Search

検索したいワードを入力してください

「光栄です」の意味と使い方|例文・類語・対義語や英語表現も紹介

更新日:2023年11月13日

「光栄です」はどのように使ったらよいのでしょうか。本記事では、「光栄です」の使い方や、注意点などについてわかりやすく紹介しています。ビジネスで敬語を正しく使っていきたい人や、自分の語彙力を高めたい人はぜひ本記事を読んでみてください。

「光栄ですって日常会話で使える?」
「仰々しすぎるように思えるけど、ビジネスでも使えるの?」
「光栄って、うれしいって意味で大丈夫?」
このような悩みを抱いている人もいるのではないでしょうか。

この記事を読むことで、「光栄です」の正しい使い方を理解し、使いこなすことができるようになるでしょう。また、類語などとの相違点や使い分けの方法知ることにより、語彙力も高まっていきます。

「光栄です」の意味と読み方

「光栄」の読み方は「こうえい」と読みます。「名誉・誇りに思う」という意味です。そこから、ほめられたときにうれしく思う気持ちや、賞賛に対して感謝の気持ちを表す言葉となっています。

単純な感謝だけの意味ではなく、敬意のニュアンスを含んでいることを覚えておきましょう。

「光栄です」の使い方

「光栄です」は感謝の気持ちを表現する言葉です。そのため、使う場面は行動などをほめられた時がほとんどになってきます。口頭に限らず、手紙やメールでも使うことができる敬語で目上の人に対しても使います。

「光栄です」は日常的に使う言葉ではないので、使い方を間違いやすい言葉でもあります。

それぞれの場面ごとに使い方を見ていきましょう。

目上の人に感謝の意を示す時

目上の人に褒められた時に、ほめられたことに感謝するよりも「ほめてくれたこと自体」に感謝を表現したい時があるでしょう。そんな時には「光栄です」が使えます。

ほめてもらったことに対して感謝を示すことによって、相手への敬意も表すことができるのです。「光栄です」には尊敬と感謝の意味が含まれているので、このような使い方ができます。

目上の人に尊敬の念を表す時

「光栄です」は、目上の人に対して尊敬の念を表すこともできます。この場合は、「お会いできて光栄です」のように使います。

初めて出会う他社の部長や社長には積極的に使っていくとよいでしょう。会ってくれたこと自体に感謝を示し、そこから転じて敬意を表す言葉となるのです。

目上の人に喜びを伝える時や喜びを強調したい時

特にうれしさや感謝の念を強調したい時には、「大変光栄です」や「至極光栄です」のように、より強調できる表現にしていきましょう。

重要な仕事を任されたり、とても尊敬している人に会えた時などは積極的に使っていきたいものです。ただし、あまり大げさに言ってばかりだと効果は薄れてしまいます。要所要所で使っていくようにしましょう。

「光栄です」を使った例文

「光栄です」を使う場面を理解できたのならば、今度は例文を確認していきましょう。

使い方を理解できても、実際に使うとなると戸惑ってしまうものです。よって、例文を押さえて、使う際にテンプレートとして活用しましょう。

お会いできて光栄です

何が起こったから光栄だと思ったのかを伝えることによって、感謝と尊敬の念を伝えましょう。「お会いできて光栄です」はそんな場合にぴったりです。

「光栄です」の前後は敬語にしておくことも忘れないようにしましょう。

次のページ:「光栄です」の類語・言い換え表現

初回公開日:2017年07月26日

記載されている内容は2022年12月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests