「助かります」敬語表現と文例|ビジネス/メール・正しい言い換え

ビジネスマナー

普段から使うことの多い「助かります(助かりました)」という表現、正しい使い方はできていますか?知らず知らずのうちに間違った使い方はしていませんか?今さら聞けない「助かります(助かりました)」の敬語表現と文例を、ビジネスやメールなど、シーンにごとにご紹介します!

更新日時:

「助かります(助かりました)」は失礼!?正しい使い方とは?

トピック1021592/要素2570506

「この間は手伝ってくれて本当に助かりました」「駅まで送ってくれて助かりました」というように、誰もが日常の中で「助かりました(助かります)」という言葉を敬語として使っています。そんな日常的な言葉ですが、実はこの「助かりました(助かります)」という言葉、場合によっては敬語どころか大変失礼だととられることがある事をご存知でしたか? 今回は、意外に知らない「助かりました(助かります)」のNGシーンや正しい敬語表現、使い方をお伝えしていきます。

「助かりました(助かります)」がNGワードになる場合

トピック1021592/要素2630049

先にお伝えしたとおり、「助かりました(助かります)」という言葉は、場合によっては相手にとって失礼な表現になってしまいます。一見すると、ですます調で丁寧な敬語ととらえられますが、一体どんな場面で失礼になってしまうのでしょうか。それは、「助かりました(助かります)」の意味を知ると理解しやすくなります。

「助かりました」=「私の補佐をしてくれてありがとう」

「助かりました(助かります)」という言葉をよくよく見てみましょう。「助ける」=「誰かがあなたをサポートしてくれる」というように、話しのメインは自分自身です。そして、相手は自分をサポートしてくれる補佐的な位置づけとされています。 これが友人や家族であれば、「助ける(補佐的な役割を担う)」というのは何ら問題ありませんが、例えば上司に向かって「先日の会議ではとても助かりました」というと、「先日の会議では補佐をしてくれてご苦労様」と、上司を見下しているような表現になっていることがわかります。 このような理由から、目上の人に向かって「助かりました(助かります)」という言葉を敬語として使うことは、大変失礼な行為であるということがいえます。

「助かりました(助かります)」の正しい使い方とは?

トピック1021592/要素2630029

前文からわかるように、「助かりました(助かります)」が失礼な表現とされるのは、目上の人に対して使う場合です。では、「助かりました(助かります)」の正しい使い方とはどのようなものなのでしょうか。 大きく棲み分けるのであれば、家族、友人、後輩など、自身と同等までの位置関係にある人に対しては「助かりました(助かります)」を使います。そして、自分よりも目上の人に対しては、「助かりました(助かります)」以外の言葉に置き換えて感謝や依頼を伝えます。 初めのうちは、上手く使い分けるのはなかなかハードルが高いはずですが、このようにざっくりと分けて意識付けをしていくことで、「助かりました(助かります)」を正しく使うことを習慣にしていきましょう。

「助かりました」の敬語表現と使用例をご紹介!

トピック1021592/要素2570763

「助かりました」と目上の人に対して使うことは、「補佐をしてくれてご苦労様」と、敬語どころか、なんとも上から目線で見下した表現になってしまいます。知らず知らずのうちにそんな失礼な態度をとっていたとしたら、恐ろしくなってきます。 では、前文の中で、目上の人に対しては「助かりました」を別の感謝の言葉に置き換えて伝えるとお話ししましたが、具体的にどのような敬語表現があるのでしょうか。ここからは、目上の人に「助かりました」と伝えたいときの敬語表現をいくつかお伝えしていきます。

「助かりました」ビジネスでの正しい敬語表現は?

働いていると良く耳にするのが、「部長、先日はお力をかしていただいてとても助かりました」や「先輩がフォローしてくれて助かりました」といった内容です。目上の人に対してしっかりと「ですます口調で」敬語が使えていると思いきや、間違った表現方法をしていたというパターンです。 ビジネスのワンシーンでは、ついつい使ってしまいがちな「助かりました」ですが、これからご紹介する正しい敬語表現に置き換えられるように意識付けしていきましょう。

ビジネスでは「ありがとう」や「感謝」を使う

先に出ている部長と先輩への「助かりました」でいえば、正しい敬語表現としては以下のようなものに置き換えることができます。 「部長、先日はお力をかしていただいて本当にありがとうございました。」 「先輩、会議ではフォローしてくださって本当にありがとうございました。」 このように、「助かりました」ではなく、素直に「ありがとう」と伝えましょう。また、「助かりました」を伝える相手が取引先の人や、社長などさらに目上の人の場合、「本当にありがとうございました」よりも「大変感謝しております」と置き換えられるとなお好印象を与えることができるでしょう。

「助かりました」メールでの正しい敬語表現は?

トピック1021592/要素2630045

次は、メールで「助かりました」と伝えたい場合の正しい敬語表現をお伝えしていきます。咄嗟に「助かりました」と使ってしまう会話と異なり、じっくり考えて文章を構成することができるのがメールのメリットです。さまざまな感謝の敬語表現を身につけて、おおいに活用していきましょう。

メールでは「幸いと存じます」「御礼申し上げます」などバリエーション豊かに

前文で書いたとおり、メールはじっくりと考えて送ることができますので、「ありがとうございました」以外にも、「助かりました」を伝える敬語は多くあります。毎回「ありがとうございました」などと送るよりも、以下で紹介する敬語表現を活用していくとよいでしょう。 「この度は当社の商品をご契約いただき心より御礼申し上げます。」 「急な日程調整を快く引き受けて下さり感謝申し上げます。」 「会議資料を追加で印刷していただいてもよろしいでしょうか。」

「~してくれると助かります」の正しい敬語表現は?

