Search

検索したいワードを入力してください

2017年11月01日

良かったですという言葉の敬語は何か|言い換え/尊敬語/丁寧語

「良かったです」は、日常的に良く使われる言葉です。意識して聞いてみると、多くの人が良かったですを使っていることに気が付くことでしょう。良かったですは、敬語なのでしょうか。目上の人に対して良かったですと使って良かったのでしょうか。

転職を有利に進めるために必要な転職エージェント。

しかし、転職エージェントの多様化も進み、どの転職エージェントにすれば良いのか迷う方が非常に多いです。

どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

良かったですの敬語

良かったですという言葉の敬語は何か|言い換え/尊敬語/丁寧語
「良かったです」この言葉を使う方は多くいます。

会話の中での言い方であったり、文章を書いているときの書き方であったりと、友人や知人だけでなく、会社の上司などの目上の人にも「良かったです」を良く使う方がいます。しかし、敬語として「良かったです」を使うのは間違えています。良かったですは、敬語ではありません。

「です」や「ます」を付けて話すと、全ての言葉が丁寧語や敬語になるとわけではありません。また、「ございます」が付けば、全ての言葉がもっと丁寧になるわけでもありません。つまり、「良かった」に「ございます」を付けて「良かったでございます」を敬語として言わないのと同じよくに「良かったです」も敬語にはなりません。

正しくは、良かったの敬語は「ようございました」です。

良かったですの類語

良かったですという言葉の敬語は何か|言い換え/尊敬語/丁寧語
良かったですと同じくらい使われている「嬉しかったです」も同じで敬語ではありません。

「ほっとしました」も同じようなシチュエーションで使われることあります。学生やバイトなどの若い人達が良く使う言葉なので、社会人になったら控えましょう。また「ラッキーです」は完全にNGなので気を付けてください。

良かったですや嬉しかったですは、日常的に良く使われる言葉ですが、このように、ビジネスの世界で使うときは、気を付けなければなりません。

良かったですの言い換えの言葉

良かったですの敬語は「ようございました」ですが、言い方の違いで「よろしゅうございました」と言う時もあります。

「ようございました」や「よろしゅうございました」では少し堅苦しくなってしまう場合があります。そこまで敬語を使わなくて良いと言われたときには「ありがとうございます」や「お役に立てて光栄です」と、言い換えると柔らかい印象になります。

会話の中で、何に対しての「良かったです」によって変わりますが、体調不良で休んでいた上司が出勤してきて、やっと元気になったという報告のときであれば「おめでとうございます」を使うなど、良かったですではない別の言葉があるので、会話の内容を理解して適切な言葉を使いましょう。

良かったですと入る歌詞

良かったですという言葉の敬語は何か|言い換え/尊敬語/丁寧語
歌の歌詞にも良かったですは、使われています。ですが、あまり良い意味の歌詞ではありません。

ザ・フォーク・クルセダーズの「さすらいのヨッパライ」の歌詞のセリフの中に「良かったですね」と入っています。ヨッパライで良かったですねなので、すぐに連想していただけたことでしょう。あまり良い意味の歌詞ではありません。

モーニング娘。の「愛と太陽に包まれて」の歌詞の中には「良かったですか?」と疑問形になっていますが良かったですが入っています。

こちらは夏のラブソングで、大好きな彼に対して「好きになって良かったですか?」と問いかける歌詞です。可愛らしい女の子の気持ちを歌った曲になっています。

良かったですの尊敬語とはなにか

良かったですという言葉の敬語は何か|言い換え/尊敬語/丁寧語
良かったですを使う場面によって、良かったですの尊敬語は変わってきます。

仕事が上手くいって褒められたときでしたら、ありがとうございますとお礼を言うのが良いでしょう。商談や面会などのアポイントメントが取れて、会えて良かったですと伝えたい場合には、時間を作っていただきお目にかかる事ができて感謝しています、と言う方が丁寧でスマートに聞こえます。

また、接客業などで、お客さんがおすすめしたものを買ってくれ、さらに良い商品を紹介したことに対し「ありがとう」などと言われる場合があります。この場合は「良かったです」ではなく「喜んでいただけて嬉しいです」や「他にもお手伝いできることがございましたら仰ってください」などの方が、お客さんが気分良く感じてくれる言い方です。

念願だった長期休みを取ることを上司に報告した際に「良かったな」と言われたときは、良かったですと答えるのではなく、長期休みでご迷惑をお掛けしますがよろしくお願いいたしますと、きちんとお詫びとお礼を伝えましょう。

良かったですの丁寧語とはなにか

良かったですという言葉の敬語は何か|言い換え/尊敬語/丁寧語
やはり尊敬語と同じく、良かったですの丁寧語もその会話の中で変わってきます。

仕事が上手くいって褒められたのであれば、良かったですではなく「はい」と返事をするだけでも、相手に伝わります。「はい」だけではなく「今後も頑張ります」や「これからもよろしくお願いします」を付けると、より相手に気持ちが伝わります。

仕事だけでなく、取引先のパーティーやお見合いなどで会った人に対しては、お会いできて光栄ですや、お会いできることを楽しみにしておりましたなど、会えて良かったですではない丁寧な言い方で挨拶をすると良い印象をもたれるでしょう。

良かったですの尊敬語と丁寧語は

良かったですは、その言葉自体は尊敬語にも丁寧語としても使えません。

ビジネスのときだけでなく、良かったですという曖昧な表現を使うのではなく、明確に自分が何を伝えたいのかわかる言葉で話しましょう。一体なのが良かったのか、何に対して良かったと感じているのか、会話の流れで適切な言葉をセレクトしながら話せば、良かったですを使わずとも気持ちを相手に伝えられます。

良かったですと幸いですの違い

良かったですという言葉の敬語は何か|言い換え/尊敬語/丁寧語
良かったですと幸いですは、全く違う意味にになります。

良かったですは嬉しいときなどに表現するときに使いますが、その表自体が曖昧で何が嬉しいのかそれとも幸せなのかまたは安心したのか、使い方によって変化してしまう言葉です。

幸いですは、相手に何かをお願いしたり叶えて欲しいときや贈り物をするときに使うはっきりとした意味があって使う言葉です。

幸いですを使う場合

「幸い」は敬語ですので、さらに「です」を付けるのはそぐわない言い方といえるでしょう。幸いを丁寧に話すのであれば「幸いに存じます」となります。

結婚式や品物を贈ったときに、出席していただけたら幸いですや、お受け取りいただけましたら幸いですと使います。こういった書き方は、相手に願い事を聞き入れてほしいという気持ちを表現するときに良く使われます。

幸いですよりも「不幸中の幸い」や「幸い天候に恵まれた」という使われ方が一般的です。こちらのフレーズは聞くことが多いのではないでしょうか。

良かったですと何よりですの違い

良かったですという言葉の敬語は何か|言い換え/尊敬語/丁寧語
何よりは、それより他にないことや、抜きんでていることという意味があります。このため、何よりですは「それより他にないことです」や「抜きんでているです」と話していることになります。しかし、これでは会話や言葉として意味が通じません。

何よりですを使うのでしたら、何よりですの前と後ろに伝えたい言葉を入れなければ、おかしな会話になってしまいます。

何よりですを使う場合

仕事終わりのビールは何よりのご馳走だ、あなたと遊ぶのが何よりも楽しい、無事に退院されて何よりと存じます、のように使います。楽しそうで何よりですのように、雰囲気で伝えようとするのは失礼になってしまいます。

良かったですと何よりですは、ニュアンスや同じような意味として使ってしまいがちですが、全く違う意味の言葉なので、使うときには注意してください。

良かったですは便利な言葉

良かったですという言葉の敬語は何か|言い換え/尊敬語/丁寧語
仕事で褒められたときでも、遅刻しそうで間に合ったときでも、美味しいご飯を食べたときでも、嬉しいことや幸せなことや安心したときなど、いろいろなシーンで使ってしまうのが「良かったです」という言い回しです。

しかし、これは、自分の今の気持ちが目上の人の誰にでも伝わる魔法の言葉ではありません。学生など若い人達だけでなく大人でも、ママ友や学校の先生などに対して日常的に使っていて違和感を感じない人も多くいるのではないでしょうか。

敬語として使う場合には失礼になります。そしてビジネスの世界では誰にでも使える便利な言葉ではありません。

良かったですという言葉に頼らずに、相手の話をしっかりと聞いて自分の今の気持ちをちゃんと伝えましょう。

Related