Search

検索したいワードを入力してください

FXで1万ドルを投資すると利益はどれくらいか?円に換算して解説

更新日:2022年07月28日

FXは少額から取引できることをご存じでしょうか。本記事では、どれくらいの資金からFXを始められるか、またメリットやデメリットについても紹介しています。FXをあまり知らないけれど始めてみたいと思っている方はぜひ記事を読んでみてください。

「FXって少額でもできるの?大きな資金が必要なのでは?」
「FXでどうやって利益が得られるのだろう。しくみが知りたい」
「投資って自分には難しそうだし、損するのが怖い」
FXが気になるけれど、疑問が多くあったり、投資は敷居が高いと感じたりしている方も多いのではないでしょうか。

本記事では、FXを始めるにはどれくらいの資金が必要なのか、また利益はどれくらい得られるのかを説明しています。少額で取引する場合のメリットやデメリットも紹介しています。

この記事を読むことで、FX取引をするために必要な資金がわかり、慣れていない方でも安心して取引を始めることができます。

FX取引を始めてみたい方は、ぜひこの記事をチェックしてみてください。

なお、本記事で紹介する内容はFXでの利益確保を保証するものではなりません。FXはご自身の判断と責任において行ってください。

1万ドルを投資するならビットコインとFX、どちらがいいの?

1万ドルがあれば、ビットコインを購入することやFX取引などさまざまな投資が可能です。

FXとは2つの異なる通貨を交換してその差益を得るものです。米ドルや日本円などのメジャー通貨やマイナー通貨でも取引することができます。

ビットコインなどの仮想通貨でもFX取引ができますが、仮想通貨は値動きが激しいため初心者にとっては難易度が高いでしょう。

ビットコインとFXはどちらが投資に良いかは一概にはいえないので、リスクを考慮しながら自分に合う方法を見つけることが必要です。

現在FXで1万ドルを投資するとどれくらいの利益が出るのか?

FXで米ドルを日本円で取引する場合を考えてみましょう。

レートが1ドル100円とした場合、1万ドルを買うと価格は100万円です。
レートが1円上昇し、1ドル101円になったら売るとします。1万ドルの価格は101万円になりました。

100万円で買い、101万円で売ると、その差額1万円が利益となります。レートに1円の変動があると1万円の差益です。

逆に1ドルが99円に下がった時に売ると、100万円で購入したドルを99万円で売ることになり、1万円の損失になります。

1万ドルは日本円にすると現在いくらか?

為替レートは常に変動しているものです。日本銀行のほか、各証券会社のwebサイト等でも現在のレートを確認することができます。7月22日現在で1ドルは約138.42円です。(2022年7月22日9時の時点)

現在の価格で1万ドルは、日本円に換算すると約138万4200円ということになります。

1万ドルではなく1万円でFXを始める手順

1万ドルは日本円にして約138万円と高額です。もっと少額でFXを始める方法はあるのでしょうか。

FXとは外国為替証拠金取引といい、証拠金を担保に何倍もの金額を運用することができる取引です。小さい力で大きなものを動かす、てこ(レバレッジ)の原理になぞらえ、レバレッジをかけるといいます。例えば1万円の証拠金で100倍のレバレッジをかけると100万円の運用が可能です。

1万円でFXを始める手順について説明します。

1万円で利用できるFX会社を選ぶ

FX各社では、最低取引単位は多くの場合1000通貨からとなっています。米ドルでいうと1000ドル(1ドル100円の場合、10万円)が最低取引単位です。

国内のFX会社は金融庁の規制によりレバレッジは最大25倍のため、証拠金が1万円あれば25万円分の運用ができます。米ドルの取引が最低10万円(1ドル100円の場合)からなので、レバレッジ25倍の範囲内です。そのため、最低取引単位が1000通貨のFX会社なら1万円から取引することができます。

また、海外のFX会社であれば、最大1000倍のレバレッジという会社もあり、より少額での取引が可能です。

口座を作る

FX取引を始めるには、FX会社に口座を開設します。

各社のwebサイトから口座開設の申し込みをし、案内に沿って本人確認をすれば数日で開設が完了します。一般的に本人確認書類は、運転免許証やマイナンバーカードなどです。

パソコンからはもちろん、スマートフォンからも簡単に本人確認ができ、申し込み当日に取引ができる場合もあります。

次のページ:1万ドルではなく1万円でFXを始めるメリット

初回公開日:2022年07月28日

記載されている内容は2022年07月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests