Search

検索したいワードを入力してください

職場でタメ口を使う人の特徴は?不快に感じる理由や対処法を解説

更新日:2022年09月16日

職場でタメ口を使う人の特徴が、どのようなものかまとめました。本記事では、タメ口が不快に感じる理由、敬語で話せない人の性格などを解説しています。職場でタメ口を使う心理を理解し、正しい付き合い方や対処法の参考にしてくてください。

職場でタメ口を使う人への対処法を解説!

職場でタメ口を使う人について解説します。後輩のフランクな口調に、違和感がある方も多いでしょう。「ときどきは許せても限度がある」という考え方もあります。タメ口が不快に感じる理由をチェックしましょう。

また、職場でタメ口を使う人の特徴も紹介します。そして、タメ口を使う人への対処法についてまとめているため、適切な対処法を取りましょう。

職場でタメ口が不快に感じるのはなぜ?

タメ口は、状況に応じて使い分けることが望まれます。また、敬語は社会人のマナーと考える人も多いです。そのような理由から、仕事中のタメ口は控えているという方も多いでしょう。

職場で、タメ口が不快に感じる理由や敬語の重要性を確認していきましょう。

タメ口とは?

タメ口とは「年下が年長者に対等の話し方をすること」です。また、敬語表現を含まない話し方の総称です。例文は「先輩と話すときは、タメ口をやめなさい」となります。

もともとは、不良少年の隠語として使われていた言葉と考えられています。「タメ」は、博打用語で「ゾロ目」を指した言葉で、五分五分の意味として使われていました。

年下の者が年長者に対等の話し方をすること。ためくち。「―をきく」「―をたたく」→ため[補説]1960年代に不良少年の隠語として始まり、1980年代には一般に広まったという。

出典: https://dictionary.goo.ne.jp/word/%E3%81%9F%E3%82%81%E5%8... |

職場でタメ口が不快に感じる理由

職場でタメ口が不快に感じる理由をチェックしましょう。不快に感じる理由は、プライベートと職場の違いが大きく関係しています。職場は公私を使い分ける場として、タメ口がふさわしくないという考えです。

職場は、年齢や勤務歴などさまざまな違いがあります。そのため、敬語がマナーだと考える人も多くいます。メリハリやトラブルを避けるために、敬語を望む方もいるでしょう。

職場でタメ口を使う人の特徴

職場でタメ口を使う人の特徴について紹介します。タメ口を使う人は、性格的に問題があるとは限りません。職場を盛り上げる人気者の場合もあります。

職場における人間関係を考える上で参考にしてください。

特徴①フレンドリー

タメ口を使う人は、フレンドリーな性格です。年齢や性別を気にせず、分け隔てなく付き合えるため、人気者になります。しかし、すぐに誰とでも仲良くしたがるため、タメ口を使うことが多いです。

関係が構築されていない状態では、不快に感じる方も多いでしょう。本人に悪気がないだけに、注意の仕方が難しい特徴です。

特徴②マイペース

マイペースな人も、職場でタメ口を使う特徴の持ち主です。距離感の詰め方もマイペースです。相手と知り合ったばかりなのに、タメ口で話すことがあります。

周囲の人とは異なる価値観を持ち、焦らない人物です。人間関係にこだわりを待たない部分があり、話し方にも表れます。周囲の評価も意識せず、話し方を改善することは少ないです。

次のページ:職場でタメ口を使う人への対処法

初回公開日:2022年02月24日

記載されている内容は2022年02月24日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests