますが、英語と日本語では使われるシチュエーションが異なります。特にガソリンスタンドでよく耳にすることが多い「オーライ」ですが、実際に英語圏ではこの場合には「オーライ」は使用しません。

外国人がガソリンスタンドで「オーライ」を聞くととても不思議に感じます。では、和製英語として使われるようになった「オーライ」をシチュエーション別でご紹介します。

駐車

ガソリンスタンドで駐車する際に、スタッフに「オーライ」と掛け声をされたことはありませんか。このときの「オーライ」は周辺の確認はできており、駐車しても大丈夫ですという意味になります。「オーライ」と声をかけられた際は、駐車してもよいという意味になります。

バック

バックする際に、ガソリンスタンドのスタッフが「オーライ」と何度も声をかけてくれます。このときの「オーライ」はまだ下がれるので大丈夫ですという意味になります。そして、今までの「オーライ」よりも大きな声で「オーライ」と言われると、これでバックが完了ですので止まってくださいという意味になります。

誰に教えられたわけでもなく、日本人はこの「オーライ」を自然と聞き分けて、理解している方が多いです。

次のページ:「オーライ」は万能な言葉

初回公開日:2017年12月25日

記載されている内容は2017年12月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests