Search

検索したいワードを入力してください

「どうしましたか」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例

初回公開日:2018年02月13日

更新日:2020年05月23日

記載されている内容は2018年02月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「どうしましたか」という言葉はいつでも使いたくなってしまうフレーズの1つです。しかし、正しい敬語でこのフレーズを使えないと、相手を傷つけてしまう可能性があります。言葉遣いに注意するためにも、この記事から「どうしましたか」と敬意表現について詳しく学びましょう。

「どうしましたか」の敬語表現とは?

「どうしましたか」という言葉は普段の会話の中でもたくさん使うことがありますが、質問する時に違和感を感じたことはありませんか。

人によっては「どうしましたか」という言葉を目上の人に対して使っても良い敬語なのかどうか疑問に感じていることがあります。

もし、疑問に感じたまま他の人と会話をしているのであれば、自信を持って会話することができなくなってしまいますし、場合によっては、自分と会話をしている相手の人が、自分の言葉遣いによって不快な気持ちを抱いてしまう可能性があります。

そのような事態を避けるためにも「どうしましたか」の敬語表現に精通することは重要なことと言えるでしょう。

では、これから「どうしましたか」をどのような敬語表現で言い換えることができるのか詳しく紹介します。大人として知っておきたい貴重な情報を見つけることができるはずです。

いかがなされましたか


「どうしましたか」という言葉をどのような敬語で言い換えることができるのでしょうか。1つの選択肢は「いかがなされましたか」と言う敬語表現になります。

この敬語表現を使うことによって「どうしましたか」と全く同じ意味を伝えることが可能になっています。

それでも「どうしましたか」という敬語表現で使われている「しました」という後半部分の表現が工夫されていることに気づくことができるのではないでしょうか。

「しました」とされていた部分が「なされましたか」というフレーズに変えられていることに気づくことができます。

このようにすることによって「どうしましたか」よりも良い印象を相手に伝えることが可能になっています。

実用的な敬語表現になりますので「いかがなされましたか」というフレーズを普段の会話の中で使うことができるようになりたいと感じるのではないでしょうか。

「どうしましたか」の敬語での使い方とは?

「どうしましたか」という敬語を自分の会話の中に取り入れたいのであれば、いくつかの敬語表現について学ぶ必要があるでしょう。

1つの敬語表現にしかせずしていないのであれば、同じフレーズを何回も繰り返して使わなければなりません。

しかし、いくつかの異なった敬語表現を理解することによって、いろんな状況の中で「どうしましたか」を言い換えた敬語表現を自分の会話の中に取り入れることが可能になります。

それでは「どうしましたか」の敬語表現についてもっと深く理解しましょう。

「どうしましたか」の敬語の種類とは?

ある人たちは敬語には1つの種類しかないと考えています。しかし、実際には敬語の種類はいくつかありますので「どうしましたか」という1つの意味であったとしても、他の敬語表現で言い換えることが可能です。

では、どのようにして「どうしましたか」を他の敬語を使った表現で言い換えることができるのでしょうか。具体的な例文を紹介します。

「どうかいたしましたか」

例えば「どうしましたか」を「どうかいたしましたか」という敬語を使った表現で言い換えることが可能になります。

例えば、 あなたが誰かと会話をしているとします。そして、その人はあなたの置かれている状況について知りたいと感じています。

どのような時に「どうしましたか」と「どうかいたしましたか」のそちらの敬語表現で質問されたいと感じますか。

おそらく、ほとんどの人は「どうかいたしましたか」と言う敬語を使われた質問を選ぶのではないでしょうか。

なぜなら、この表現によって「どうしましたか」よりも深い敬意が表現されていることになるからです。

「いたしましたか」で違いが出ている

では、なぜ「いたしましたか」は「どうしましたか」よりも敬意が現れていると言えるのでしょうか。

簡単に言うのであれば「いたしましたか」という語尾が使われているからです。単純に「致す」は「する」という言葉の謙譲語なので「どうしましたか」というフレーズよりも敬意が込められていることになります。

どちらのフレーズであったとしても敬語であることに違いはありませんが、表現されている敬意の深さに違いがあることを理解する必要があるでしょう。

この違いを理解することができなければ、この2つのフレーズを使いこなすことが難しくなってしまいます。

使い方について

「どうしましたか」や敬意表現をどのようにして使うことができるのでしょうか。具体的な使い方を調べることによって、自分の会話の中で使うことのできるフレーズに関するアイデアを持つことができるでしょう。

では、これから「どうしましたか」の敬語表現の使い方について詳しく紹介します。実用的な情報を見つけることができるはずです。

質問で使う

「どうしましたか」という言葉や、敬語表現でもある「いかがなされましたか」というフレーズであったとしても、相手の状態を知りたいと感じた時に使うことができる質問です。

具体的な状況を考えてみましょう。例えば、普段あまり会話することのない職場の同僚が突然あなたに近づいてきたとします。

そのため、明らかに何かの用事があるということを気づけるのではないでしょうか。しかし、何のために相手が自分に近づいたかを知るためには、質問をしなければなりません。

そのような時に活躍してくれるのが「どうしましたか」や敬語表現である「いかがなされましたか」というフレーズになります。

相手の状態を直接的に聞きたいと感じた時に、これらの敬語表現を用いた質問を使うことができるでしょう。

メールでの使い方とは?

メールの中でも「どうしましたか」や敬語表現を使うことは可能です。しかし、場合によってはメールの中で使われる文章は、普段の会話の中で使われる文章とは異なってくることがありますので、言葉遣いに十分注意する必要があります。

では「どうしましたか」と同じ意味をメールで使いたい時には、どのような敬語表現を使うことができるのでしょうか。

「いかがいたしますか」も

例えば「いかがいたしますか」というフレーズをメールの中で使うこともできます。「どうしましたか」というフレーズでもいいのではないかと考える人もいますが、メールの中の文章でこの表現を使うと、強すぎるイメージを相手に伝えてしまう可能性があります。

そのため、特に目上の人に対してメールをしているのであれば「どうしましたか」というフレーズではなくて「いかがいたしますか」と言う敬語表現を使うようにしましょう。

メールを送られている人からしても「いかがいたしますか」と言う敬語表現によって不快に感じることはないはずです。

すぐに、 どのようにすれば良いのか、返信をしてくれるはずです。

ビジネスでの使い方とは?

Latests