Search

検索したいワードを入力してください

2018年10月30日

仕事ができない人の特徴11個|仕事ができないことの改善方法

今回の記事は仕事ができない人の特徴が知りたい方や、仕事ができるようになりたいという方におすすめの記事です。具体的な特徴や改善方法を知って両者のストレスを減らせると仕事も楽しくなることでしょう。ぜひ、参考にしてみてください。

仕事ができない人の仕事の仕方

仕事ができない人の特徴11個|仕事ができないことの改善方法

仕事ができない人にたいしてどのようなイメージがあるでしょうか。周囲に仕事ができない人がいると、ついイライラしてしまうこともあるでしょう。仕事ができないという自覚がある人がいれば、自分は仕事ができると勘違いしてる人もいます。

仕事ができない人の特徴を知って改善する努力をしてみてはいかがでしょうか。仕事ができない方とお悩みの方や、周囲に仕事ができない人がいて困っている方は、ぜひご覧ください。

常に忙しそうアピール

仕事ができない人は「常に忙しそうアピール」をすることがあります。「仕事ができる」という事と「仕事が忙しい」という事は全く別です。常に忙しいというアピールをする人は、段取りが下手です。なんとなくの気分で仕事をしてしまうので結果的にバタバタしてしまいます。

また、仕事ができない人は結果をだすことが苦手なため、忙しいアピールをすることで仕事に取り組んでいるという姿勢をアピールをしていることがあります。

雑務はしない

仕事ができない人は「雑務はしない」という人が多いです。雑務というのは細々とした業務のことですが、仕事ができない人は雑務をしないことが多いです。しかし、仕事ができる人は雑務を積極的にする傾向があります。

雑務をすることで仕事の流れを把握することにもつながりますし、仕事を選ばずに取り組む姿勢は周囲からも評価されます。自分のやりたい仕事だけしか取り組まない人は仕事ができるようにはならないでしょう。

無駄な作業が多い

仕事ができない人の多くに共通していることは「無駄な作業が多い」ということです。無駄な作業が多い人は、効率的に仕事をする方法を知りません。また、効率的に仕事をしようという発想をすることもありません。

例えば仕事ができない人は、簡単なWord・Excel機能を使うことで効率的になる作業を手作業で行うなど無駄なことをします。知識を増やそうとしないことや、工夫をしないことが仕事ができない人の特徴です。

仕事ができない人の特徴11個

仕事ができない人の特徴11個|仕事ができないことの改善方法

ここからは仕事ができない人の特徴をご紹介していきます。「優先順位を立てられない」「メモをとらない」「整理整頓できない」「言い訳が多い」「人の話を聞かない」「報連相ができない」「ミスを認めない」「完璧を求め過ぎる」「スケジュール管理ができない」「仕事がマイペース」「やる気がない」の11個です。

特徴1「優先順位を立てられない」

仕事ができない人は優先順位を立てることが苦手です。仕事ができない人は、優先順位の基準がわからない人も多いです。仕事ができる人は「緊急性」「重要度」を基準にするのですが、仕事ができない人は自分のやりたい仕事から取り組むなど独自の方法で仕事に取り組む傾向にあります。

また、周囲が緊急性や重要性を感じている仕事を同じように捉えられない人もいます。まずは急ぎの大事な仕事を終わらせましょう。

特徴2「メモをとらない」

仕事ができない人はメモをとらないという特徴もあります。仕事ができない人は、メモをとらず、メモをとっても見ないという特徴があります。メモを活用できない人は、同じことを何度も聞くことになるので周囲の時間を奪います。

仕事ができない人は、わからないことは人に聞けばいいと考えています。人の時間が奪われることなど考えもしません。メモをとることは、抜けや漏れを減らすことにもつながりますので記録するべきです。

特徴3「整理整頓ができない」

仕事ができない人の特徴11個|仕事ができないことの改善方法

仕事ができない人は整理整頓が苦手です。整理整頓が苦手な人は、必要以上に物を抱えています。必要以上にストックを抱えていることがあります。ストックは必要以上にあっても邪魔になるだけです。

必要なものかどうかを考えずに所有する傾向もありますので意識しましょう。また、定位置を決めて物を探す時間を短縮することも大切です。整理整頓ができていないと余計な時間がかかります。

特徴4「言い訳が多い」

仕事ができない人は言い訳が多いという特徴もあります。言い訳が多い人は、目先のことしか考えられない人です。怒られたくない・自分の評価を下げたくない・自分が悪いわけではないなどと考える傾向があります。

言い訳をすることによって仕事が滞るということを理解していません。自分のミスを潔く認めることで、二度と繰り返さないように注意することができます。いつも言い訳ばかりしていても何も身につきません。

特徴5「人の話を聞かない」

仕事ができない人は人の話を聞きません。仕事ができない人は人に対する興味がないことが多いです。どうでもいいと思っているので人の話を聞くことができません。

自分のことしか考えていないと思われても仕方がないでしょう。仕事をする上で人の話を聞くことができないというのは致命的です。もう少し周囲に興味をもつところから始めましょう。

特徴6「報連相ができない」

仕事ができない人の特徴11個|仕事ができないことの改善方法

仕事ができない人は報連相ができないという特徴もあります。これらがきちんとできない人は報連相の必要性を感じていないことが多いです。また、何が報連相の対象なのかを理解していません。

このタイプは周囲から声かけをするなどしないと仕事が放置されていることもあるので危険です。何を報連相したら良いかわからない人は進捗を報告することから始めましょう。不必要なものはコミュニケーションをとる上でわかってくるでしょう。

