Search

検索したいワードを入力してください

「なので」の言い換え|履歴書/面接/メール/レポート/小論文

初回公開日:2017年11月16日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2017年11月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

普段の生活の中で何気なく使っている接続詞の「なので」という表現ですが、シチュエーションに合わせて丁寧な言葉に言い換えることによって、相手の自分に対する印象をガラッと変えることが出来ます。いくつかの状況を考慮してみましょう。

「なので」の敬語での言い換え

日頃無意識に「なので」という言葉を使っている読者の方も多いと思いますが、この言葉、どういうシチュエーションでどういうニュアンスで使うのが正しいでしょうか。

なのでという言葉を辞書で引いてみると、「…であるので、ので」と定義され、普段の会話の中では接続詞として用いられます。でも、これ、敬語ではありません。敬語に言い換えるとすると、「ですから」または「ですので」となります。

では、どのような時に「なので」と「ですので」言い換えて上手に使い分けることが出来るでしょうか。様々なシチュエーションを想定して、見てみることにしましょう。

ですので

目上の人や、相手に敬意を示した話し方をする場合は基本的に敬語で話します。そのような時に「なので」の丁寧語である「ですので」を使って会話することは大切でしょう。

先ほども述べたように「なので」は普通、接続詞として用いられます。例を考えましょう。「昨日から風邪を引いていてまだ熱があります。なので、仕事を休みます。」というとします。この場合、きっと話している相手は会社の上司です。

上司に向かって話す場合、相手は自分より立場の上の人ですので、言葉を言い換えて敬意をもって話すと「昨日から風邪をひいていてまだ熱があります。ですので、仕事を休ませていただきます。」となるでしょう。

「なので」から「ですので」と言い換えることによって、相手に対して丁寧に話している印象になります。

ですから

「ですので」と似た表現に「ですから」という表現があります。どちらも似たような表現ですが、少し違いがあります。

「ですので」という言葉は、一般的に口語表現です。一方の「ですから」という言い方は「ですので」と非常によく似た表現ですが「それゆえ」「そのため」「そういうわけで」という言葉と類似した表現であり、書き言葉によく用いられるでしょう。

もちろん「ですので」をメールや手紙に用いることも可能ですが、文章を読んだ時にきちんとした文章という印象をつけるには、場合によっては「ですから」と言い換えるのが良いでしょう。シチュエーションに応じて適切に言い換えましょう。

面接で使える「なので」の言い換え

就職やアルバイト先での面接でよく聞かれる質問に「あなたが我が社を選んだ理由は何ですか?」というものがあります。一般的な質問ですが、よく考えて答えないとその後の採用を左右する大事な質問です。

普通、理由を述べた後に「…なので、御社を希望しました」と続くのが一般的な言い回しになると思いますが、ここでは丁寧語の「ですので」と言い換えて使うのが得策といえます。相手は、自分が働きたいと思っている先の上司、先輩方です。丁寧な言葉をはじめから最後まで使って、社会人としてマナーをしっかりもっていることを示しましょう。

履歴書で使える「なので」の言い換え

履歴書は、面接前に相手方に良い印象を与えるための最重要書類です。ここで言葉遣いを間違ってしまうと、面接まで行けない可能性もあるほどですから、きちんとした言葉づかいで書類を作成したいでしょう。

先ほども触れましたが、「なので」は基本話し言葉になります。ということは、書類に書くのにはふさわしくないでしょう。ふさわしい丁寧な書き言葉に言い換える必要があります。

この場合、言い換えるとしたら「ですから」「そのため」「したがって」など、書き言葉としてもしっかり「なので」のニュアンスを含んだ言葉を選ぶことができます。少し堅苦し印象の言葉になりますが、話し言葉を間違って書くよりは相手によい印象を与えることができます。

