Search

検索したいワードを入力してください

「全うする」の意味と使い方・類語・対義語・四字熟語|敬語

初回公開日:2018年05月28日

更新日:2018年05月28日

記載されている内容は2018年05月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「全うする」とはどのような意味なのでしょうか。また、会話や文章ではどのように使うのでしょうか。このぺージでは、「全うする」の意味や使い方、類語・対義語や似た意味の四字熟語などをご紹介しています。また、「果たす」との違いについても考察しています。

data-max-num-ads=8 data-matched-content-rows-num="2" data-matched-content-columns-num="4" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

正しく使いたい!「全うする」という表現

「全うする」という言葉は、会話においても文章においても、比較的頻繁に使用される言葉の1つです。誰かが使っているのを見聞きしたり、自分自身でも何気なく使っていたりするという方も、多いでしょう。

しかし、比較的身近な言葉だからこそ、「全うする」の意味や使い方について、実はよくわからないという方も、いらっしゃると予想できます。「全うする」という言い回しの意味や使い方について、「何となく」の理解で納得してしまっている方は、少なくないでしょう。

そこで今回は、「何となく」をテーマにして、意味や使い方、類語・対義語や敬語表現などについて、考察・ご紹介していきます。

「全うする」の意味・使い方

早速、「全うする」という言い回しの基本的な意味や使い方について、確認していきます。「全うする」の意味や使い方を通して、「全うする」という言葉がどのような言葉なのか、この機会にぜひ、考えてみて下さい。

「全うする」の意味

まずは、「全うする」という言葉に含まれている、意味やニュアンスについて、考察していきます。「全うする」という言葉の意味について、「goo辞書」では以下の引用のように説明しています。

引用した解説の内容から、「全うする」という言葉には、物事を成し遂げることや最後まで完全に終わらせることといった意味が含まれていると、読み取ることができます。

まったう・す[サ変]《「まったくする」の音変化》完全に果たす。完全に終わらせる。

出典: https://dictionary.goo.ne.jp/jn/208804/meaning/m0u/ |

「全うする」の使い方1:全うする所存

続いては、「全うする」を使用した言い回しをもとにして、「全うする」の基本的な使い方について、考えていきます。「全うする」という言葉が、会話や文章においてどのような使われ方をするのか、各言い回しを通して見ていきましょう。

「全うする」を使用した言い回しの1つに、「全うする所存」という言い回しが挙げられます。「所存」という言葉には、以下の引用のような意味があると、「コトバンク」では解説しています。

引用から、「所存」という言葉には、心に思っていることや、考え・思考といった意味・ニュアンスが含まれていると読み取れます。そのため、「全うする所存」は、「全うしようと思っている」といったニュアンスで、使用される言い回しだと考えられます。

心に思うところ。考え。

出典: https://kotobank.jp/word/%E6%89%80%E5%AD%98-534818 |

「全うする」の使い方2:使命を全うする

「全うする」という言葉と組み合わせて使われることが多い言葉の1つに、「使命」という言葉が挙げられます。「使命」という言葉とともに使用する場合は、「使命を全うする」といった言い回しで使用されるケースが多くなっています。

上記でも述べたとおり、「全うする」とは最後までやり遂げることを意味する言葉です。ですから、使命を果たしたり、役目を終えたりしたときに、「使命を全うする」という言い回しが使用されると考えられます。

「全うする」の使い方3:役割を全うする

上記でご紹介した「使命を全うする」という言い回しと並んで、比較的よく使われる言い回しの1つに、「役割を全うする」という言い回しが挙げられます。

「役割を全うする」という言い回しは、「使命を全うする」という言い回しと、意味なども似ており、与えられた仕事や役目をやり遂げた際に使用される表現だと考えられます。

「全うする」の例文

続いては、「全うする」という言葉を使用した、例文をご紹介していきます。「全うする」という言葉の、より実践的な使い方を知りたいという方は、ぜひ例文を参考にしてみて下さい。例文の言い回しや意味などをもとに、「全うする」を会話や文章で使用する際の使い方について、考えてみましょう。

・彼はとうとう、使命を全うした。
・与えられた役割を全うすることは、社会人の義務であるとも言えるだろう。
・天寿を全うする。

「全うする」の類語

続いては、「全うする」という言葉と似ている意味を持つ、類語や同義語、言い換え表現などに分類される言葉について、確認していきましょう。

「全うする」の類語や言い換え表現を学ぶことで、「全うする」という言葉への理解も深まる可能性があります。この機会にぜひ、類語・言い換え表現もチェックしておきましょう。

類語1:完遂する

「全うする」という言葉には、物事を最後までやり抜くことを表現する意味が含まれているとされています。上記のような「全うする」という言葉と同じような意味を持つ言葉の1つに、「完遂する」という言葉が挙げられます。

「完遂」という言葉の意味について、「goo辞書」では、以下の引用のように解説しています。引用の内容から、「完遂」とは、物事を最後までやり遂げることを意味する言葉だと読み取ることができます。

最後までやりとおすこと。完全に成し遂げること。

出典: https://dictionary.goo.ne.jp/jn/48599/meaning/m0u/ |

類語2:やりきる

日常会話などでよく使われる、「やりきる」という言葉もまた、「全うする」と同じような意味を持つ言葉の1つだと考えられます。

「やりきる」という言葉の意味は、「コトバンク」にて、以下の引用のように説明されています。引用した内容から、「やりきる」という言葉には、物事などを最後までやり通すことを表現する意味が含まれていると、考えることができそうです。

物事を最後までする。やりとげる。

出典: https://kotobank.jp/word/%E9%81%A3%E3%82%8A%E5%88%87%E3%8... |

「全うする」の対義語

続いては、「全うする」という言葉とは対称的な意味・ニュアンスを持つとされる、対義語や反対語について、考えていきます。

対義語や反対語は、「全うする」という言葉について学ぶにあたり、あまり関係がないように感じる方もいらっしゃるでしょう。しかし、反対語などを学ぶことで、「全うする」という言葉の意味などの理解が、より深まったり新たな気付きがあったりするケースもあります。ですからこの機会にぜひ、対義語も覚えておきましょう。

対義語1:挫折する

物事を最後までやり切ることを意味する「全うする」に対して、対義語となる言葉は、物事を途中で諦めたり中止したりすることを意味する言葉だと考えられます。その1つとして、「挫折する」という言い回しが挙げられます。

「挫折」の意味を考えていくにあたり、今回は「goo辞書」に掲載されている解説を参考に考察していきます。以下の引用から「挫折」とは、物事や計画を途中で中止したり、それらがだめになって意欲などをなくすことを意味する言葉だと、読み取ることができます。

仕事や計画などが、中途で失敗しだめになること。また、そのために意欲・気力をなくすこと。

出典: https://dictionary.goo.ne.jp/jn/88088/meaning/m0u/ |

対義語2:放棄する

「放棄する」という言葉もまた、物事を終わりまでやり遂げることを意味する「全うする」に対して、対義語と言える言葉の1つだと考えられます。

「放棄」という言葉の意味について、「goo辞書」では以下の引用のように解説しています。引用の内容から、「放棄」という言葉には、2種類の意味があると読み取れます。

「放棄」の1つ目の意味は、物事や役割などを、投げ捨ててしまうことだとされています。そして2つ目の意味は、自分の権利などを手放し、利用しないことと言われています。

1 投げ捨ててかえりみないこと。
2 自分の権利・資格などを捨てて行使しないこと。

出典: https://dictionary.goo.ne.jp/jn/201309/meaning/m0u/ |

敬語における「全うする」の使い方

ビジネスシーンでのやり取りや、目上の立場の人とのコミュニケーションでは、敬語を使用するのが、一般的なマナーだと言われています。そこで続いては、「全うする」を敬語として使用したい場合、どのように使えば良いのか、敬語における使い方について考察していきます。

前後の文章を敬語に変える

「全う」という言葉自体には、敬語などは存在しないと考えられます。ですから、ビジネスシーンなどの会話においても、「全う」という言葉はそのまま使用できると予想できます。

しかし、前後の文章や言葉は、敬語へ言い換える必要があります。自分が全うすることを表現したい場合は、「全ういたします」「全うする所存でございます」といった言い回しへの言い換えが考えられます。

