Search

検索したいワードを入力してください

「返信不要」の意味と使い方|言い換え表現と注意点についても紹介

更新日:2022年11月20日

ビジネスメールなどでよく使われる「返信不要」の使い方をご存じでしょうか。本記事では「返信不要」の意味や使い方などの基礎知識や、丁寧な言い換えのポイントを紹介します。「返信不要」の使い方に疑問や不安がある人は、ぜひチェックしてみてください。

「返信不要って、どんな意味?」
「返信不要はどうやって使えばいい?」
「相手に合わせて返信不要を丁寧に伝えるには?」
ビジネスメールなどでよく使われる「返信不要」ですが、使い方や表現が合っているか悩んだり、判断に迷って不安になったりすることもあるのではないでしょうか。

本記事では、「返信不要」の意味や使い方のポイントなどの基礎知識に加え、英語での表現や目上の人に向けた丁寧な言い換えを紹介しています。

この記事を読むことで、「返信不要」の意味や使い方のポイントを把握して、送信する相手に合わせた「返信不要」の表現や例文を知ることができます。

「返信不要」の使い方にお悩みの人は、ぜひチェックしてみてください。

「返信不要」とは

「返信不要」という言葉はメールにて「返信はいりません」ということを表わしています。その意味を理解し、「返信不要」とメールで送った経験がある方もいることでしょう。

しかし中には「返信不要」と使いたいけれど、目上の人とのやり取りだから敬語で表現したほうがと悩む人もいることでしょう。

今回は今まで「返信不要」と使ったことがない人や、目上の人に対して使いたい場合などを踏まえて説明していきます。

「返信不要」の使い方・例文

ここでは、「返信不要」とされたメールへ返信する場合と、相手へのメールに「返信不要」としたい場合の例文を紹介します。

相手に失礼な印象を与えないよう、例文を参考に使用してみましょう。

返信する場合の例文

「返信不要」とされたメールは、相手は返信を求めていませんが簡単に返信するのがおすすめです。特に社外の人や目上の人に対しては、簡潔に返信しておくのが無難といえるでしょう。

例文としては「本件について、承知しました。」「メール受領しました。」などがあります。

相手へ送る場合の例文

連絡事項を伝えるのみで返信がいらない場合や、相手にメールの返信に時間を割いてもらうのは申し訳ないと配慮したい場合に、「返信不要」とメールに記載します。

例文としては「メールのご返信は不要です。」「特に問題がなければ、ご返信には及びません。」などがあります。

「返信不要」の注意点

相手を気遣う意味で使うことが多い「返信不要」ですが、使い方によっては失礼と受け取られてしまう場合があります。

ここでは、「返信不要」と送る場合や、受け取った場合の注意点について紹介します。

「返信不要」に返信する場合

「返信不要」とされるメールを受け取った場合でも、簡潔に返信すると良いでしょう。

相手に余計な手数をかけないよう配慮して書き添える「返信不要」ですが、送った側はきちんと届いているか不安になることもあります。ひと言でも返信することで、信頼関係に繋がっていくでしょう。

「返信不要」を送る場合

次のページ:「返信不要」の丁寧な言い換え

初回公開日:2017年07月31日

記載されている内容は2017年07月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests