Search

検索したいワードを入力してください

2017年09月12日

仕事でやることがないときの対処法|休日・暇なときにすぐ出来ること

休日にやることがないと、ゆっくりと休める反面、ただゆっくりしているだけでは、せっかくの休日が勿体ない気がしてしまいます。今回は休日にやることがないときの対処法、すぐにできること、有意義にするための方法などを分かりやすくご紹介いたします。

やることがないのは精神的負担になる

仕事でやることがないときの対処法|休日・暇なときにすぐ出来ること

仕事でやることがない・・・暇を持て余し、どうしていいか悩んでいる人もいらっしゃるのではないでしょうか。忙しいビジネスマンにとっては羨ましいほどのことですが、やることがないというのも非常に苦痛を伴うものです。

外回りの仕事だとその時間を休憩に当てることも可能ですが、内勤となるとそうはいきません。上司の目が光っている中、どう時間を潰したらいいのか。暇すぎる毎日に嫌気がさし仕事に行きたくない・・・と毎日が憂鬱になることだってありえます。ここでは、苦痛を感じている人にこそ試してほしい対処法をご紹介させて頂きます。

「やることがない」「暇」という言葉を聞くと、楽でいいな。と思いがちですが実はそうではない場合のほうが多く、やることがないことに苦痛を感じている人が多くいるのが現状です。堂々とスマホで遊んだり、ネット巡回をしているわけにはいきません。

ただただ、時間が過ぎるのを待つ。そんな状況は非常に居心地も悪く、自己嫌悪に陥ってしまいます。「いったい何しているんだろう」と、ただひたすら時間経過を待つのみ。とてもつらい気持ちが伝わってきます。

仕事が暇過ぎて、辛いです。ともかく暇です。朝出かけてもやることがないので、ぎりぎりに出社するようになってしまいました。友達からは羨ましがられますが、本気でやれば2時間で終えられる仕事を8時間半でしています。14時過ぎると、時計の針ばかり見ています。午後の眠気を抑えるのも一苦労です。お昼を食べる時間もないと一生懸命働いている人がうらやましい。

出典: http://wol.nikkeibp.co.jp/article/column/20110214/110166/ | 「仕事が暇でつらい」あなたへ:日経ウーマンオンライン【働き女子をいやす黄金の言葉】

この積み重ねが精神的負担として重くのしかかり、時には体調を崩すことも。真面目な人や責任感を感じる人だと特に負担になりがちなので、自分でうまく立ち回る術を覚えなければなりません。

仕事でやることがないときの対処法

仕事でやることがないときの対処法|休日・暇なときにすぐ出来ること

仕事な暇なときこそ、自分のスキルアップのチャンスと考えるのも手です。明らかに会社でNGなこと、社会人としてのマナーを重んじつつ、自分にとってよりプラスになるよう行動することをおすすめします。無駄な時間にするか有意義な時間にするかはすべて自分次第ということです。

やることがない時はまず相談

出勤して早々からやることがない時、仕事が早く終わってしまってやることがない時、状況は違えどやることがない場合はひとまず周囲に相談してみましょう。『何かやることはありませんか?』と聞いてみることで思わぬ仕事を任されるかもしれません。また、自発的に相談することで、周囲からはやる気がある、という風に評価されることだってあります。

やることがないから暇を持て余すのではなく、まずは自分から動いてみましょう。

スキルアップの時間にあてる

やることがない暇な時間こそスキルアップの時間にあててはいかがでしょうか。もし事務系の仕事なら、オフィス系ソフトの学習がお勧めです。また、職種に関係する資格取得の勉強もよさそうです。暇だから、やることがないからと言って何もしないより、持て余していた時間を勉強に当てることで有意義な時間を過ごせます。

もし忙しい仕事だったら資格取得のためには自宅で勉強しなければなりません。それを会社で勉強できるということは帰社後も時間に余裕が持てるので、プライベートの充実に繋がるはず。『会社で勉強できるおかげでスキルアップもできるしラッキー♪』くらいに考え、落胆するのではなく自分のモチベーションをあげる方法を考えてみましょう。

やることがない時こそ掃除

やることがない時こそ、ここぞとばかりに掃除をしてみてはいかがでしょうか。意外と手の届いていない場所はたくさんあるはずです。パソコンのキーボードや隙間、自分の周りだけでなく社内を見渡してみましょう。掃除をすることで自分自身も、ほかの社員も快適に過ごすことができます。

また、掃除をすることで上司からのポイントアップに繋がる可能性もあります。どこで誰がみているか分かりません。いいことをすると自分も居心地がよくなるでしょう。

率先して雑務をこなす

誰もがめんどくさがる雑務・・・やることがない時こそ自分のペースでまったりとやってしまうのもおすすめです。時間をかけて丁寧に行うことで時間つぶしにもなりますし、ほかの社員から感謝されることもあります。忙しい人にお茶を出してあげたり、給湯室の整理整頓や補充、シュレッダーをかけるのもいいかもしれません。

とにかく何もしないよりましだと思い、普段ならやらないようなことも率先して行うことで会社にとっても自分にとってもプラスになるような気がします。

ネットで情報収集

やることがない時は、異業種について情報収集してみるのもおすすめです。自分の勤めている職種だけでなくほかの業種を知ることで、客観的に自分の仕事を見つめることができます。異業種の良さも知り、視野が広がることで作業の幅を広げることも可能でしょう。

最新ニュースなどためになりそうなものを周囲のスタッフと共有できるというのも良いかもしれません。あくまでも会社のルールがあるので、そのルールを守ったうえでネットサーフィンを楽しみましょう。

今後の計画をたててみる

やることがない時、特におすすめなのは今後の計画を立ててみることです。週末の過ごし方や今欲しいものなど今後やりたいことをまとめて目標を作ってみるとモチベーションアップにもつながります。また、楽しみを考えることで気分も上がるため、やることがない苦痛もやわらぐはずです。

もしも、やることがない暇な状況が限界で苦痛であるなら、転職プランを考えてみるのも良いかもしれません。会社のいいところや悪いところを客観的にとらえ、今後どうしたいのか脳内会議を開いてみましょう。初心に戻ってみることで見えることもあるかもしれません。

人間観察をする

どうしてもやることがない、最終手段はぼーっとすることです。そして人間観察をしてみましょう。他の社員や、会社に訪れるお客様、様々な人を観察することで表情や行動からいろんな妄想が浮かびます。暇でどうしようもない時こそ妄想にふけってみましょう。

思わぬ人間関係に気づいたり、見えなかったものが見えてくるでしょう。それはきっと仕事にも生かせるかもしれません。

やることがない状態が続き、暇な環境が毎日続くと、単調な毎日にやる気のない状態へと陥ってしまいます。そんな状態になれてしまうと怖いのが、いざ転職をしたときに忙しいことへの不満がたまりやすく、『働く』ということ自体が難しくなってしまうことです。

そのため、もしもそんな環境に体が慣れてしまい、危機感を感じるのであれば転職してみるのも一つの方法です。

休日にやることがないとき

仕事でやることがないときの対処法|休日・暇なときにすぐ出来ること

せっかくの休日なのにやることがない・・・と暇を持て余してはなんだか勿体ない気がしてしまいます。ゆっくりと休みたいなと思う反面、何かしたいなと思ったり、ウダウダ悩んでいるうちに1日が終わってしまう・・なんてことにもなりかねません。

「やることはないけど有意義にすごしたい」というとき必要な前準備と合わせてご紹介させて頂きます。

有意義とは何か考える

まず、やることがない!と嘆く前に、自分にとって何が有意義な時間となるのか考えることが必要です。インドア派とアウトドア派でも違ってきますし、有意義とは自分でしか見いだせないものだと考えましょう。美味しいものを食べること、自然に触れること、買い物や、物づくり。

自分自身が何が好きか、何をしているときが楽しいのかを知ることによって、休日の有意義な過ごし方に気づくはずです。まずは好きなことを見つけ、有意義だと感じる時間を見つけることが「やることがない」から脱出する抜け道となりそうです。

朝を充実させる

休日は普段の疲れをとる大切な日です。朝もゆっくりできるので、つい昼まで寝てしまった!ということになりがちではないでしょうか。休みの日だからと言ってダラダラと起きてしまうより、いつもと同じ時間、もしくは1時間遅めにおきるのがお勧めです。

いつも慌ただしい朝を過ごしているなら、朝から散歩に行ってみたり、カフェに行ってモーニングを食べてみたり、朝食にこだわってみたり。朝のスタートを充実させることは1日を充実させることに繋がります。気持ちの良い朝と、ダラダラ起きてぼーっとしているのとでは全然違うことを感じるでしょう。

有意義な1日を手に入れるためにまずは朝を充実することを前日から考えておきましょう。

例え休日にやることがない場合でも事前に自分の好きなことを考えておくことで、ふとやりたいことが思い浮かぶものです。朝早く起きるということはそれだけ時間ができます。時間があるということはできることが増えるということです。

やることがなくて暇なときにすぐ出来ること

仕事でやることがないときの対処法|休日・暇なときにすぐ出来ること

やることがない場合の事前準備をご紹介させて頂きました。それでも休日やることがない・・・と更に悩んでいるあなたにご提案。やることがない暇なときにすぐにできることをご紹介させて頂きます。

身辺を綺麗にする

まず、すぐに取り掛かれるのがこちら。身辺を綺麗にすることです。身の回りを綺麗にすることで気持ちまでスッキリするのでお勧めです。面倒だなと思うことほどハマれば結構楽しもので、いつもは手の届かないところも綺麗にできるチャンス。ここぞとばかりに片づけてしまいましょう。

いらないものはオークションやフリマアプリで売ってしまうもよし、処分してしまうもよし。掃除をすることで体を動かすのでいい運動にもなります。家から出たくはないけど、やることがなく困ったときは掃除や模様替えにハマってみてはいかがでしょうか。

ドライブに出かける

やることがない時は思うがままにドライブに行ってみるのがおすすめです。好きな音楽を聴きながら、のんびり海沿いを走ったり・・・潮風をあびるだけでとても気持ちが良いものです。あてもなく運転していると思わぬ発見があったり、意外と楽しめるのがドライブのいいところ。

テーマを決めてスポットめぐりをしてみるのも良いでしょう。「歴史」や「風景のいい場所」など、今はネットで調べるだけでたくさんのコースが紹介されています。そういったツールを利用して自分の有意義な時間を見出してみてはいかがでしょうか。

思わぬ出会いや発見も時には面白いものだと思います。

温泉や食事に出かける

たまの自分へのご褒美に温泉やカフェ、食事に出かけてみてはいかがでしょうか?朝は掃除、昼からドライブや食事、温泉に行く。そんなプランも充実していて良さそうです。温泉に行きゆっくりと湯船につかり、日ごろの疲れを温泉で流す。心も体もスッキリして気持ちに余裕もできるでしょう。

自分へのご褒美をあげることはとても大切です。やることがない時こそ思いきってみてはいかがでしょうか。

思いきり体を動かす

仕事や学校の往復で疲れる毎日。週末はゆっくりするのも良いですが、思い切り体を動かしてみるのも良い刺激になるでしょう。体を動かすことで汗をかき、心身ともにリフレッシュできると思います。行動に移すまでは重たい腰をあげなければ・・・という感じでも、案外やってみるものです。

自分があまり気のりしないことも挑戦できる。それが休日の醍醐味だと思います。やってみようかな、と少しでも思ったら是非挑戦してみましょう。自分の新たな面を発見できるかもしれません。

映画や読書にとことんはまる

やることがない時こそ映画や読書にとことん時間を費やしてみてはいかがでしょうか。仕事や学校があると絶対にできないような、そんな1日を過ごせそうです。映画館のように部屋を演出してみるのでも良いでしょう。ポップコーン片手に映画をひたすら見る!!1日が終わるころには達成感すら漂いそうです。

やることがない時こそ新発見が待っている

仕事でやることがないときの対処法|休日・暇なときにすぐ出来ること

いかがでしたでしょうか。やることがない時こそ自分が楽しめる『何か』、自分の好きな『何か』を発見できるチャンスなのだと思います。やることがない・・・と言ってぼーっとするのも良いと思いますが、もしも有意義に過ごしたいと思った時は紹介したことを実践してみてはどうでしょうか。

マイナスをプラスにかえる!というように、やることがないという気持ちから、モチベーションアップにつながるような何かが発見できると自分にとっても喜ばしいことだと思います。ぜひ、自分自身と向き合いながらその『何か』を探してみてください。

案外いろいろなものが見つかるかもしれません。面倒くさいという気持ちを吹き飛ばして、挑戦していきましょう。

Related