Search

検索したいワードを入力してください

敬語「教えていただく」の意味とは?使い方・例文・注意点を解説

更新日:2023年10月06日

「教えていただく」という敬語を使う場合の注意点をご存知でしょうか。本記事では、「教えていただく」の敬語としての使い方、類語・言い換え表現についてご紹介します。「教えていただく」という敬語について知りたい方は是非この記事をチェックしてみてください。

「教えていただくはどんな意味で使えるの?」
「教えていただくは敬語として使える?」
「ビジネスシーンで教えていただくを使いたいけど、どう使えばいいの?」
このように、「教えていただく」の敬語の意味には沢山の不安や疑問があるのではないでしょうか。

本記事では、「教えていただく」の意味や「教えていただく」の敬語での使い方と例文について紹介しています。先輩や目上の人に使うときの注意点も把握しておきましょう。

この記事を読むことで、「教えていただく」の意味を知ることができるでしょう。また、「教えていただく」の類語や言い換え表現についても理解を深めることができます。

「教えていただく」の意味や使い方を知りたい方は、是非この記事を読んでみてください。

「教えていただく」の意味

敬語「教えていただく」の意味とは?使い方・例文・注意点を解説

人が生きていくうえで「教えていただく」という言葉の意味は非常に大切なことです。この「教えていただく」を細かく分析していくと、意外に多くの意味や使い方の違いがあることに気付きます。

「教えていただく」というのは、自分が知らないことを誰かに学ぶという意味で、例えば勉強を学ぶ場である学校で「先生に教えていただく」という使い方の意味となります。この「教えていただく」という言葉の表現は敬語での使い方のひとつで謙譲表現にあたります。また、「いただく」とはお願いするといった意味がありますので「ください」に置き換えて使用することもできます。

同じ敬語でも「教えていただく」と「教えてください」の使い分けは、自分と教えてもらう相手との関係性によって変わってきます。

「教えていただく」の敬語での使い方・例文

実際に敬語として「教えていただく」を使う場合はどうすればいいのでしょう。敬語というのは失礼のないように目上や年上の立場にある人に使うものですので、間違った使い方をしないように充分気を付けなければなりません。

また、日本語というものは同じ意味を持つ言葉も複数あったり、その場面や相手の立場によっても使い分けをする必要があったりと、非常に複雑で奥深い言語です。ここでは「教えていただく」を敬語として使用する場面や、その種類についてご紹介しましょう。

「教えていただく」という言葉ひとつでも、敬語としての種類や使い方がいくつもあり、さまざまな場面においての使い分けが、直接自分の印象や評価に繋がることもあります。

先輩に使う場合

業務内容に不明点があったときなどは、先輩に「この業務について、詳細を教えていただけないでしょうか。」といった使い方をしましょう。

「教えていただけませんか」「教えていただけないでしょうか」の言い回しは、相手に対して丁寧に聞こえます。単に「教えてください」というよりビジネスよりに感じられるでしょう。

ビジネスで使う場合

ビジネスでは取引の相手に、どれだけ良い印象をあたえることができるかが大切であり、勝負の分かれ目となるケースもあります。そのためには相手に「教えていただく」という謙虚な姿勢と常識ある敬語を、柔軟に使い分ける必要があります。

例えば、電話がかかってきたときに担当者が不在だった場合など伝言を預かることもあるでしょう。そのようなときに、「もう一度御社名とお名前お教えていだだけますでしょうか」などの言い方で相手の名前を間違いなく聞き取ることが大切です。

まずは、自分と相手の関係、教えていただきたい内容、教えていただく場面といったことを考慮し、そこに適した敬語をチョイスしましょう。

「教えていただく」という敬語を使う場合の注意点

「教えていただく」という敬語を使う場合の注意点について紹介します。

正しい使い方をマスターして、ビジネスシーンで役立てましょう。

口語とメールでは使い分けて使用する

「教えていただく」は口語とメールで使う文語で使い分けて使用しましょう。

口語では「教えていただけませんか」「教えていただけないでしょうか」などの表現をそのまま使って問題ありません。

しかし、メールなどの文語として使う場合はもう少し堅い表現のほうがしっくり来ることがあります。例えば、「ご教授願います」や「ご指導いただけないでしょうか」などの表現で言い換えて使うと良いでしょう。

目上の人に使う場合は注意が必要

次のページ:「教えていただく」の類語・言い換え表現

初回公開日:2018年02月18日

記載されている内容は2022年11月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests