Search

検索したいワードを入力してください

「未曾有」の意味と使い方・読み方・例文・語源・類語・言い換え表現

更新日:2020年08月20日

「未曾有」は日本語で「みぞう」と読みます。もともとは「みぞうう」と読む日本語ですが、「唯一」を「ゆいいつ」ではなく「ゆいつ」と読むのと同じで、現代では「みぞう」と読まれています。読み間違えの多い漢字の一つで、決して「みぞうゆう」ではないので注意しましょう。

「想定外」は「未曾有」の類語や言い換え表現として用いることができます。「想定外」とは事前に予想をしていた範囲よりも超えているという事を意味しており、「未曾有」の意味とは少し違いますが、考えてもみなかったという場面では言い換え表現として使うことができるでしょう。

イノベーション

「イノベーション」という言葉は意味は違いますが、言い換え表現として使うことができます。「イノベーション」とは「革新」という意味で、いままでの事態を一新するというような意味で使われる言葉となっています。今までなかったようなアイデアから新たな価値を創造していくという場合に使われます。

画期的

「画期的」という言葉も「未曾有」の言い換え表現として使うことができます。「画期的」とは時代にひとつの区切りをつけるような新しい事態が起こる様子をあらわした言葉で、「今までにない新しい事」という意味では「未曾有」という言葉と置き換えて表現することができるでしょう。

歴史的

「歴史的」という言葉も「未曾有」という言葉に置き換えて表現することができるのではないでしょうか。「歴史的」という言葉は歴史に残るほど重大な様子をあらわした言葉です。「歴史的な快挙」や「歴史的な大洪水」などといった場合、「歴史的」という部分を「未曾有」という言葉に言い換えて使っても問題なく使うことができるでしょう。

「未曾有」の反対語

「未曾有」という言葉の反対語も考えてみましょう。「未曾有」という言葉の類語や言い換えることのできる表現をご紹介しましたが、反対語にはどのようなものがあるのかを考えてみる事で、より「未曾有」という言葉について知る事ができるのではないでしょうか。

普段

「未曾有」の反対語表現として適切な言葉といえば「普段」ではないでしょうか。「未曾有」という言葉が「いままでにないできごと」をあらわす言葉であるならば、「普段」は「いつもの状態」「日頃」という意味で使われる言葉です。

通常

「通常」という言葉も「未曾有」の反対語として使うことができるでしょう。「通常」とは「特別な事ではなく普通の状態」である事をあらわす言葉です。人や物事がいつもどおりであることは、「未曾有」とは反対の意味を持っているのではないでしょうか。

「未曾有」の元々の意味

「未曾有」の元々の意味を考えてみましょう。「未曾有」という言葉は今ではあまり良い意味で使われることがなくなりました。しかし、もともとは良い意味で使われる言葉で、いまだかつて見たこともないような奇跡の事を「未曾有」という言葉で表現していたとされています。

言葉の知識を活かし「未曾有」を使ってみよう

「未曾有」という言葉についてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。「未曾有」という言葉は難しく考える必要はなく、今までにないような事態が起こった時に使うことができます。

言葉についての知識を深めることで、自信をもって正しい言葉として使うことができるようになるのではないでしょうか。普段の会話の中で、正しい使い方で「未曾有」を使ってみましょう。

初回公開日:2018年10月23日

記載されている内容は2018年10月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests