Search

検索したいワードを入力してください

2017年09月12日

人当たりがいい人の長所と短所・自己PRの書き方・向いている仕事

あなたは人当たりがいいと言われたことはあるでしょうか。人当たりがいい人というのは好かれやすくコミュニケーション能力も高いため様々な面で得をすることが多いと言えるでしょう。そんな人当たりがいい人の長所や短所、就活でのアピール方法など気になる内容をまとめました。

人当たりがいい人の長所と短所

人当たりがいい人の長所と短所・自己PRの書き方・向いている仕事

人当たりがいい人と言われたらどんな人を想像するでしょうか。『人当たりがいい』とは周囲に対して愛想よく振る舞い感じが良い人だのことを指しています。言い換えれば『コミュニケーション能力がある』『社交的』という風にも表現できるでしょう。

性格を指すのではなくあくまでもその人の『態度』を指しているので、『人当たりのよさ』というものは意識的に作れるということなのです。そんな誰とでも上手く接することができる人当たりのいい人について今回は紹介していきたいと思います。

ちなみに『人が良い』と『人当たりがいい』は別の意味を指しているので混同しないように気を付けましょう。

人当たりがいい人の長所

人当たりがいい人の長所と短所・自己PRの書き方・向いている仕事

人から好かれやすく優しい

人当たりがいい人というのは自然体で周りと接することが出来るため、周囲からも警戒心をもたれることなく上手く溶け込んでいくことできます。それは雰囲気だけでなく、話しかけられると笑顔で応対してくれるので初めて話しかけた相手をも安心させることが出来ます。

また、周囲に対し笑顔でいるだけでなくとにかく物腰柔らかく優しいところも長所として挙げられるでしょう。いつもニコニコしている人というのは慕われやすいため周囲にはいつも人が集まります。例え苦手な人が相手でも顔色を変えず同じように接することが出来るので更に周囲からは注目を集める存在となるのです。

コミュニケーション能力がある

人当たりがいい人というのは周囲を引っ張っていくような『周りを引き付ける魅力』を持っています。常に笑顔で明るいため話しやすく、一緒にいて楽しいと感じるでしょう。そのコミュニケーション能力の高さから、交友関係も幅広く持っており様々な情報にも長けているといえます。

人の話を穏やかに聞くことが出来るので、話している相手も同じように柔らかく話すことができ話していて不快感を感じることがありません。人を傷つけるような言葉も自然と避けた会話ができるので相談相手としても周囲からは信頼を得ているのです。

客観的な視点で物事を捉えることが出来る

人当たりがいい人というのは、物事に対し客観な視点で捉えることが出来るため、自分本位な考えで動くことをしません。自分の考えを優先させるのではなく、周囲の意見を聞いたり、周囲を観察したうえで一番最善策を考えようとします。

これは自分の意見がないのでは?とも見えますが、そうではなく人当たりがいい人は自分の意見を踏まえたうえで客観的視点で物事をは見極めようとしているのです。そのため、押しつけがましいような態度を取ることがなく自然と周囲が受け入れやすい提案をしていくことができるのです。

そういった冷静な判断ができることから、周囲からは良い印象が持たれ、頼られる存在へと自然となっていくでしょう。誰とでも円滑にコミュニケーションをとることが出来るため、こういった人当たりがいいタイプが一人いるとグループのまとめ役として力を発揮するのです。

ネガティブなことは言わず前向き

人当たりがいい人というのは雰囲気から見て取れます。第一印象も良いため、初対面の人でも話しかけやすいでしょう。話しかけられたくないが『話しかけるなオーラ』を纏っているのと同様に、人当たりがいい人というのは『話しかけられやすいオーラ』を纏っていると言えるでしょう。

人は誰しも落ち込んだりするとネガティブな気持ちになり不平不満を口に出したくなるものです。しかし人当たりがいい人というのは人前で決してそのようなことを口にしないのです。ネガティブな話をすることで周囲がどう感じるか、愚痴をはくことでストレス発散になるわけではないと心得ているのです。

また、悪口を言うことで誰も得はしないことを理解しているので、自分の評価を下げるような行動は意識的に避けているのだと言えるでしょう。

人当たりがいい人の短所

人当たりがいい人の長所と短所・自己PRの書き方・向いている仕事

物事を押し付けられやすい

いつも誰かに代わって仕事をこなしていたり、頼みごとをされている人、というのを誰しも目にしたことがあるのではないでしょうか。人は頼みごとをするとき必ず引き受けてくれそうな人を選びます。そんな時、ターゲットにされやすいのが人当たりがいい人なのです。

変に威圧感なども放っておらず話しかけやすいため頼み事も言いやすいのでしょう。ここではっきりと断れるタイプならいいのですが、人当たりがいい人というのは普段の振る舞いからも分かるように断るのが苦手なタイプが多い傾向にあります。

そのため、自然と任されてしまうことが多くなってしまい、自分でも気づかないところでストレスが溜まってしまうでしょう。

ストレスがたまりやすい

人当たりがいい人というのは周囲に愚痴を漏らしたり表情に出さない為、自分が嫌だと感じていても我慢する傾向があります。例えば、具合が悪くても周囲に気を遣わせないがために我慢してしまったり、自然と自分を追い込んでしまうのです。どんなに大変な時も表情に出さない為、周囲も気づかないことが多く、それが積み重なり負担がかかってしまうと言えるでしょう。

『いつも笑顔で前向き』『温厚で優しい』という人当たりがいい人の長所というのは、裏を返せば、嫌なことも我慢するため込みやすい性格なのです。時には周囲が気を使ってあげることも必要だと言えるでしょう。

好かれやすい反面、妬みやっかみを受けやすい

人は誰しも全員から好かれることは不可能です。それぞれ性格も育った環境も違うためそれは当然のことだと言えるでしょう。人当たりがいい人というのは周りから好かれやすいという反面、その存在を疎ましく思いやっかむ人も中にはいます。

人当たりがいい人は自然と輪の中心となることが多く、周囲から目立ってしまいます。そのため、物事の捉え方によっては『目障りだ、鬱陶しい』と感じる人もいるということなのでしょう。人を妬んだりやっかんだりすることは非常に醜く、本来であれば自分の評価を下げるだけなので隠すものです。

しかし、妬みやっかみをあからさまに剥き出し攻撃を仕掛けてくる人も一定数います。そういった人たちからは『いつも笑っているし歯向かわない=弱い』と判断され、舐められてしまうことが攻撃を受けてしまう一つの原因だと言えるでしょう。

就活で人当たりがいいことをアピールする方法

人当たりがいい人の長所と短所・自己PRの書き方・向いている仕事

人当たりがいいというのはたまに例外がありますが、通常ならば自信を持っていい長所だと言えるでしょう。社会において人当たりがいいというのは、自分にとってプラスになることの方が多いため、意識的にでも身につけておきたいものです。

例えば、内心はとても優しかったり、頭の回転が速く様々なことに気づく人であったとしても、人当たりの良さ、コミュニケーションスキルがなければその内面や考えに周囲も気づくことが出来ません。

人当たりがいいという長所は自信を持って就活でアピールしていきましょう。

自己PRを簡潔にまとめよう

面接では必ず『あなたの長所と短所を教えてください』というような質問がされます。そんな時、人当たりの良さを最大限に活かした返答ができるよう事前に簡潔にまとめておきましょう。

人当たりがいいというだけでは自己PRにはなりません。具体的な例を一つあげ、それに基づいて人当たりいいことで得たものや、人当たりがいいことで役に立ったことを紹介しましょう。具体例を挙げるだけで面接官も想像がしやすく印象に残りやすくなるはずです。

一番いい流れとしては自分の長所(人当たりがいいこと)を紹介し、それに基づいたエピソードを紹介し、そこから得られたものを簡潔にまとめ、更にそのことから『会社でどのように活かすか』ということを盛り込みましょう。話の流れがまとまっているとそれだけで説得力のある内容になるでしょう。

照れずに自然な笑顔を見せよう

自分の長所を説明しながら自分を売り込むというのは非常に気恥ずかしさを感じるものです。控えめな面が垣間見れて良いところでもありますが、面接というのはいわば他者との蹴落とし合いであり、戦場と化しているのです。

そんな場面で気恥ずかしさで照れている場合ではありません。それは戦場で武器を持たずに立っているだけと同じなのです。一旦気恥ずかしさは捨てて、自分を選んでもらうために最高の自己アピールをしましょう。

緊張し、気恥ずかしさを感じる場だからこそ、焦りや動揺を相手に感じさせない努力も必要です。会話の中で不自然にならない笑顔を見せることで、あなたの人当たりの良さを感じ取ってもらうこともできるでしょう。面接という場だからこそ長所を最大限に引き出せるよう努めましょう。

自己PRの書き方

人当たりがいい人の長所と短所・自己PRの書き方・向いている仕事

自己PRのまとめ方についてご説明させて頂きました。人当たりがいいというのは大きな長所になるため、就活の際の面接では良さを存分に伝えられるよう事前準備をしておきましょう。そうすることでより自信をもって堂々と面接に挑めるはずです。

次は自己PRの書き方について例文に沿ってご紹介します。是非参考にしてください。

1)自己PR例文

私の強みは人当たりの良さです。今まで学生時代、クラス、部活動、委員会、アルバイト先でも人から嫌われたことはありません。学生時代はクラス変えというものがありますが、今まで仲良くしていた友人と離れてしまい一人きりであっても1か月後には新しいクラスに馴染み新しい友人ができていました。部活動では同級生だけでなく、先輩後輩がいましたがすごく好かれるということはありませんでしたが、特別嫌われることもありませんでした。仲良く、時にはライバルとして意識をし合い、互いを高め合いました。学生時代のアルバイトでは、学校とはまた違った雰囲気ではあったものの、新しい環境に慣れるのが早いためなのか、すぐ仲良くなり打ち解けることができました。常に意識をしていることはまず、初対面時は必ず笑顔でいるということです。笑顔の人に敵意を持つ人は少ないと思うからです。この強みを活かし、私の笑顔でお客様、そして従業員をも笑顔にしていきたいです。

出典: http://xn--pr-rt3c095cs3iw16b.jp/shuukatsu-prshu/191 | 【自己PR例文】人当たりの良さ | 自己PRの例文を集めました!

「人当たりの良さ」をアピールしているのは十分に分かる文章です。しかしインパクトに欠けており、なぜかダラダラとエピソードを話しているようにも感じます。こういった文体になると面白味も感じられず面接官の印象にも残りにくいものとなってしまいます。

先述したように、自分の長所(人当たりがいいこと)を紹介したいのであれば、それに基づいたエピソード、そこから得られたもの、人当たりがいいことを会社でどのように活かすか、という流れで簡潔にまとめることが大切です。

自己PRを作成する際に一番に気を付けたいのが『相手の印象に残る文章』にすることです。同じ内容でも書き方一つで大きなインパクトを与える文章に変えることが出来るはずです。自分の長所と向き合い、PR文をしっかりと練りましょう。

2)自己PR例文

私の長所は、人当たりがいいことです。昔から家族や友人に「いつもにこにこしているね」「感じがよくて話しやすいね」などと褒められることがよくありました。
その強みを発揮できたと感じたのは、学生時代、サークルで様々な国籍の留学生と交流する機会を持ったときです。
 
国際交流イベントの一環として、多言語チームでひとつの企画を提案し、イベントで発表するという試みだったのですが、言葉の問題もあり、意思の疎通が困難な場面がありました。その際、私は知らない同士の雰囲気を少しでも和らげるために、どんな時でも笑顔でいるよう心がけ、こちらから積極的に会話を繋げるようにしました。
 
そのうち、お互いに意見を出し合うようになり、結果として皆で一体となって企画に取り組み、よい発表をすることが出来ました。仲良くなった後で、私のフレンドリーな態度のお陰で話しやすく、リラックスできた、と感謝されました。人当たりのよさは、初対面で遠慮がある者同士を結びつけ、ひとつのチームとしての絆を築くための接着剤として役立てることを学びました。
 
貴社の○○という業務においても、この強みを存分に発揮し、社内やお客様との間で信頼関係をスムーズに築くことで、業績に貢献したいと考えております。

出典: https://mayonez.jp/topic/4482 | 人当たりがいい人の特徴|就活でのアピール方法・自己PRの書き方-Mayonez

このような形が一番流れとしてもしっくりと来ており、会社に対しての熱意も伝わってくるでしょう。一つ一つのことを簡潔にまとめ上げると話言葉がスムーズに入ってくるため、聞き手も話に集中することが出来るでしょう。

自己PR例文【転職の場合】

私の強みは「人当たりの良さ」です。前職としましては、ビジネスホテルのフロントにおいて、主に接客の業務を行っていました。ホテルのフロントは、ホテルの顔と言ってもよいほどです。そのフロントの様子で、お客様のホテル全体に対する印象が決まってしまいます。そのため私は、一人ひとりのお客様に対して丁寧に接するよう心掛けていました。例えば、お客様がホテルに入られたときは、お客様よりも先に元気よく挨拶をするということ。そうすることで、お客様との距離が縮まり、それ以降のチェックインなどの流れもスムーズに行えます。また、お客様とお話をするときは、笑顔を忘れないということ。笑顔で接することで、お客様にも「このホテルを選んでよかった」という安心感を与えることができます。これらのことを心掛けることで、お客様からも喜ばれる業務が行えたと感じております。以上、接客業を通じて感じた自身の「人当たりの良さ」を活かし、御社でも活躍できるよう励んでいきたいと考えています。

出典: http://xn--pr-rt3c095cs3iw16b.jp/shuukatsu-prshu/191 | 【自己PR例文】人当たりの良さ | 自己PRの例文を集めました!

こちらは接客業から接客業への転職の例文ですが、自己PR文で大切なポイントを押さえています。ダラダラとした印象もなく、好印象を受ける内容となっています。このように転職先をイメージした自己PR文に仕上げることで、面接官にも入社後のイメージを想像してもらうことが出来るでしょう。

人当たりが良い人に向いている仕事

人当たりがいい人の長所と短所・自己PRの書き方・向いている仕事

接客業

人当たりがいい人というのは人と接する仕事ととして販売業や飲食店のホールなどに向いています。お客様からは常に何かしら問いかけられることも多いため、その都度臨機応変な対応が求められています。

そんな時に人当たりがいい人のように笑顔で受け答えできるというのは大きな強みになるでしょう。人当たりがいい人というのはお客様からも好かれやすく自然と売り上げも伸びていくものです。接客業として勤めるには最適だと言えるでしょう。

案内係

市役所や会社の窓口案内係としての職務も人当たりがいい人にとってはピッタリの職場だと言えるでしょう。窓口の案内係というのは様々な人が訪れるということもあり、臨機応変な態度と、誰もが安心して話しかけることが出来る存在でなければなりません。

人当たりがいい人というのは、そのどちらも持っていて、穏やかな雰囲気から周囲も話しかけやすく安心して質問することができるでしょう。親身に相談に乗ってもらえることで窓口に足を運びやすく市民にとっても心強い存在となれるはずです。

受付・事務

病院や企業、銀行やトレーニングジムなど訪れたときまず一番に対応してくれるのが受付・事務の係です。初めて訪れた人にとっては一番に顔を合わせる相手のため、受付を行う相手の対応によってその企業への印象が大きく変わってきます。

そのため、会社の顔としての責任感が大きく誰でも務まるものではありません。しかし人当たりがいい人というのはこういった『会社の顔』となる職業にも向いておりその人当たりの良さを活かすことができるでしょう。

段取りやスケジュール管理をしたり、機転をきかすような事務的作業ももちろん担います。お客様を案内するだけでなく企業の縁の下の力持ちとして会社を支える存在となれるはずです。

営業職

営業職と言えども幅広い職種があります。どの営業職にも共通しているのは『人当たりがいい人ほど向いている』ということです。初対面の人や契約先に自社製品を売り込むための接客をするわけですから第一印象が大事な営業職にとって人当たりがいいというのは必須です。

しかし営業職というのは体力勝負なところもあり、ガッツがなければ務まらない業種ももちろんあります。そのため、営業職すべてが自分に向いているとは限らないので就職先を選ぶ際は慎重に考える必要があるでしょう。

人当たりはいいけど要注意なタイプの人!

人当たりがいい人の長所と短所・自己PRの書き方・向いている仕事

噂話が好き・すぐ詮索したがる

人当たりがいい人というのは愛想も良く話もよく聞いてくれます。話していて会話も弾むためプライベートなこともついつい話してしまうでしょう。しかしそこに落とし穴がある場合があるので注意が必要です。

人当たりがいい人の中には噂好き、話好きな人というのが必ずいます。そういったタイプは詮索するのが好きで根掘り葉掘り聞いて、それを他人にまで話のネタとして喋ってしまうのです。あなたがいないところで話が盛り上がるように尾ひれを付けて広めてしまうので更に厄介なことになりかねないでしょう。しかし本人は悪気がないので余計たちが悪いです。全ての人が温厚で優しい性格というわけではないので、自分で見極めたうえで裏いべーとなことは話すようにした方が良いでしょう。

作り笑顔なだけで心は冷たい人

人当たりがいいと言われる人は常に笑顔を絶やさないイメージがありますが、内心では冷たい人も多いです。人当たりがいいと得をすることが多いため、意識的に笑顔や対応を心がけていることが多くその分心が冷めてしまっていると言えるでしょう。

会話の中で『そうだね、わかるよ』『大変だったね、何かあったら助けるから』など相槌をされると『この人は自分のことを分かってくれてる』と安心するものです。それが本当とは限らないということです。

こういった対応は仕事上よく見られる光景ですが、共感や同情することで相手に安心感を与え相手の気持ちをコントロールすることが出来るのです。このことから、親切に話を聞いてもらえたからと言って相手をすぐに信用したり何でも話すという安易な行動は謹んだ方が無難だと言えるでしょう。

人当たりがいい人になるには?

人当たりがいい人の長所と短所・自己PRの書き方・向いている仕事

ここまで人当たりがいい人の長所や短所、そして就活でのアピール方法など紹介してきました。人当たりがいい人というのはチャンスに恵まれやすく、そして好かれやすいということにお気づきではないでしょうか。

コミュニケーションが苦手で人間関係について悩んでいる人も大勢いらっしゃいますが、今からでも意識次第で『人当たりがいい人』になることが可能なのです。自分をより一層輝かせるためのプラスアルファとして『人当たりの良さ』というスキルは身につけることをおすすめします。

まずは笑顔を心がけよう

口下手でうまいことが言えない人も中にはいるでしょう。そんな人は無理にノリ良く会話を弾ませようとしなくていいのです。それと同様に無理に笑う必要もありません。相手との会話の中で笑みを浮かべながら相槌をするだけで印象は大きく変わります。

逆にペラペラと話しまくるよりも落ち着いていて好印象となるでしょう。そういったタイプだと周囲からも信頼され自然と人が集まってくるはずです。自分も笑顔を心がけることでプラスな気持ち(前向き)になっていけるので是非心がけてみてください。

相手の話は最後まで聞こう

相手が話している最中に割って入るというのは誰しも気持ちが良いものではありません。あなたはそんな経験はないでしょうか。もしあるなら、相手の話は最後まで聞く、というように意識して会話を楽しみましょう。

話は最後まで聞いていたら自分が予測した内容と違うことも多くあるでしょう。話の腰を折るというのは失礼に値します。人当たりがいい人というのはそういった人の気持ちを思慮するため周囲から好かれやすいのです。

相手が何を言わんとしているか、最後まで話を聞いたうえで自分の意見を述べるようにしていきましょう。口下手な人ほど『聞き上手』になることで相手の信頼を獲得できるはずです。

人当たりがいいと得をすることも多い

いかがでしょうか。人当たりがいい人について紹介してきましたが、人当たりがいい人というのはそうでない人よりも得することが多く、人生においてもプラスになっていることが分かります。

長所と短所は紙一重なので、もちろん短所もありますが、それを上回っている長所だと言えるでしょう。もし自分が人当たりが悪いと感じるのであれば明日からでも出来ることに挑戦してみてはいかがでしょうか。

自分を変えてみようと一歩踏み出すことで新しい自分のビジョンが浮かんでくるはずです。人当たりがいい人になって自分の人生を更に豊かにしていきましょう。

Related