また、目上の人に対して使用したい場合は、「全うされました」などの言い回しへと言い換えることも可能だと考えられます。

「尽力する」などの言い換えも可能

上記でもご紹介したように、自分が職務などを全うすることについて述べたい場合は、「全うする所存でございます」などの言い回しへの言い換えも可能だと、考えることができます。

「全うする所存」という言い回しは、他の言葉へと言い換えることも可能です。同じような意味を持ち、ビジネスシーンの会話でも使用することが可能な言葉としては、「尽力する」といった言葉への言い換えが考えられます。「尽力いたします」「尽力する所存です」といった言い回しができると予想できます。

「全うする」と同じ意味の四字熟語

続いては、「全う」と同じような意味を持つ、四字熟語をご紹介していきます。「全う」の意味については、何度かご紹介しているとおり、物事を最後までやり遂げることとなっています。

「全う」と似たような意味を持つ四字熟語の1つに、「一意専心」という四字熟語が挙げられます。「一意専心」の意味について、「goo辞書」では以下の引用のように説明しています。

以下に引用した解説から、「一意専心」とは、他のものに惑わされたり気移りしたりせずに、1つの物事に集中することであると読み取れます。

他に心を動かされず、ひたすら一つのことに心を集中すること。▽「一意」はいちずに、一つのことに心を注ぐこと。「専心」は心を一つのことに集中すること。「専」は「摶」とも書く。「意いを一いつにし心こころを専もっぱらにす」と訓読する。また、「専心一意せんしんいちい」ともいう。

出典: https://dictionary.goo.ne.jp/leaf/idiom/%E4%B8%80%E6%84%8... |

「全うする」と「果たす」の違い

「全うする」と似ている意味を持つ言葉は多数存在していますが、その中でも特に、意味や使い方を混同しやすい言葉の1つに、「果たす」という言葉が挙げられます。

そこで続いては、「全うする」と「果たす」の2つの言葉の、意味の違いについて考察していきます。

「果たす」の意味

「全うする」の意味については、上記で考察しました。しかし、「果たす」の正しい意味については、確認などしていません。そこでまず始めに、「果たす」という言葉の意味について、考察していきます。

「果たす」の意味について、「weblio辞書」では、以下の引用のように解説しています。引用から、「果たす」には複数の意味があることがわかります。

「果たす」の1つ目の意味は、やるべきことを成し遂げることとされています。2つ目の意味は、物事などが役割として機能すること、3つ目は何かを使い切ったりし尽くしたりしてしまうことです。4つ目の意味は、願などが叶って願ほどきをすること、5つ目の意味は殺すこととされています。

①しなければならないことやしようと思っていたことをし終える。なしとげる。
②物が、その働きをする。機能する。
③動詞の連用形の下に付いて、すっかり…してしまう、…し尽くすなどの意を表す。
④願がんがかなって、願ほどきをする。
⑤殺す。

出典: https://www.weblio.jp/content/%E6%9E%9C%E3%81%9F%E3%81%99 |

「全うする」と「果たす」の違い

上記で考察した意味をもとにして、「全うする」と「果たす」の意味の違いについて、考察していきます。

結論から言うと、「全うする」も「果たす」も、物事などを成し遂げることを表現する言葉です。そのため2つの言葉は、同義語とも言えるでしょう。

しかし、「果たす」という言葉には、物事を成し遂げること以外にも、さまざまな意味があります。一方で「全う」という言葉には、物事をやり切ることを表現する意味しか、存在していません。そのため、2つの言葉は使い方などが、大きく異なるケースもあると予想できます。

「全うする」とは物事をやり遂げること

いかたでしたでしょうか。今回は、「全うする」という言葉をテーマにして、意味や使い方、類語・対義語や同じような意味を持つ四字熟語、例文や「果たす」との違いについて、考察・ご紹介しました。

「全うする」とは、仕事や役割などを、最後までやり遂げることを意味する言葉です。この機会にぜひ、「全うする」という言葉の意味や使い方を覚え、会話や文章で正しく使えるようにしておきましょう。

Latests