Search

検索したいワードを入力してください

「読んでくれてありがとう」の敬語表現・使い方と例文・敬語表現

初回公開日:2018年02月07日

更新日:2020年02月21日

記載されている内容は2018年02月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「読んでくれてありがとう」という言葉を、つい会社の上司や取引先の人に対して使ってしまいそうになることがあります。しかし、このフレーズを敬語表現で言い換えることができなければ、失礼になってしまいます。「読んでくれてありがとう」の敬語表現を学びましょう。

「読んでくれてありがとう」の敬語表現とは?

「読んでくれてありがとう」という表現は普段の生活の中でたくさん使うことがあります。そのため、意味について理解することは難しいことではありませんし、このフレーズを使うことも難しいことではありません。

しかし「読んでくれてありがとう」を誰に使ったら良いのか、また、どのような敬語で言い換えたら良いのか理解するのは非常に難しいことと言えます。

でも「読んでくれてありがとう」をどのように敬語で言い換えることができるのか、理解することができていなければ、目上の人と話している時に失礼な言葉遣いをしてしまう可能性があります。

大人としての必要最低限の常識として敬語を理解する必要があるでしょう。では「読んでくれてありがとう」はどのような敬語表現で言い換えることができるのでしょうか。

敬語の尊敬語で言い換える

「読んでくれてありがとう」という言葉を敬語の尊敬語で言い換えることができます。「お読みになっていただきありがとうございます」というフレーズを作ることができるでしょう。

このフレーズも敬語なので、相手に対する敬意を示すことが可能になっています。それに、この敬語が使われることによって、不快に感じる人はほとんどいないでしょう。

なぜなら「お読みになっていただきありがとうございます」というフレーズには、相手を見下したりする態度が含まれていないからです。

普段の生活でいつでも使うことのできる非常に便利なフレーズなので、この表現を忘れないようにしておきましょう。

必要であれば職場の上司と会話してる時にも、この敬語を言うことができます。

「読んでくれてありがとう」の敬語での使い方とは?

「読んでくれてありがとう」というフレーズを敬語で使うとしたら、どのような例文を作成することができるのでしょうか。

「読んでくれてありがとう」そういう言葉の意味について理解することができていたとしても、敬語の言い換え表現を例文を通して知らなければ、実際にこのフレーズを使うことは難しいと言えます。

では「読んでくれてありがとう」の敬語の言い換え方を詳しく紹介します。

敬語の他の種類で言い換える

「読んでくれてありがとう」という言葉を敬語の他の種類で言い換えることも可能です。既に理解することができたように「お読みになっていただきありがとうございます」は敬語の中でも尊敬語になります。

読むという言葉を敬語の謙譲語に言い換えるのであれば「拝読」になります。では「拝読してくださりありがとうございます」という文章を作成することができるのでしょうか。

「拝読してくださり」は間違い

結論から言いますと「拝読してくださりありがとうございます」というフレーズが間違えになってしまいます。なぜ、そのように言うことができるのでしょうか。

なぜなら「拝読」という言葉は謙譲語にあたりますので、自分の身分を低いものとみなして、相手を見上げることによって敬意を示すことのできる敬語になります。

つまり、何が言いたいかと言いますと謙譲語である「拝読」は、自分を低くする自分自身の動作に対して使わなければならないということです。

そのため「拝読してくださり」のような仕方で敬語の文章を作ってしまうと、相手の身分を下げて自分に対して敬意を示すように要求していることになってしまいます。

そのような事態を避けるためにも「拝読」は自分自身の動作に対して使うことのできる敬語である、ということを忘れないようにしましょう。

「読んでくれてありがとう」の使い方とは?

「読んでくれてありがとう」という言葉の使い方について精通することができれば、やがて「読んでくれてありがとう」の敬語表現の使い方にも精通することができるに違いありません。

では「読んでくれてありがとう」をどのように使うことができるのか、まずは理解しましょう。

状況に合わせてどのように使うことができるのかしっかりと理解して、普段の会話の中でも、このフレーズを使うことができるようになりましょう。

友達に対して「読んでくれてありがとう」を使う

「読んでくれてありがとう」というフレーズはそもそも敬語ではありません。そのため、このフレーズを使いたいのであれば、親しい友達に対してこのフレーズを使うことができるでしょう。

親しくない人に対して、敬語の表現ではない「読んでくれてありがとう」というフレーズを使うのであれば、相手は違和感を覚えることでしょうし、人間関係にヒビが入ってしまう可能性も少なくありません。

そのような問題に陥ることを避けるためにも、敬語ではない「読んでくれてありがとう」は友達だけに使うようにしてください。

メールでの使い方とは?

メールの中での言葉遣いは非常に独特なものがあります。ある敬語はメールの中では使われているものの、日常会話では使われていない敬語である、という場合も少なくありません。

そのため「読んでくれてありがとう」という表現をメールの中でどのように使うことができるのか理解することは非常に重要なことです。

そのようにして、周りの人にとって理解を得ることのできるメールを作成することができるようになります。

最後まで読んでいただきまして

メールの中で長文を誰かに対して送ったとします。そのような場合は、メールの本文を読んでくださったことに対する感謝を示さなければなりません。

例えば「最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました」というフレーズを作成することもできます。

そのようにすることによって、文章を読んでくれたことへの感謝を示すことが可能になります。

必ずと言っていいほど、この敬語の文章を使わなければいけないわけではありませんが、長文を作成したのであればこの敬語のフレーズで相手をねぎらうことができるでしょう。

ビジネスでの使い方とは?

当然のことながら、敬語で会話することが求められているビジネスの場面において「読んでくれてありがとう」というフレーズを使うことはできません。

そのため「読んでくれてありがとう」をビジネスでも使うことができるように、敬語に変える必要が生じてきます。

どのような敬語の表現で言い換えることができるのでしょうか。具体的な例文を紹介します。

Latests