Search

検索したいワードを入力してください

「合わせる」の敬語表現・合わせるの使い方と例文・別の敬語表現

初回公開日:2018年02月16日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2018年02月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「合わせる」の敬語表現を上手に使うことができるようになれば、相手に感謝をしっかりと示すことのできる人にもなれます。それに、どんな人であったとしても、感謝を示されることは嬉しいことです。この記事から「合わせる」の敬語表現と使い方について詳しく調べましょう。

「合わせる」の敬語表現とは?

「合わせる」という言葉を使いながら生活を送っている人は少なくありません。実際のところ周りの人の予定を確認しなければ、自分の予定を立てることのできない仕事についている人もいますし、そのような人にとっては必要不可欠なフレーズと言えます。

では「合わせる」の敬語表現について学ぶ必要があるのはなぜでしょうか。それは、自分と会話をしている人を不快な気持ちにさせることのないようにするためです。

そのような言葉遣いの面での失敗を避けるためには、必ずと言っていいほど敬語表現をしっかりと学ぶ必要があるでしょう。

敬語をしっかり使うことのできる大人になれば「合わせる」の正しい使い方をすることのできる人になれますので、あなたと会話している人も、あなたと一緒にいることを心地よく感じることができるでしょう。

そのような人になることができるように「合わせる」の敬語表現について詳しく紹介します。

ご指定ください

場合によっては「合わせる」という言葉を使いながら「時間を合わせますよ」と相手に対していうことができます。

語尾に「ます」が使われているので敬語と考えることができますが、このフレーズは、場合によっては相手に対して悪い印象を与えてしまう可能性があります。

自分が上から目線で相手に対して予定を合わせてあげる、という意味に受け取ってしまう人もいるので、言い方に十分注意しなければなりません。

もし、そのような印象を与えることを完全に避けたいのであれば「ご指定ください」という敬語表現を代表することができるでしょう。

「ご指定ください」で会話をしている相手が時間を指定することになるので、自分が相手に合わせるという意味を伝えずに済みます。

「自分が時間を合わせる」は使用しない

職場の上司と会話をしているのであれば「心配しないでください、自分が時間は合わせますよ」という言葉遣いはしないようにしましょう。

「親しき仲にも礼儀あり」ということわざにも示されているように、いくら普段から仲のいい上司であったとしても、このような上から目線の言葉を聞くことによって、違和感を感じる人は少なくありません。

言葉遣いが原因で上司との関係を崩してしまうことないようにしたいのであれば「合わせる」の敬語表現のように感じられますが「自分が時間を合わせる」は使うことのないように注意しましょう。

「合わせる」の敬語での使い方とは?

「合わせる」の敬語での使い方を知ることは非常に重要です。自分と同年代の人や友達とかやをしていない限り、ほとんど全ての場面で敬語を使うことになりますので、正しいフレーズを身につけることができるようになる必要があるでしょう。

しかし、普段から「合わせる」を敬語ではなくて、タメ口のようにして友達との会話の中でたくさん使っているのであれば、必要な時に正しい敬語を使うことができない可能性があります。

言葉遣いの面での失敗を避けるためにも「合わせる」の敬語表現について、さらに詳しい理解を得る必要があるでしょう。

敬語の種類

「合わせる」の敬語の種類はいくつかあります。そのため「合わせる」を敬語で表現したいと感じた時には、いくつかの選択肢を持っておくことによって、適切な考えを表現することができるようになるはずです。

では、具体的にどのようなフレーズで「合わせる」の敬語表現を作成することができるのでしょうか。

ご指定いただく

場合によっては「ご指定いただく」という敬語表現を作成することができます。この表現を使うことによって「合わせる」と同じような意味を、結果として伝えることができるようになります。

自分が相手に合わせることを伝えているのではなくて「ご指定いただけないでしょうか」という敬語表現を使うことにより、相手に選択肢を提供することが可能になります。

この表現を使われている方からしても、強制的に予定を調整するように求められていると感じることはありませんので、円滑なコミュニケーションを図る上で必要なフレーズということができます。

使い方

「合わせる」のいくつかの敬語表現に精通することができていたとしても、それらのフレーズを実際に使うのは難しいことです。

普段の会話の中で使うためには使い方についてお知らなければなりません。つまり、特定のフレーズをどのような状況の中で使うことができるのか、そして、そのフレーズにはどのような意味が含まれているのか、をよく理解しなければならないということです。

「合わせる」の敬語表現の具体的な使い方について詳しく紹介します。

「お時間につきましては」と使う

例えば「合わせる」の敬語表現の選択肢の1つとして「お時間につきましては」というフルーツを作成することができるでしょう。

「お時間につきましては、どうされますか」という敬語表現を使うことによって「合わせる」よりも丁寧な仕方で、相手のスケジュールに関しての質問をすることが可能になります。

かなり目上の人と会話をしているのであれば「お時間につきましては、どうされますか」という敬語表現を使うことをお勧めします。

そのようにすることによって、言葉遣いでの失敗を避けることができるようになるからです。

メールでの使い方

「合わせる」の敬語表現を普段の会話の中で使うことができていたとしても、メールの文章の中で同じ表現を使うことができるわけではありません。

実際のところ、メールの中の文章の形で敬語表現を使うので、それらの表現が不自然ではないかどうか、また、失礼に値しないのかしっかりと考えながら記入しなければなりません。

そのため「合わせる」の敬語表現をメールの中でどのようにして使うことができるのか知ることは、ビジネスマンとして必要なスキルということができるでしょう。

具体的なフレーズを紹介します。

ご都合のよろしい時をご指定頂きたいと存じます

メールの中で「合わせるので、時間を教えてください」という文章を作成して、取引先の人に対して送ることはできるのでしょうか。

結論から言うのであれば、このようなフレーズを使うことは避けるべきでしょう。上から目線で物を言っているイメージを与えてしまうことになるからです。

そのため、同じような意味であったとしても「ご都合のよろしい時を起こしていただきたいと存じます」で代用する方がずっと良いということができます。

このフレーズが使われていることによって不快に感じてしまう取引先の人はいないことでしょうし、相手の予定を確認することができます。それに、しっかりとした敬語が使われていることにも気づかされます。

「合わせる」を敬語表現するときの例文

Latests