Search

検索したいワードを入力してください

【履歴書】人事の心を掴む「得意科目欄」の書き方と例文

就活生のみなさんは履歴書の得意科目欄の正しい書き方を知っていますか?
企業に提出する履歴書において、重要なのは学歴欄や職歴欄だけではありません。就活生が学校でどのようなことを学び、何が得意なのかを企業側にアピールするためには、得意科目欄を正しく記入する必要があります。

履歴書の得意科目欄の書き方

就活生のみなさんは履歴書の得意科目欄の正しい書き方を知っていますか?
企業に提出する履歴書において、重要なのは学歴欄や職歴欄だけではありません。就活生が学校でどのようなことを学び、何が得意なのかを企業側にアピールするためには、得意科目欄を正しく記入する必要があります。

得意科目欄は、決して「国語」や「数学」など、一言で済ませて良い項目ではありません。正しい書き方を知らず、得意科目欄を軽視している方も多いのではないでしょうか。

企業は、履歴書にある情報から就活生の実力を測ります。得意科目欄に適当な答えだけを書いて提出すれば、面接を前にして実力不足の烙印を押されかねません。逆に言えば、得意科目欄を自己アピールの場として適切に使うことができれば、就職活動を有利に進めることができるのです。

今回は、就活生が困りがちな「履歴書の得意科目欄の書き方」について詳しくご説明しましょう。

得意科目欄には、学生時代に得意だった科目だけを書くわけではありません。
重要なのは、「どうしてその科目が得意になったのか」「その科目の中でも特に得意な分野は」「その科目が得意になって得られた能力とは」「その科目を仕事にどう活かせるか」を明記することです。

いわば得意科目欄は、もうひとつの自己PR欄です。得意科目の話を絡めて、自分が企業にとってどれくらいプラスになる存在なのかをアピールすることのできる貴重な機会なのだと頭に入れておきましょう。

履歴書というたった一枚の紙に、自分のアピールポイントを少しでも多く記載するため、得意科目欄を使いこなさない手はありません。ここからは、得意科目欄に書きたいアピールの例文を科目別にご紹介していきましょう。

1:得意科目が国語の場合

私の得意科目は国語です。幼い頃から小説を読むのが好きだったため、より深く日本語の表現を学ぶため文学科に進学いたしました。インターネットの普及により人々の生活を取り巻く環境が変化していくなかで、正しい国語を使える人材は減ってきていると実感しております。

しかし、日本で仕事をする上で、国語の重要性はいつの時代も変わりません。仕事上の人間関係を円滑に進めるためにも、国語能力は必要不可欠なものだと考えております。

2:得意科目が数学の場合

私の得意科目は数学です。私は世界の発展に欠かせない学問である数字の可能性に興味を持ち、大学では数学科で研鑽を積みました。

機械工学やIT技術、一見して数字とは無関係に言える小売業のひとつひとつまで、全ての物事は数字によって形作られています。数学で身につけた論理的な思考は、さまざまな問題の改善に役立てると考えております。

3:得意科目が英語の場合

私の得意科目は英語です。小学生のころ海外の友人と話したいという思いから英会話教室に通い、高校卒業後は○○大学の英語コミュニケーション学科に進学いたしました。

海外の方と直接会話することで、まだ日本では知られていない最新の情報を知り、広い視野を持ってビジネスに取り組むことに繋がります。国際共通語として使われる英語を話せることは、日本国内に留まらないグローバルなビジネスを展開するお役に立てると自負しております。

4:得意科目が理科の場合(生物・化学)

私の得意科目は生物です。小学生のころ、飼っていたザリガニの観察をしているうちに生物の生態に興味が湧き、大学では生物学を専攻しました。同じ種類の生物でも、それぞれの個体が違った行動様式をもっています。

そのため生物学では同じ実験をしても毎回同じ結果が出るとは限らず、根気のいる作業を繰り返し行いました。結果を得ることが難しくとも諦めずに挑戦する姿勢は、社会に出てからも役立つものだと確信しています。

私の得意科目は化学です。小学生の理科の授業で、地球上にある全ての物質は化学的な物質で形作られていることを知り、他の学問にはないロマンを感じて○○大学の化学科に進学しました。化学を学ぶことは、私たちの住む世界を知ることです。

普段の生活の中で見過ごしがちな世界の仕組みを理解し、他人とは違った発想を生む足がかりになります。私は化学を学ぶ中で、解決困難な問題に対し、系統立てた対策を打ち出す術を学びました。

5:得意科目が社会の場合(地理・公民・日本史・世界史)

私の得意科目は地理です。地理は、世界中のあらゆる考え方の基礎となる学問です。政治、宗教、思想など、人間のあらゆる考え方の根幹には、それぞれの土地が抱える問題があります。

Latests