Search

検索したいワードを入力してください

褒められた時の返し方の敬語・間違えやすい言葉・おすすめ返し方

初回公開日:2018年05月30日

更新日:2020年05月22日

記載されている内容は2018年05月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

みなさんは人から褒められた時の返し方はどのような返し方をしますか。相手が上司や目上の人だった場合は敬語で返さなければなりません。褒められた時の返し方でおすすめの返し方や、仕事でも使える正しい敬語での返し方を紹介していきます。

data-max-num-ads=8 data-matched-content-rows-num="2" data-matched-content-columns-num="4" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

褒められた時に謙遜しすぎると

人から褒められた時、みなさんはどんな反応をしますか。照れてしまう人、「ありがとう」と受け入れる人、謙遜してしまう人。色々な褒められた時の返し方がありますが、日本人で多いのは最後の謙遜する人でしょう。どうしても照れや恥じらいからせっかく褒められても「そんなことないです。」などと否定してしまった経験がある人も多いでしょう。

しかしあまり謙遜しすぎるとどんなことになってしまうのでしょうか。褒めてくれた人はせっかくあなたのことをよく見てくれて褒めてくれたのにそれを謙遜しすぎると相手はどんな気持ちがするでしょうか。いくつかのシーン別にみていきます。

ビジネスシーンにおいて

仕事で成果や成功を収めた時、上司や目上の人に褒めてもらうということは喜ばしいことです。しかし、褒められた時の返し方で謙遜のあまり「そんなことはないです。」「たまたまです。」などという言葉を使ってしまうと褒めてくれた上司の顔を潰してしまうことになりかねません。

自分を否定することは、育ててくれている上司までもを否定しかねないので注意しましょう。

対人関係において

仕事以外でも褒められる機会はあります。友達や恋人、家族など身近な人に褒められる機会は多いのではないでしょうか。より親密な関係を築きたいと思うからこそ褒めてくれているのに、褒められた時の返し方で「そんなことないよ。」と言われてしまうと拒絶されるような気分になります。せっかくより良い関係が築ける可能性があるのにもったいないです。

褒められた時の返し方の敬語

せっかく褒めてもらっているのに「そんなことないです」と返してしまうと、褒め言葉を否定し相手に失礼な場合もあります。では、褒められた時の返し方で上手な返し方にはどんなものがあるのでしょうか。また敬語で返す褒められた時の返し方のおすすめの言い方にはどんなものがあるのか紹介していきます。

ビジネスシーンでの褒められたときの返し方

褒められるということはみなさん嬉しいことですが、特にビジネスシーンで上司や先輩から褒められるととても嬉しいですし、モチベーションが上がります。ビジネスで成功している人はきっとたくさん褒められる機会が多いはずです。仕事ができる人は敬語を適切に使い、褒められた時の返し方が上手い人でもあります。

「〇〇さんのおかげです。」「〇〇さんが分かりやすく教えてくれたからです。」などの言葉を加えた褒められた時の返し方は褒めた人もいい気分になりますしなりますし、また良い所を見つけてほめてあげたいという気持ちにもさせます。お互いに気分が良く、これからの関係性も円滑に保てるきっかけにもなります。

お褒めいただきありがとうございます

褒められた時の返し方の敬語で一番オーソドックスな返し方が「お褒めいただきありがとうございます。」という言い方の敬語です。褒められた時の返し方で使っている人も多いでしょう。

褒めるという言葉を丁寧にして「お褒め」という言葉にして、「もらう」という言葉を謙譲語にして「いただき」という言葉にした「お褒めいただきありがとうございます」です。褒めてくれた相手に尊敬の念を示しながら、自分はへりくだりながらきちんと返せている見本のような敬語のフレーズです。

似たような言い方の褒められた時の返し方の敬語に「お褒めいただき恐縮です。」という言い方がありますが、こちらのほうがより謙遜した言い方です。上司や目上の方に褒めてもらった時の返し方はこちらのほうがスマートで印象が良い敬語です。

もったいないお言葉です

褒められた時の返し方の敬語でよく使われているものに「もったいないお言葉です。」というのがあります。謙遜しつつも褒めてくれた人への敬意も表しているおすすめの褒められた時の返し方です。

相手に好印象を与える褒められた時の返し方の敬語

せっかく自分のことを認めて褒めてくれた人なので、できれば良い関係を築きたいです。そこで褒められたときの返し方でおすすめなのが、「ありがとうございます。」に付け加えて「〇〇さんに褒めていただけるなんてとても光栄です。」と相手のことを持ち上げる一言を加えることです。

褒められた時の返し方で間違えやすい敬語

日本独特の文化である敬語ですが、褒められた時の返し方での敬語でも正しい敬語と間違った敬語があります。間違った敬語にはどんなものが知って、褒められた時の返し方の敬語を正しく使ってください。

褒めてもらって

褒められた時の返し方で間違えやすい敬語の一つに「褒めてもらって」という言い方があります。日本語として間違ってはいないのですが、「ほめてもらって」という褒められた時の返し方は丁寧な言い方ではありますが実は敬語ではありません。敬語で表現するのであれば「褒めていただいて」という言い方が正しい敬語です。

褒められた時の返し方でおすすめの褒め返し

褒められた時の返し方をどうしたらよいのか困ってしまった経験をしたことがある人も多いでしょう。咄嗟に褒められた時などは特に困ってしまいます。そんな時、褒めた人も褒められた人も気持ちの良くなるようなおすすめの返し方を紹介します。

前述したように、謙遜しすぎて「私なんて」と卑屈になりすぎてしまうとせっかく褒めてくれた人も気分が悪くなってしまいます。かと言って「褒めてもらって当たり前」というのも反感を買ってしまいます。

ではどんな返し方がいいのかと言うと、褒められたことを素直に喜び、そこに感謝の気持ちも付け加えるのがおすすめです。

メールで褒められた時の返し方の敬語

普段の生活や仕事でもメールでのやりとりが多い現代ですが、メールで褒められた時の返し方の敬語はどのようにしたらよいのでしょうか。メールは顔の見えないやりとりなので、少し言い方が違うだけでも相手に与える印象が変わってしまうこともあります。褒められた後の対応はどのようにしたらよいのかみていきます。

褒められた後の対応をいい加減にすることは印象が良くありませんので、すぐに返信をするようにしましょう。具体的にはどんな文章を送るのがよいのでしょうか。

まずはお褒めのメールをもらったことにお礼を言います。そして今回の成功などは○○さんのおかげです。とメールをくれた方の力添えに感謝するととても印象が良いです。最後にこれからもご指導をお願いします。と締めくくれば、これからの関係もスムーズに築いていけます。

異性から褒められた時

異性から褒められたとき、心の中ではとても喜んでいるのに上手く返すことができなかった。なんてことみなさん経験があるのではないでしょうか。異性に褒められることは嬉しいことですが、照れや恥じらいから謙遜する人が多いでしょう。では、異性から褒められた時にどのような返し方をすると印象がよいのでしょうか。

謙遜しつつも嬉しいという気持ちを素直に表現する。あなたに褒めてもらえて嬉しいという気持ちを表現するのがポイントです。

異性から褒められた時のおすすめの返し方

では異性に褒められた時の返し方は、どんな返し方がよいのか具体的な言い方をみていきます。普段、異性から褒められる機会がないという人も多いのではないでしょうか。いざ褒められたら、どうしていいか分からなくなります。しかし褒めてくれたということは、少なからずあなたに好意があるということなのでお礼は必ず言いましょう。

「褒められると恥ずかしいけれど、○○さんに褒めてもらえて嬉しいです。」と笑顔を添えて言えると好印象間違いなしです。

褒められた時の返し方のポイント

褒められた時の返し方を紹介してきましたがいかがだったでしょうか。敬語で返す場合、間違った敬語があることも知らなかった人も多いのではないでしょうか。

褒めるという行為は、褒める相手を良く見ていなければできません。そんな行為を受けた時にどう返したらよいのか迷います。褒められた時の返し方でまず一番大切なのは、褒めてもらって嬉しいという感謝の気持ちを表現することです。笑顔で感謝の気持ちを伝えられるとなお良いです。

そして褒めてくれた人のおかげであるということを付け加えると褒めた人も気持ちがよいです。上司や目上の人の場合は正しい敬語で伝えるようにしましょう。

Latests