Search

検索したいワードを入力してください

「お話」の使い方と例文・敬語の種類・お話の別の敬語表現

初回公開日:2018年02月13日

更新日:2020年06月02日

記載されている内容は2018年02月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「お話」は全ての人が使っていると言っても過言ではない実用的なフレーズです。そのため「お話」の敬語表現に精通していなければ、会話に支障をきたしてしまう可能性があります。この記事から「お話」の実際的な敬語表現を学びましょう。

敬語の「お話」の意味とは?

社会で通用する大人になるためには、敬語を使えるようになることが必要スペック言われています。なぜそれほど敬語が重要なのでしょうか。

今の世の中では、敬語を使うことができない人たちが増えているからです。SNS上でのやり取りが多いため、正しい敬語を使うことができていない人が存在します。

では、社会に出た大人として「お話」というフレーズの敬語の意味について理解することが非常に重要と言えるのではないでしょうか。

「お話」という言葉は、どのようにして敬語に言い換えることができるのでしょうか。そして、敬語に言い換えた場合には、意味の伝わり方が変わってしまうのでしょうか。

「お話」の敬語

「お話」を敬語に言い換えるのであれば「お話ください」というフレーズを作成することができます。

このフレーズによって相手に対する敬意が示されていますので、会話をしている相手が目上の人出会ったとしても、心配することなく使うことができるでしょう。

注目したいのは「お話ください」の後半部分の表現である「ください」というフレーズです。このフレーズを使うことによって、敬語になっていることがわかります。

会社の上司と会話をしている時にも、何かの話をしてほしいと感じる時があるのではないでしょうか。

そのような時には迷うことなく「お話ししてください」と言うことができます。上司からしても不快に感じることなく、話をして良い時であるという事実を認識することができるでしょう。

敬語にするには語尾が大切

「お話」という言葉を敬語にするには語尾が大切です。どういうことかと言いますと「お話」という言葉をそのままフレーズの中で使ったとしても、後半に来る文章によって相手に与えるイメージが違うということです。

そのため、すでに紹介した「お話ください」にも「お話」というフレーズが使われていることになりますが、後半につけられている文章によって、敬語として成り立っていることがわかります。

「お話」という言葉の別の良い表現を思いつかない時には、その後につける後半の表現を工夫するようにしましょう。

そうすれば、相手に対する深い敬意を伝えることのできる敬語作成することが可能になるはずです。

「話して」はNG

普段会話の中で使っている表現を、目上の人に対して使ってしまうことがあります。癖になっている表現なので、失礼な言葉なのにも関わらず、あまり気にしないでそのような表現を使ってしまう人がいます。

例えば「話して」というフレーズを目上の人との会話の中で使ってしまう人がいますが、この表現を使うことは、場合によっては失礼に値します。なぜ、そのように言うことができるのでしょうか。

なぜなら「話してください」と上司に入ったとしても、上司の方からすると「話してくださいって随分偉そうだな」と感じてしまう人がいるのも事実です。

そのため、このような意味について伝えたいのであれば「お話」というフレーズに既に含まれている「お」をつけることを忘れないようにしてください。

たった一文字だと感じられる人も多いですが、この「お」が付けられているのと付けられていないのでは、大きな違いがあります。

敬語「お話」の使い方とは?

敬語として「お話」という言葉を使うには、このフレーズの敬語にどのようなバリエーションがあるのかを知る必要もあるでしょう。

いくつかのフレーズを考慮することによって、自分の置かれている状況に従いフレーズを選択することが可能になります。

たとえ敬語だとしても、いつも同じ表現を使っていたとしたら、周りの人が違和感を感じてしまう可能性があります。

そのため、敬語の中にはどのようなフレーズがあって、そのフレーズが、どのような状況で役立つのかを理解しておく必要があります。

「お話」の敬語の種類

敬語にはいくつかの種類があります。そのため、一言に敬語と言ったとしても「お話ください」というフレーズ以外の敬語が存在するのも事実です。

では「お話」と同じ意味を伝えようと考えていた時に、他にどのような傾向の表現を活用することができるのでしょうか。

毎日の生活の中で敬語を使うことが求められていますので「お話」の別の敬語表現を理解することは大切になります。

「お話し」は謙譲語

謙譲語とは何でしょうか。それは、簡単に言うのであれば、敬語の中でも深い敬意が示されている表現のことです。

そして、謙譲語を使うことによって、自分よりも相手を上に見ている事を表現することが可能になります。敬語の中でも深い敬意が含まれている謙譲語を使われていることによって、快く感じる人も少なくありません。

では、どのようにして「お話」を謙譲語にすることができるのでしょうか。大切になってくるのは「し」です。

「お話」には「し」が含まれていない、と考えている方もおられることでしょう。しかし、このフレーズを発音してみてください。

多くの人が「お話」という表現を読んでいる時には、表記されていなかったとしても「おはなし」と読むのではないでしょうか。

実は「お話」の読み方に含まれている「し」が付けられることによって謙譲語を作成することができています。「し」が大切であることがわかります。

使い方

「お話」という言葉の敬語表現を理解することができました。それでも、実際的なフレーズの具体的な使い方に設定することができていなければ、普段の会話の中で使うことは非常に難しいです。

普段の会話の中で実際的に使うことのできる、どのような敬語表現を思い浮かべることができますか。

これから「お話」の敬語表現の使い方を紹介します。

お話しした件

実際的なフレーズの1つが「お話しした件」という表現になります。会社に勤めている人からすれば、非常に実用的なフレーズになります。

なぜなら、会議をした後に、会議の中で話した内容を振り返らなければならない場合があります。そのような時に「お話しした件」というフレーズが大活躍してくれます。

意味としては「既に話した内容」という考えを相手に出して伝えることが可能になります。理解することも容易ですし、敬語表現になりますので、相手が目上の人であっても使うことのできる便利な表現ということができます。

敬語「お話」の例文とは?

「お話」という言葉の意味や敬語表現を理解できたとしても、例文を知ることができなければ他のフレーズと組み合わせることができません。

これから「お話」の敬語の使われている具体的な例文を紹介します。それぞれの例文を読んでいる時に「どのフレーズを普段の会話の中で使えるだろうか」と考えながら、例文に関する理解を深めることにしましょう。

お話を伺う

Latests