Search

検索したいワードを入力してください

「持っていない」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例

初回公開日:2018年02月15日

更新日:2020年05月25日

記載されている内容は2018年02月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「持っていない」の敬語表現を使えるようになると、何かを持っていないという事実を、当たり障りなく目上の人に伝えることができるようになります。トラブルを抱えないための、重要なテクニックです。では、この記事から「持っていない」の敬語表現と使い方を調べましょう。

「持っていない」の敬語表現とは?

何かを所有しているのか、それとも、所有していないのかを伝えるためのフレーズとして「持っていない」という言葉を使うことがたくさんあります。実際「持っていない」というフレーズを使うことができないのであれば、日常会話の中で正確に意思の疎通を図ることは難しいと言えるでしょう。

「持っていない」という単語や動詞は、人生の中でも、必ずと言っていいほどを使わなければならないフレーズだからです。

しかし「持っていない」というフレーズが日常会話の中に浸透していることから、この表現を敬語でどのように正確に言うことができるのか調べないで使用している人もたくさんいることでしょう。

そのような現状ですと、言葉遣いの間違いから、意味を正確に伝えられなくなってしまう可能性があります。間違いを避けるために「持っていない」の敬語を紹介します。今後の生活の中でも必ず役に立つ情報を見つけることができるでしょう。

丁寧語

敬語の種類の1つに丁寧語があります。では「持っていない」を敬語の丁寧語に言い換えるためには、どのようなフレーズを作成することができるのでしょうか。

単純に「持っていません」という敬語表現を作成することができるでしょう。意味としてはそのままで「所有していない」という考えを相手に対して伝えることになります。

そのため、自分があるものを所有しているのか、それとも、所有していないのか誰かに確認されているのであれば「持っていません」ということによって、現状を表現することができるようになります。

それにしっかりとした敬語なので、自分と会話をしている人が職場の上司であったとしても、この敬語表現が使われることによって不快に感じることはないでしょう。

「持っていない」の敬語での使い方

「持っていない」というフレーズの敬語表現を知ることができていたとしても、使い方に精通しているとは限りません。

ある特定の表現の使い方を理解するためには、いろんな言葉の種類や、言葉の使われ方を知る必要があります。

敬語の種類

「持っていない」という言葉の敬語表現はたくさんあります。人によっては、敬語の種類は1つだけだと考えていることがありますので、そのような人たちは、同じフレーズを何回も繰り返してしまう傾向があると言えるでしょう。

しかし、そのように同じフレーズが何回も繰り返されているのであれば、話を聞いている人は退屈だと感じてしまう可能性もありますし、場合によっては、相手に与える自分のイメージを避けてしまう可能性があります。

このような失態を避けるためにも「持っていない」の敬語の種類に関する理解を深めることは、非常に大切と言えるのではないでしょうか。

持っておりません

例えば「持っておりません」という敬語表現を使うことによっても「持っていない」と同じ意味を相手に対して伝えることが可能になります。

「持っていません」という直接的な表現よりも「持っておりません」という敬語表現の方が相手に対して敬意が深く示されていることがわかります。

使い方

「持っていない」という言葉の敬語の種類についていくつか理解することができました。それでも、学んだ表現をそのまま会話の中で使うわけではありませんので、実際的なフレーズについて理解を深める必要があると言えるでしょう。

そのため、これから「持っていない」の使い方や、実際にどのようにして使うことができるのかを詳しく紹介します。

普段の会話の中に取り入れることができるように、可能ならば、これから紹介されている敬語表現をそのまま記憶することができるでしょう。どのようにして、すぐに自分の会話の中で「持っていない」の敬語表現が使えるようになります。

持っておりませんので

「持っておりませんので」も普段の生活の中ですぐに使用することのできる、実用的な敬語表現ということができるでしょう。

なぜなら「持っておりませんので」の後に、無事の内容のフレーズを取り付けることが可能だからです。つまり、1つの文章で理由と結論について伝えることのできる、便利なフレーズを作成することができると言えます。

例えば「その書類は持っておりませんので、見せていただけるでしょうか」という敬語表現を作成することができるでしょう。会議などで必要な書類があったとします。手違いがあって、自分の席にだけいくつかの種類が用意されていません。

そのような時に「その書類は持っておりませんので、見せていただけるでしょうか」という敬語表現を使うことによって、敬意を示しながらも、書類を見せてくれるように他の人に依頼することが可能になります。

メールでの使い方

普段の会話の中で「持っていない」の敬語表現を使うことができていたとしても、メールの中の文章の形で正しい敬語を使えるとは限りません。

なぜなら、手紙やメールの中で文章としてメッセージを伝えるのであれば、普段の会話では使うことのないフレーズを使用しなければならない場合が少なくないからです。

では、具体的にどのような敬語表現をメールの中で使うことができるのでしょうか。

お持ちでないのであれば

例えば「お持ちでないのであれば」という敬語表現も、メールの中で使うことのできる実際的なフレーズの1つということができるでしょう。

「この案件に関する資料を、まだ、お持ちでないのであれば、早急に送らせていただきます。ご連絡ください」というメッセージを作成することができます。

そのようにして「資料をお持ちでないのであれば、すぐに送りたいので連絡してください」という意味をメールの送り相手に対して伝えることが可能になります。

ビジネスでの使い方

「持っていない」というフレーズの敬語表現を、ビジネスの場面で使わなければならないこともあるでしょう。どんなフレーズを使用することができるのでしょうか。

Latests