特徴7「ミスを認めない」

仕事ができない人はミスを認めません。ミスを認めない人は最終的に敵が増えます。ミスを認めない人は「この場を乗り切ればなんとかなる」という発想をすることが多いです。その場では流されても周囲の人はミスを認めなかったことでもやもやします。

このようなことが繰り返されると信用を失います。自分のミスを認めて改善すれば信用があるので他の人のミスを疑われることもないでしょう。信用がないと疑われやすくなります。

特徴8「完璧を求め過ぎる」

仕事ができない人は完璧を求めすぎるという特徴もあります。質の高い仕事をすることは素晴らしいことですが、自己満足になっていないでしょうか。このタイプはやる気はありますが、バランスがとれていないことが多いです。

自分にとっての完璧な仕上がりは、他人からみても完璧な仕上がりとは限りません。時間配分を考えてバランスの良い仕事ができた方が仕事ができる人になれるでしょう。

特徴9「スケジュール管理ができない」

仕事ができない人の特徴11個|仕事ができないことの改善方法

仕事ができない人はスケジュール管理が苦手です。スケジュール管理が苦手な人は、限られた時間の中で何を優先して行ったら良いのかがわかっていないことが多いです。また、自分が思っている時間よりも多くの時間を必要としていることがあります。

自分の仕事内容を把握して、仕事の難易度によって適切な時間配分を考えることができると仕事ができるようになっていくでしょう。

特徴10「仕事がマイペース」

仕事ができない人は仕事がマイペースです。マイペースな人は、他人に左右されずに自分のペースを崩さない性格ですが、仕事上でマイペースな部分を出してしまうと周囲との調和が乱れます。何が重要視されているのか考えれば仕事中にマイペースになることはないでしょう。

自分の仕事に集中することも大事ですが、協力して行う仕事は協力するなど、その都度で配分を考える必要があるでしょう。

特徴11「やる気がない」

仕事ができない人は、そもそもやる気がないことがあります。やる気がない人は、自分が良ければそれで良いと考える傾向があります。会社に行けば給料がもらえるので通っているだけというスタンスの人もいます。

仕事にたいしてやる気がない人は、最初からやる気がなかったのでしょうか。何か理由があってやる気をなくしていることもあります。しかし、どんな理由であれやる気がない人の存在は迷惑でしかありません。

仕事ができない人に囲まれてお悩みのあなたに

転職エージェント「リクルートエージェント」をご存知でしょうか。仕事ができない人に囲まれていると給与に見合わないと感じることも多いのではないでしょうか。

仕事ができる人は、他にも最適な仕事が見つかることがあります。リクルートエージェントは業界実績No.1のエージェントです。非公開求人を含めてさまざまな仕事を提案してもらえます。気になる方は、相談してみてはいかがでしょうか。

仕事ができないことの改善方法4つ

仕事ができない人の特徴11個|仕事ができないことの改善方法

ここからは仕事ができないことを改善するための具体的な方法をご紹介します。「メモをとって確認する」「分からないことは聞く」「仕事の状況を客観的に見る」「効率の良い方法を探す」の4つです。

問題点に気づくことができれば、改善の余地があります。まずは仕事ができる人が普段意識しているポイントを参考にするところから始めましょう。では、続きをご覧ください。

方法1「メモをとって確認する」

一つ目の方法は「メモをとって確認する」です。メモをとるポイントをおさえれば仕事ができるようになります。メモをとるときには「5W1H」を意識してみましょう。When(いつ)Where(どこで)Who(誰が)Why(なぜ)What(何を)How(どうした)です。

走り書きで良いのでこれらをその場でメモするようにしましょう。後から色分けしてまとめると頭に入りやすくなります。

方法2「分からないことは聞く」

二つ目の方法は「分からないことは聞く」です。分からないことをそのままにしておくとトラブルの元になります。後々面倒なことになるよりは、確認した方が安心です。不安感を抱えたまま仕事をすると仕事の質も下がります。不明点はまとめておいて、時間があるときに聞くようにしましょう。

方法3「仕事の状況を客観的に見る」

三つ目の方法は「仕事の状況を客観的に見る」です。自分の仕事に集中しているとまわりが見えなくなっていることがあります。

必要以上に時間をかけていないか・他の仕事とのバランスはどうかなど1日に行う仕事のバランスを把握しておきましょう。1日ごとに客観視することで仕事ができる人に近づくことができるでしょう。

方法4「効率の良い方法をさがす」

四つ目の方法は「効率の良い方法をさがす」です。自分の仕事の流れを把握することができたら、同じように仕事をするのではなくどうやったら時間が短縮できるのかを考えながら仕事に取り組みましょう。工夫することで自分に合った効率の良い方法を見つけることができます。

仕事は意識次第で出来るようになる

仕事ができない人の特徴11個|仕事ができないことの改善方法

いかがでしたか。仕事ができない人は仕事の進め方を知りません。自分が導き出した謎のルールに沿って仕事をしていることが多いです。仕事ができないという自覚がある方も、周囲に仕事ができない人がいて困っている方も、改善できる部分は取り組んでみましょう。

仕事ができない人には共通点がある

他にも仕事ができない人について扱っている記事があります。下記の記事では「男女別・仕事ができない人の特徴と理由」や「開き直りする人の特徴と心理・対処法」についてご紹介しています。こちらも併せてぜひ、ご覧ください。

Related