Search

検索したいワードを入力してください

「分かる」の敬語表現|使い方・例文・注意点・謙譲表現を解説

更新日:2022年11月14日

「分かる」は日常でよく使う言葉ですが、敬語表現を使いこなしている人は少ないのではないでしょうか。この記事では「分かる」の敬語表現について詳しく解説していきます。あなたもこの記事を読んで、「分かる」の敬語表現を習得し、ワンランク上のビジネスマンになってください。

「「分かる」の敬語表現ってどんなものがあるの?」
「「分かる」の敬語表現の使い方・例文とは?」
「「分かる」と「解る」「判る」を使い分け方を知りたい」
「分かる」の敬語表現について上記のような疑問を持っているのではないでしょうか?

また敬語表現についてピンとくる人は案外少ないのではないでしょうか。「そもそも分かるの敬語表現ってなんだろう」と思う方も多いかもしれません。

この記事では、「分かる」の敬語表現とその使い方、注意点、謙譲表現などについて詳しく解説していきます。

これを読めばあなたも「分かる」の敬語表現について理解でき、その使い方をビジネスシーンに役立てることができるでしょう。ぜひ最後までご覧ください。

「分かる」の敬語表現

「分かる」の敬語表現|使い方・例文・注意点・謙譲表現を解説

「分かる」はどの年代でも使う言葉ですので、必然的に敬語を使う場面も多いです。

しかし、敬語表現を意識せずに使っているという方が多いのではないでしょうか。

また、「分かる」の敬語表現だと知らずに、普段から使っていることもあるかもしれません。

ここからは、「分かる」の敬語表現を、尊敬語、謙譲語、丁寧語の順に紹介します。

尊敬語では「お分かりになる」

「分かる」を尊敬語であらわすと「お分かりになる」になります。

尊敬語は相手をもちあげて敬意を示す表現です。ここでは「お~になる」という敬語表現を用いることで、相手に対する尊敬の気持ちをあらわしています。

「この機械の使い方はお分かりになりますか。」のように、相手に尋ねる場合に使うことが多い敬語表現です。特に接客業の場合は頻繁に使われますので、覚えておくといいでしょう。

謙譲語では「かしこまりました」

「分かる」の謙譲語は「かしこまりました」になります。

謙譲語は自分をへりくだって敬意を示す表現になります。

「かしこまりました」はもともと「おそれつつしむ」という意味の「畏まる」が派生して、「つつしんで承諾する」という意味の「かしこまりました」として使うようになりました。

「かしこまりました、すぐに対処いたします」のように、後ろに理解した内容を具体的に伝えることで、より相手に丁寧に伝えることができます。

「かしこまりました」は日常でもビジネスシーンでもよく使う表現ですので、覚えておきましょう。

丁寧語では「分かりました」

「分かる」の丁寧語は「分かります」になります。

丁寧語は、堅苦しくなり過ぎない敬語表現を使いたい場合に使用することが多いです。

この場合は「分かる」に助動詞の「です・ます」をつけることで相手に敬意を示しています。

場面に応じて尊敬語や謙譲語と使い分けできるのが理想です。

「分かる」の敬語表現の使い方・例文

ここまで「分かる」の敬語表現について学んできました。

ここからは、例文を交えながら「分かる」の敬語表現の使い方について解説していきます。

場面ごとに紹介しますので、みなさんも自分でイメージしながら理解を深めてください。

目上の人に用いる場合

上司や取引先などの目上の方に「分かる」を使う場合には、相手に敬意がしっかりと伝わるようにしましょう。

「分かりました」では尊敬の意味が込められておらず、かなりカジュアルな表現になってしまいます。目上の人に使うのであれば、「承知しました」を使うようにしましょう。

例えば目上の人からスケジュール調整を頼まれた場合には、「承知しました。スケジュールを調整しておきます。」と返すことで、内容について理解していることを伝えることができます。

より丁寧に伝えたい場合は、「かしこまりました」を使うとよいでしょう。

次のページ:「分かる」の敬語表現での注意点

初回公開日:2018年03月29日

記載されている内容は2022年11月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests