Search

検索したいワードを入力してください

「デスパレート」の意味と使い方・語源|デスパレードな妻たち

初回公開日:2018年03月15日

更新日:2020年06月23日

記載されている内容は2018年03月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「デスパレート」という言葉の意味について解説しています。あまり日本語では使われない言葉ですが、本記事で深く理解できるでしょう。アメリカの大ヒットドラマ「デスパレートな妻たち」からもその意味を知ることができます。ぜひ参考になさってください。

「デスパレート」は日常的に使いますか?

「デスパレート」という言葉の意味をご存知でしょうか。あまり日本語では使われない言葉ですが、ドラマなどでご存知の方も多いでしょう。

本記事では「デスパレート」という言葉の意味や使い方、そして言葉の語源についてご紹介します。また「デスパレート」という言葉で有名なドラマや、「デスパレート」と似ている言葉についてもその意味を詳しく解説しています。

ぜひ参考になさってください。

デスパレートは英語

「デスパレート」の意味と使い方・語源|デスパレードな妻たち
※画像はイメージです

「デスパレート」はもともと英語です。英語では「desperate」と表記します。英語でも日本語でもほとんど同じ意味合いで使われる言葉です。

「デスパレート」の意味と使い方

早速ですが「デスパレート」という言葉の意味について解説していきましょう。

「死にもの狂いの」

「デスパレート」の意味と使い方・語源|デスパレードな妻たち
※画像はイメージです

「デスパレート」には「死にもの狂いの」という意味があります。日常的に「死にもの狂いの」という言葉を使うシーンはあまりありませんが、異常なくらいに必死な様子を表すときに使うことができる言葉です。

「崖っぷちの」

「デスパレート」の意味と使い方・語源|デスパレードな妻たち
※画像はイメージです

また、「デスパレート」は「崖っぷちの」という意味も持っています。「死に物狂いの」とも似ていますが、「崖っぷちの」という言葉は、もう後がない、これがラストチャンスであるという状況を指すときに使う言葉です。

「絶望的な」

「デスパレート」の意味と使い方・語源|デスパレードな妻たち
※画像はイメージです

そして「デスパレート」は「絶望的な」という意味も持っています。「死に物狂いの」や「崖っぷちの」という言葉よりは、日常的に出てくる言葉でしょう。希望が絶たれなすすべがない、というような状況で使うことができる言葉です。

「デスパレート」の意味の語源・由来

ここからは「デスパレート」という言葉の語源や由来についてご紹介します。「デスパレート」は英語で表記すると、「desperate」ですが、この言葉は「de」「spe」「rate」のように、3つにわけられます。

「de」

この「de」は否定を示すときに用いられる接頭辞です。このdeが言葉の頭につくことにより、そのあとに続く言葉を否定することになります。

「spe」

この「spe」は、栄えていること、繁栄していること、また育っていることを意味する言葉です。また「speed」という言葉の由来として、成功するということも意味しています。

「rate」

そして、「rate」は決める、判断するということを意味しています。

このようなことから、desperateは繁栄することの反対の意味を指しており、そこから「死に物狂いの」や「絶望的な」という意味を持つようになったと考えられます。

ラテン語が語源?

一方で、「desperate」はラテン語が語源になっているともいわれています。ラテン語で「desperatus」という言葉がありますが、ラテン語で「あきらめる」を意味しています。

英語の「死に物狂いの」や「絶望的に」を経て、あきらめざるをえない状況のことを指しているとも考えられます。

「デスパレード」の用例・例文

「デスパレート」の意味と使い方・語源|デスパレードな妻たち
※画像はイメージです

ここからは、「デスパレート」という言葉を使った例文などについてご紹介しましょう。日本語ではあまり使うことがない言葉ですが、状況をイメージしてみてください。

「死に物狂いの」

Latests