【種類別】アマチュア無線の資格の難易度|取得/更新/勉強

資格

資格を取り、無線を楽しむだけがアマチュア無線の魅力ではありません。アマチュア無線には大会やコンテストなどがあります。そこも楽しんでこそアマチュア無線の面白さにきっと気付けるはずです。そんなアマチュア無線の魅力を余すことなくお伝えしていきます。

更新日時:

アマチュア無線の資格の種類は主に等級で分かれる

2011年の東日本大震災の際、携帯電話が役に立たず、アマチュア無線機が活躍しました。同じようにガソリンで動く発電機も活躍してその後、熊本地震、鳥取地震でもアマチュア無線機と発電機というのは震災になくてはならないものとなりました。 アマチュア無線の資格は中学生から取得が可能です。等級に分けると第一級アマチュア無線技士、第二級アマチュア無線技士、第三級アマチュア無線技士、第四級アマチュア無線技士と四つに分かれます。四級の資格があればモービル機やハンディ機の運用が可能です。 送受信ができる環境ができれば、開局届けを提出してアマチュア無線を使うことができます。スマートフォンやパソコンとは違う通信手段でアマチュア無線でしかできないこともあり、アマチュア無線の資格を取得する人は増えています。

アマチュア無線の資格のどれだけ難易度があるのか

まず基本的なことを学ぶため、アマチュア無線の講義を受ける前にコンピュータの本などを扱う本屋などで基本的な知識が載っている本を購入して知識をつけましょう。 第四級アマチュア無線技士の資格と第三級アマチュア無線技士は決まった場所で行なわれている講義に一日参加をして授業を受けます。最後に確認の試験があるのでその試験に合格すれば晴れてアマチュア無線の資格を取得することが可能です。 第二級と第一級の資格はより高度になるので難易度が増します。通常アマチュア無線を楽しむ場合は第四級と第三級の資格があればアマチュア無線を楽しむことは可能です。中学生から取得ができ、保護者が同伴して試験を受けに来ている親子も多く、早くからアマチュア無線を楽しむ人も多いです。

アマチュア無線の資格でできることはどのようなことか

無線での受信と送信です。素人がAMのラジオ局を開くにも審査が必要でもし開局しても1キロメートルと範囲が決められています。アマチュア無線の場合、電波の届く範囲での同じアマチュア無線を使っている相手と交信ができます。 アマチュア無線の大会があり、大会の際はより多くの局と交信することで得点を稼ぎ、交信の数で勝者を選ぶ大会があり、参加する人はアマチュア無線の資格とともにアマチュア無線の特性を知り、上手く受信送信できる能力が必要です。 アワード賞という受信が難しい場所でのアマチュア無線での受信や送信や送信や受信の強化をすることが秀でている人に贈られる賞もあり、アマチュア無線は機械や電波について詳しくないと取れない賞や大会があります。アマチュア無線でできることは無限大にあるといってもよいでしょう。

アマチュア無線の資格の再発行をするには

もし再発行をする場合、氏名、住所、電話番号、無線局免許番号、コールサイン、再発行の理由などを規定の書類に記入して通信局に提出する必要があります。資格を取ってから5年でアマチュア無線の資格の期限が切れてしまうので、5年目に入ったら更新の手続きをとりましょう。 もし資格を失くしたり、更新の手続きを忘れたら、再発行の手続きをとりましょう。通信局へはインターネットや電話でもアクセスできます。 せっかく取得したアマチュア無線の免許なのでなるべく、資格を失くさないようにきちんと管理しておきましょう。コールサインや無線局免許番号などは忘れないようにしておくべきです。

アマチュア無線の資格を取得するための勉強法は

第四級と第三級については講義と筆記試験のみなので、机上での勉強をしましょう。コンピュータの本を扱う本屋でアマチュア無線の資格の本を購入して、基本的な知識を高めましょう。無線機の資格は電気と電波のことを熟知していないと取得できません。 電気の交流や直流という言葉や、アマチュア無線の電波に割り当てられてる電波の範囲や悪質な海外の違法な無線機を使用しないことも守りましょう。

アマチュア無線の資格の更新の仕方など

資格の更新には総務省に規定の書面を提出します。通信局に規定の書面を送付してもらいましょう。電話やインターネットでも送付を依頼できます。その際、コールサインや無線局免許番号が必要です。免許番号は無線機に記載してある番号を書きましょう。 更新の申請にも費用がかかります。2千円から4千円程です。なるべく再発行をしないように更新の時期がきたら資格の更新をしておきましょう。総務省が電波を管理しているのでなるべく更新を滞らせないことが必要です。アマチュア無線でも無理な運用をすると電波法に触れてしまうことがあり、法的に訴えられることがあります。スマートフォンやパソコンのような感覚で使ってはいけません。

アマチュア無線の資格の際出題される試験の問題など

アマチュア無線は電波法に基づき、アマチュア無線を楽しみます。警察無線や消防車の無線を聞いたり、電話を傍受することもできますが、両方とも禁止されている行為です。基本的な扱い方を学び、またアマチュア無線機の設置の際、事故が起きないようによく試験の内容を理解する必要があります。 出題される問題は電波や電気の基本的な運用の問題が多く、アマチュア無線の資格を取った後も、趣味のラジコンなどで利用することが可能です。また一から無線機を作る場合も電気製品をゼロから作る場合にも必要な知識となり、電気を利用して作業する人は皆取得している資格と言えます。

アマチュア無線の資格の一般的な取得の方法

アマチュア無線機の専門誌などに講義の申し込み書が付いていたり、インターネットでも、どこで講義と試験が行われているのかを知ることができます。アマチュア無線の資格は講義と試験を受ければ取得できます。中学生から取得できるので、試験や講義自体は難しくはないです。 講義と試験を受けて開局届けを提出すれば、アマチュア無線を楽しむことができます。第四級と第三級の資格さえあれば、アマチュア無線を大いに楽しめます。余裕があればアワード賞の受賞や大会への参加を考えてみましょう。

アマチュア無線の資格に期限はあるのか

アマチュア無線の資格の期限は5年です。5年を越えたら資格を更新しないと失効してしまいますが、再発行は車の免許よりはしやすいです。アマチュア無線の高齢化も進みアマチュア無線を楽しむ人が減って来ています。最近はインターネットでの講義の申し込みができたり、無線機もインターネットと同期させるモデルがでてきているので楽しみ方も変わって来ています。 期限は5年です。第三級を取得している場合はなるべく更新の時期は紛失での再発行をしないようにしましょう。第三級を持っている場合、トラックやタクシーのドライバーで無線を使っている場合が多く、必要な資格になるので更新は忘れないようにしましょう。

アマチュア無線でできる仕事はどのような仕事か

長距離トラックのドライバーやタクシーの運転手、警察官、消防隊員、自衛官などです。無線機の電波はとても重要な電波になります。人の命に関わることや国の安全に関わったりすることが多く、スマートフォンやパソコンなどの通信機器とは違う点は資格を取得して無線機を使うのである程度の決まり事を守ることが大切です。 アマチュア無線を趣味で楽しむ場合は、無線機で仕事をしている人に迷惑のかからない範囲でアマチュア無線を楽しみましょう。

アマチュア無線の資格でしてはいけないこと

警察無線や消防無線を傍受して送信して話してしまったら、犯罪になります。また電話を傍受して傍受した電話の相手に電話の内容を話すことも違法です。電波法を守ってアマチュア無線を楽しみましょう。

規則を守ってアマチュア無線を楽しもう!

震災の際には大変役に立ったアマチュア無線です。高齢化にともないアマチュア無線の人口が減って来ています。無線機は警察や消防隊や自衛官が使用することもあり、きちんと規則を守ってアマチュア無線を楽しみましょう。 アマチュア無線はパソコンやスマートフォンなどでは味わえない通信が味わえます。またアワード賞やアマチュア無線の大会などに参加して、実力を試すのもよいでしょう。 アマチュア無線の資格を持っていれば、スカイセンサーなどの短波ラジオや海外のテレビ放送を受信するインテルサットなどを始める際にも多いに役に立つ知識となります。

Related tag関連タグ

アクセスランキング

キャリアコンシェルジュ

キャリアコンシェルジュ

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)
キャリアコンシェルジュ

キャリアコンシェルジュ

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)