Search

検索したいワードを入力してください

2017年09月12日

源泉徴収はいつ届く?発行・提出期間はいつからいつまでか

源泉徴収票は、会社で働いている人は必ずもらうものです。アルバイトやパートの人も勤務先から受け取ります。この源泉徴収票がないとその年の納税がうまく行われない場合があります。今回は源泉徴収票がいつ発行されるのか、いつまでに必要なのかをご紹介します。

源泉徴収の発行・提出期間はいつからいつまで?

トピック1009243/要素1493196
源泉徴収票は、会社で働いている人は必ずもらうものです。アルバイトやパートの人も勤務先から受け取ります。この源泉徴収票がないと、その年の納税がうまく行われない場合があるので、源泉徴収票がいつ発行されるのか、いつまでに提出すればいいのかは気になるでしょう。今回は、源泉徴収票の発行と提出期間についてご紹介します。

そもそも源泉徴収って?

トピック1009243/要素1493202
源泉徴収とは、給与や報酬を支払う人が、そのお金を支払う時に所得税などを差し引いて、差し引いたお金を受け取る人に代わって国に納税する制度のことです。1年の間に働くなどしてお金をもらった場合、必ず年末調整が必要になります。年末調整というのは、その年のお給料や賞与と照らし合わせて算出された所得税を調整することを指します。

会社に勤めているサラリーマンや、アルバイトやパートで働いている人は、ほとんどの場合この年末調整を会社が代わりにしてくれます。そのため、その年の所得を国に報告する確定申告を行わずに済むのです。

しかし、年末調整をしてくれない会社に勤めていたり、アルバイトを掛け持ちするなど給与を受け取る会社が複数あったり、1年の途中で転職をしたりした場合は、自分で年末調整をし確定申告を行わなければなりません。

また、会社に勤めている場合でも、年間の給与所得が2000万円を超える人、副業をしていて雑収入がある人なども、自分で確定申告をする必要があります。確定申告の手続きは、自分の住んでいる地域を管轄する税務署で行うのですが、確定申告にはそれぞれの会社から発行される源泉徴収票が必要です。

源泉徴収票は、1年間にどれくらい給料をもらい税金としていくら差し引かれたかを証明するものです。源泉徴収票がないと、正しく納税が行われない可能性があります。大切に保管するようにしましょう。

源泉徴収票はいつ発行されるの?

確定申告に必要な源泉徴収票は、いつ発行されるのでしょうか。この源泉徴収票の発行日ともらえる日付けがいつなのかは、確定申告の際に重要となってきます。確定申告の期間は、基本的に2月から3月までとなっています。所得税などの納税も確定申告と同じ期間です。つまり、源泉徴収票は確定申告までに間に合えば良いわけです。

一般的な会社が従業員に源泉徴収票を発行し配布するのは12月です。何故12月かというと、年末調整の起源は、確定申告とは異なり1月末日だからです。会社は、年末調整をするために年内に源泉徴収票を発行し、12月に支給する給与明細書と一緒に配布することがほとんどです。

会社の中には、1月に支給する12月分の給料も含めて年末調整をするところもあります。この場合、源泉徴収票は1月に配布されます。アルバイトやパートの人も、基本的には12月の給与明細書と一緒に源泉徴収票が配布されます。扶養に入っている人は、年末調整を勤務先にやってもらっている人がほとんどでしょう。

しかし、仕事を掛け持ちしている場合は自分で調整しなればいけないことがあります。もし、今務めている会社が年末調整をしてくれるのか、源泉徴収票はいつもらえるのか不安な場合は、会社に直接問い合わせてみましょう。

自分で調整しなければいけないことになった時は、それぞれの会社の源泉徴収票を年内か年明けの1月までに発行してもらい、確定申告を行ってください。なお、確定申告の具体的な日付けは毎年異なりますので、税務署で確認するようにしてください。

源泉徴収票はいつ届く?

ここまでは源泉徴収票がいつ発行され、いつもらえるのかについてお伝えしてきましたが、退職した人や会社に勤めている人でも、郵送で源泉徴収票を受け取る人もいます。郵送の場合、源泉徴収票はいつまでに届くのでしょうか。ここでは、ケース別にいつ源泉徴収票が届くのかをご紹介します。

年金の場合

そもそも年金は所得のうちに入るのかと疑問に思われる人もいるでしょう。年金と一口に言っても様々なものがありますが、65歳を過ぎてからもらえる年金は、所得として扱われます。遺族年金や障害年金は課税対象ではないため、源泉徴収票が発行されませんのでご注意ください。65歳を過ぎて年金をもらっている人の源泉徴収票はいつ届くのでしょうか。

この源泉徴収票の発想予定日は、日本年金機構のホームページで確認することができます。1月中旬から下旬にかけて順次発送することが多いです。

退職した場合

会社を退職した場合の源泉徴収票は、退職後に郵送で届けられることがほとんどですが、源泉徴収票は、退職後いつまでに届くのでしょうか。法律では、退職後の源泉徴収票は退職から1か月以内の発行が定められています。

会社は1か月以内に退職した人の源泉徴収票を発行し配布しなければいけないわけですが、この手続きが疎かになっている会社もあります。退職から1か月経っても源泉徴収票が届かない場合は、会社に問い合わせる必要があります。源泉徴収票がいつ発行されるのかを退職した会社に尋ねるのは気が引けるという人は、書面で発行をお願いしましょう。

いつまでに届けてもらえるのかどうかは、その会社次第となってしまいますが、返信用の封筒も一緒に送れば、スムーズに対応してもらえる可能性があります。ちなみに退職後に退職金を受け取る場合、給与所得の源泉徴収票とは異なる退職所得の源泉徴収票というものが発行されます。

しかし、退職する際に「退職所得の受給に関する申告書」を会社に提出している人は、会社が年末調整を行ってくれますので、自分でする必要はありません。「退職所得の受給に関する申告書」を提出していない場合は、自分で確定申告を行うことで、退職控除を受けることができます。自分が受け取るお金が源泉徴収された後のお金なのかどうかには注意が必要です。

年の途中で仕事を辞めた場合は?

1年の途中で仕事を辞めた場合、源泉徴収票はいつ届けられるのでしょうか。こちらの場合も基本的には退職した場合と同じように1か月以内に届けられます。しかし、仕事を辞めた時にトラブルがあったり、無断欠勤から辞職となったりした場合は、会社側もすぐには源泉徴収票を発行しない可能性があります。

これでは、いつ源泉徴収票を受け取れるのかはっきりしないので、会社に問い合わせる必要があります。問い合わせしづらい気持ちがあるかもしれませんが、こればかりはどうしようもありません。会社には源泉徴収票を発行する義務があるので、問い合わせれば確実に受け取れるでしょう。

転職先で前職の源泉徴収票を求められるのはなぜ?

転職先で前に勤めていた会社の源泉徴収票を求められたという人も少なからずいるでしょう。転職先の会社は、前の会社でもらっていた給料額を知りたいのではないかと不安になってしまいます。しかし、転職先の会社が前職の源泉徴収票を求めてくるのは、1年の途中で前職を退職し、その年の間に転職した場合のみです。

転職先の会社が年末調整をする際に、前職の源泉徴収票が必要になってくるというわけなので安心してください。この場合、前職の源泉徴収票をいつまでに提出するかという具体的な期限は、転職先から指定があるはずなので、その期日までに間に合うように前職の源泉徴収票を受け取っておきましょう。

源泉徴収票をなくしてしまった場合は?

トピック1009243/要素1493211
知らない人が多いのですが、源泉徴収票は再発行してもらうことができます。会社によっては申請からすぐに再発行してもらえるので、なくしてしまった場合は会社に問い合わせましょう。

源泉徴収の還付金はいつもらえるの?

源泉徴収によって還付金がもらえる場合があります。これは、所得の控除の対象になっている人が源泉徴収によって差し引かれた税金を、還付金として払い戻される時に発生します。源泉徴収で考慮される控除は、社会保険料控除、配偶者控除、配偶者特別控除、扶養控除の4つのみです。

たとえば1年の途中で結婚した場合、配偶者控除が給与を受け取る段階で正しく計算されていない可能性があり、年末調整の結果払いすぎていた税金を、還付金として受け取ることができます。この還付金はいつ、どこからもらえるのでしょうか。還付金を支払うのは勤めている会社になります。

ほとんどの場合、給与と一緒に支払われますが、還付金のみの支払いになることもあるようです。いつ還付金が支払われるのかどうかは、給与明細書を見ることで分かります。所得税の欄ににあるマイナスの数字が還付金の額です。給与明細書から判別するのは、支払いの後になってしまうので、いつもらえるのか事前に知りたい場合は、勤めている会社に尋ねましょう。

ふるさと納税の源泉徴収票の手続きはいつからいつまで?

近年盛んに行われているふるさと納税ですが、このふるさと納税によって控除が受けられることがあります。ふるさと納税の源泉徴収票の手続きは、いつからいつまでに行えばよいのでしょうか。まず、ふるさと納税を行うために寄付したい自治体を選び、寄付を申し込みます。その後納税し、納税証明書などを受け取ります。ここで確定申告です。

確定申告は、通常の場合と同様に2月から3月に各自治体を管轄する税務署で行います。この時に源泉徴収票が必要になるので、ふるさと納税をして源泉徴収票が必要になってくるのは確定申告の時期ということです。

ふるさと納税の受付がいつから始まり、いつまでに納税しなければならないかは自治体によって異なります。自分の納めたいと思う自治体の案内にそって申し込みましょう。

年末調整は余裕をもって行いましょう

トピック1009243/要素1493208
源泉徴収票がいつ発行され、いつまでに必要なのかお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか。納税のしくみは複雑になっています。余裕をもって源泉徴収票を手に入れておけば、年末にバタバタせずに済みますので、少しでも不安なことがあれば、税務署や所属している会社に問い合わせましょう。

Related