Search

検索したいワードを入力してください

「楽しんできてください」の敬語表現・楽しんできてくださいの使い方と例文・別の敬語表現例

初回公開日:2018年02月15日

更新日:2020年05月25日

記載されている内容は2018年02月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「楽しんできてください」の敬語表現をあなたは使うことができますか。使うことができるのであれば、周りの人の幸福を願っていることを伝えられるようになります。この記事から「楽しんできてください」の敬語表現について紹介していきます。

「楽しんできてください」の敬語表現とは?

「楽しんできてください」という言葉は職場の同僚に対しても使うことの多いフレーズと言えるのではないでしょうか。

そのため「楽しんできてください」という言葉を正確な意味で周りの人に対して使うことができているのかどうか気になるところです。

しかも「楽しんできてください」というフレーズを何度も自分の会話の中で使うことがあったとしても、正しい敬語として使うことができていないのであれば、相手を不快な気持ちにさせてしまう可能性があります。

そのような事態を避けるためにも「楽しんできてください」の敬語について学ぶことは非常に重要ということができます。

大人として言葉遣いに気をつけておきたいと感じている人もたくさんいますので、この機会にこの機会にこの機会にこの機会に「楽しんできてください」の敬語表現について紹介します。

楽しんでいらっしゃいませ

「楽しんできてください」という言葉を他の敬語表現で言い表したいのであれば「楽しんでいらっしゃいませ」というフレーズを作成することができます。このフレーズを聞いて、実際に使うことのできる場面を想像できない人はたくさんいることでしょう。

それでも、職場の上司が旅行に出かける時や、親族を訪問するために田舎に行かなければならない時などに「楽しんでいらっしゃいませ」という敬語表現を使うことができるでしょう。

何も言われないで職場から旅行に送り出されるよりも「楽しんでいらっしゃいませ」と言う敬語表現を言われながら送り出された方が、誰でも嬉しく感じるのではないでしょうか。

そのため、普段からお世話になっている上司などが外出をするときに「楽しんでいらっしゃいませ」と言いながらその上司に対する感謝の気持ちや、外出した後も楽しんでもらいたいと願っている事を表現することができます。

「楽しんできてください」の敬語での使い方

「楽しんできてください」という言葉を敬語表現で使う時には、自分の言葉にバリエーションを持たせることも非常に重要です。なぜでしょうか。

言葉にバリエーションがなければ「この人いつも同じ言葉ばっかり使ってる」という印象を周りの人に与えてしまう可能性があるからです。

そのような印象を周りの人に与えるのを避けるためにも「楽しんできてください」の敬語表現をいくつか学ぶことが大切ということができます。

そのようにすることによって、職場の同僚の人達と会話をしている時であったとしても、言葉遣いに気を使うことなくかよう楽しむことができるようになります。

敬語の種類

敬語にはいくつかの種類があるため「楽しんできてください」や「楽しんでいらっしゃいませ」というフレーズ以外にも、同じ意味を伝えることのできる敬語が存在することになります。

では「楽しんできてください」と同じ意味であったとしても、他にどのような敬語を使うことができるのでしょうか。

男性の場合は「楽しんでいらっしゃい」も使える

すでに「楽しんでいらっしゃいませ」という敬語表現について理解することができました。実のところ、この敬語表現は女性に使われていることが少なくありません。では、あなたが男性なのであれば、どのような敬語表現を使うことができるのでしょうか。

「楽しんでいらっしゃい」という簡潔な敬語表現を使うことができるでしょう。そのようにすることによって、相手に伝えることのできる意味は同じであったとしても、男性らしいひびきを持たせることができています。

もちろん「楽しんでいらっしゃい」という言葉を女性が使ったとしても、間違えになるわけではありませんが、女性と男性では、この2つのフレーズを区別することによって、自然な響きを持たせることができるのも事実です。

使い方

「楽しんできてください」 の敬語表現の使い方について理解することは非常に重要です。実際の使い方に精通することができていなければ、自分の会話の中に「楽しんできてください」の敬語表現を取り入れることは難しいからです。

では「楽しんできてください」の敬語表現をどのようにして会話の中に取り入れることができるのでしょうか。普段の生活の中で役に立つ情報を見つけることができるでしょう。

職場で「楽しんできてください」を使う

職場の人に対して「楽しんできてください」という敬語表現を積極的に使うことができます。例えば、職場の人と会話をしている時に、その人が何かの映画を見に行くことについてあなたに伝えたとします。

どのようなフレーズを使いながら、映画を楽しんでもらいたいという気持ちを相手に伝えてもらうことができますか。

このような時に活躍してくれるのが「楽しんできてください」になります。具体的に言うのであれば「今日の夜の映画、楽しんできてください」という敬語表現を使うことができるでしょう。

どんな人がこの敬語表現を聞いたとしても、意味については必ず理解することができるでしょう。それに、自分の幸福を願ってくれていることを感じることができるので、言われている人も嬉しく感じるはずです。

メールでの使い方

メールの中でも言葉遣いは独特と言えるのではないでしょうか。普段の会話の中で使うことのできるフレーズであったとしても、メールの中で使用することのできないフレーズもたくさんあります。

それに、メールを送る時に言葉遣いに失敗してしまうと、普段の言葉遣いよりも悲惨な結果に落ちてしまう場合が少なくありません。

なぜなら、一度メールを送信してしまえば、後になってからメールの中で使ったフレーズを取り消すことはできませんし、相手側もメールを消去しない限り、いつでも自分の書いたフレーズを振り返ることができるようになってしまうからです。

では、メールを送る時の言葉遣いの間違いを避けるためにも「楽しんできてください」の敬語表現について、もう少し具体的に理解しましょう。

休暇を楽しまれてください

例えば、職場の同僚の1人が休暇を取ったとします。そのため、その職場の同僚が休暇に入ってしまう前に、挨拶をする必要が生じるでしょう。

普段から解放する機会のない職場の同僚に対して挨拶をしなければならないのであれば、メールを送ることによって挨拶をすることが可能になります。

そして、そのような場面で役に立つのが「休暇を楽しまれてください」という英語表現になります。もし、あなたが休暇に入る前に「休暇を楽しまれてください」というフレーズをメールで送られたとしたら、どのような気持ちになりますか。

おそらく、嬉しく感じるのではないでしょうか。それに、しっかりと敬語が使われているので、普段から親しくしている同僚からこのフレーズを送られたとしても「わざわざ敬語を使ってもらってありがたい」という気持ちになるはずです。

 メールで「楽しんできてください」を使うときは注意が必要

Latests