メールで使える「なので」の言い換え

メールでは「なので」を使えるでしょうか。実際「なので」を使うかその他の丁寧な言葉に言い換えるかはメールを送る相手にもよります。

同僚や部下にメールを宛てるとしたら「なので」を使ってもさほど問題ないでしょう。しかし、メールの送り先が取引先や会社の先輩など普段から敬語で話す相手の場合は丁寧な言葉に言い換えて送る方がよいでしょう。

前述した「ですから」は、あまり堅苦しくなく広範囲に使える丁寧な言葉なので、要件をサラッとなおかつ丁寧に伝えたい場合に使いましょう。

接続詞「なので」の言い換え

普段の会話の中であまり気にせず使っている「なので」という表現ですが、接続詞として大事な役割を果たしています。ただ、実際の会話で「なので」と使うと若干堅苦しい感じがします。

話している相手にもよりますが、そこまで丁寧に話さなくても問題ない相手の場合、「なので」よりももう少し軽い感じの表現に言い換えることができるでしょう。どのような言葉に置き換えられるか見てみましょう。

だから

友人や会社の同僚と話している場合、「なので」のかわりに「だから」と言い換えて使うことが多いでしょう。「だから」の丁寧な表現は「ですから」になりますが、辞書では「前に言った事柄が、後から言う事柄の原因・理由になる意を表す」となっているため、一般的には「なので」と同じように前に述べたことを補強する仕方で用いる接続語の一つとして用いることができます。

普段の会話であまり接続詞に気を付けてしゃべることはないかもしれませんが、親しき中にも礼儀あり。この「だから」を強く言うと相手に自分の意見を押し付けているようにも取られかねませんので、語調に気を付けて使うようにしましょう。

それで

「なので」や「だから」と同じように用いることができる接続詞として「それで」という表現があります。これは、前の話を受けて、次の話をうながす語として用いられるので、会話の流れによってそれぞれを言い換えることができます。

この「それで」という言葉は、話の内容を切り替えたり、相手から言われた言葉に対して確認や質問をしたい時に用いることもできますが、これも語調に気を付けて使いましょう。相手が目上の人である場合には、ほかの丁寧な言葉に言い換えて話す方が賢明といえます。

レポートで使える「なので」の言い換え

レポートや論文を書く際にも接続詞は多用されます。前に述べたことを補強したり、読者を納得させたり説得するために「なので」という言葉を使うと効果があるでしょう。

しかし、レポートも書き言葉の丁寧な言葉に置き換えるのが賢明です。「それゆえ」「ですから」と、言葉を言い換えて使えば、相手をさらに納得させることができること間違いなしです。この場合、丁寧語ですが「ですので」は使いません。「ですので」は話し言葉ですから、レポートや論文といった文書に用いることはふさわしくありません。覚えておきましょう。

作文・文章・小論文で使える「なので」の言い換え

作文、文章、小論文でも「なので」は使いません。「ですから」に言い換えて文章を作成しましょう。

例外として、文章の中に話し言葉が出てくる場合、「なので」を用いても差し支えない場合があります。その発言をした相手が一体誰に向かって言っているのか、それが敬語の発言なのか普段のラフな話の中での一コマなのか、シチュエーションによっては文章の中の話し言葉に「なので」を用いることは問題ないでしょう。

しかし、作文や小論文も書き言葉で作成すべき文書なので、「ですから」や「したがって」と言った、読んでいて違和感のない表現に言い換えて書くことが基本となります。

自分が誰に向かって話しているかが肝心

話し言葉にしても書き言葉にしても、自分を主体にして誰に対してメッセージを送っているのかで使う言葉は大きく変わってきます。今回は「なので」という言葉をメインに取り上げましたが、相手に対する話し方で自分の印象は大きく変わってしまいます。

「なので」を丁寧な言葉に言い換えて話せば、印象がぐっと良くなりますし、相手に対してマナーの行き届いた大人のイメージを持ってもらうことも可能です。自分の置かれている状況をよく考えて、ふさわしい表現方法に言い換えて、かっこいい大人を目指しましょう。

Latests