皆さんご存知のとおり、「資料の準備手伝ってくれると助かります」というように、「助かります」は依頼の意味を持って使われることもよくあります。では、「~してくれると助かります」という言葉の正しい敬語表現にはどのようなものがあるのでしょうか。今回は、二つの敬語表現をお伝えしていきます。

「~でしたら幸いです」

「幸い」という言葉は、「このお願いをかなえてもらえたら嬉しい」という気持ちを表しています。敬語表現として覚えておけば、メールなどの文面で依頼する際に活躍するでしょう。 「日程調整について候補を記載してあります。下記日程のいずれかでご検討いただけますと幸いです」や「先日お話しした新商品の資料を添付いたします。ご確認いただけますと幸いに存じます。」など、さまざまな内容のメールなどで結びとして使うことができます。 ひとつ注意点としては、相手によっては「~でしたら幸いです」とした場合、相手によっては失礼な物言いだと感じる場合があります。そのため、目上の人などに対して使用する場合は、「思います」の敬語表現である「存じます」をセットにして、「~ですと幸いに存じます」と表現することをおすすめします。 また、別のバリエーションとして「幸甚に存じます」という表現もありますので、知識としてもっておくとよいでしょう。

「~していただけますでしょうか」

「~してくれると助かります」の正しい敬語表現の言い換えとして、もうひとつは「~していただけますでしょうか」が挙げられます。とてもシンプルな表現ですが、最も使いやすく、ビジネスメールはもちろん、会話の中でも取り入れやすいのが特徴です。 「部長、会議資料を確認していただいてもよろしいでしょうか」「日程についてご相談させていただいてもよろしいでしょうか」など、「~でしたら幸いです」のように、さまざまな場面で使用することができます。 前文でご紹介した「~でしたら幸いです」は、濫用すると印象が良くない場合がありますので、「~いただけますでしょうか」という敬語表現をうまく挟んで文章を構成するという方法もあります。

「~してくれて助かりました」の正しい敬語表現は?

トピック1021592/要素2621220

「荷物運びを手伝ってくれて助かりました」や「一緒に手伝ってくれて本当に助かります」など、先にお伝えしたビジネスシーン以外にも、「助かりました(助かります)」と感謝を伝えるシーンは多くあります。 では、「助かりました(助かります)」の正しい敬語表現はどのようなものがあるのでしょうか。「~してくれると助かります」と同じく、ここでは二つの敬語表現をご紹介していきます。

「ありがとうございます」

感謝を伝えたい場合、「暑く御礼申し上げます」「お心遣いに深謝l申し上げます」など、多くの敬語表現がありますが、どれも慣れないとなかなか使えませんし、日常の会話の中では使う機会はほとんどないでしょう。 そこで、まず基本的な敬語表現への言い換えとしては「ありがとうございます」があります。「~していただけますでしょうか」と同じく、ごくシンプルな敬語ではありますが、その分普段から意識して言い換えできるのがメリットです。 かしこまった言葉が咄嗟に出てこないという方は、「助かりました(助かります)」をまずは「ありがとう」に言い換えるよう、普段の生活から意識付けしていきましょう。また、「ありがとう」の前に「本当に」「誠に」などの修飾語をつけるとより敬意が強まります。

「感謝申し上げます」

先にお伝えした「ありがとうございます」ですが、敬語表現としてはカジュアルで、「ですます」調ではあるものの、十分な敬語表現とはいえません。そのため、目上の人にお礼する際や、手紙などで敬意を表しつつ感謝を伝える際はにはもう少し「助かりました(助かります)」を丁寧に言い換える必要があります。 そこで、二つ目にご紹介するのが「感謝申し上げます」という敬語表現です。「先日は結婚式にご出席いただき、深く感謝申し上げます」「皆様のお心遣いに心より感謝申し上げます」といったように使用し、主にメールや手紙の際に活躍する敬語表現です。 「ありがとうございます」と同じく「感謝申し上げます」の前に「心より」「誠に」「深く」といった修飾語を使用するとより敬意が強まった表現にすることができます。

あなたの「助かります」間違っていませんか?

トピック1021592/要素2629544

ここまでは、「助かります(助かりました)」の正しい敬語表現を中心にお伝えしてきましたが、最後に「助かります(助かりました)」のよくある間違った使い方をご紹介していきます。 「先輩、ちょっとこの資料手伝っていただけると助かるんですが」 「お客様、この太枠内をご記入いただけると助かります」 「部長、先日の商談に同行してくださって本当に助かりました」 「いつも手伝ってくださって本当に助かります」 こうして並べてみると、自分自身が使ったことがある表現や、耳にしたことのある表現があったのではないでしょうか。 仲の良い友人や、会社の同僚、家族に対して「助かります(助かりました)」は何の問題もありません。しかし、会社の上司など目上の人に対して使用するのには適さない敬語表現ですので十分に注意しましょう。

「助かります」の正しい敬語表現をおさえておこう!

「助かります(助かりました)」の間違った使い方や、正しい敬語表現、ビジネスシーンでの言い換えなどをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。「依頼」や「感謝」は、ビジネスシーンではもちろん、日常生活の中でもよく使用する表現のひとつです。 誰に対して「助かります(助かりました)」と伝えたいのかを考え、相手に適した敬語表現に置き換えていけるようにしましょう。前文でお伝えしたとおり、目上の人など、敬意を払うべき相手に対して「助かりました(助かります)」と表現するのは適さないとされていますので要注意です。 正しい言葉遣いは、あなた自身の評価も上げますので、ぜひ意識して取り組んでいってください。

Related tag関連タグ

アクセスランキング

キャリアコンシェルジュ

キャリアコンシェルジュ

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)
キャリアコンシェルジュ

キャリアコンシェルジュ

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)