Search

検索したいワードを入力してください

「なので」の意味や言い換え表現|使い方・例文もあわせて紹介

更新日:2023年10月10日

「なので」という言葉を正しい場面で使用できているか、不安になることはないでしょうか。本記事では、「なので」の意味や、使い方、言い換え表現、英語表現などを紹介していきます。場面に合わせて「なので」を丁寧な言葉に言い換えられるようになっておきましょう。

「なので、という言葉の言い換え表現はどんなものがあるの?」
「そもそも、なので、の意味って?」
「なので、と言う際に気を付けることは?」
このように、「なので」という言葉について、疑問を持っている方も多いのではないでしょうか。

「なので」という言葉は、普段の日常会話でも耳にすることもあります。しかし、この言葉をオフィシャルな場面で、敬語として使っていいのか、言葉の意味をきちんと理解できていないと迷うこともあるのではないでしょうか。

本記事では、「なので」の意味や、言い換え表現、使い方、英語表現などを紹介していきます。

この記事を読むことで「なので」という言葉の使い方が分かり、使っていい場面とそうでない場面も理解できるでしょう。「なので」という言葉の使い方に自信がない方は、ぜひ参考にしてみてください。

「なので」の意味

「なので」の意味や言い換え表現|使い方・例文もあわせて紹介

「なので」の意味は、通常考えられる因果関係で文や句を繋ぐ際に使う言葉です。「だから」「そのため」のように順接の接続詞のように用いられます。

話が長くなる際に「一つの表現を連続して使わないように、「だから」と「なので」を交えて会話で取り入れられることも多いでしょう。

「なので」の敬語への言い換え表現

日頃無意識に「なので」という言葉を使っている方も多いと思いますが、この言葉、どういうシチュエーションでどういったニュアンスで使うのが正しいでしょうか。

「なので」という言葉は「…であるので、ので」と定義され、普段の会話の中では接続詞として用いられます。でも、これ、敬語ではありません。敬語に言い換えるとすると、「ですから」または「ですので」となります。

では、どのような時に「なので」を「ですので」と言い換えて上手に使い分けることができるでしょうか。様々なシチュエーションを想定して、見てみることにしましょう。

「ですから」

目上の人や、相手に敬意を示した話し方をする場合は基本的に敬語で話します。そのような時に「なので」の丁寧語である「ですので」を使って会話することは大切でしょう。

先ほども述べたように「なので」は普通、接続詞として用いられます。例を考えましょう。「昨日から風邪を引いていてまだ熱があります。なので、仕事を休みます。」というとします。この場合、きっと話している相手は会社の上司です。

上司に向かって話す場合、相手は自分より立場の上の人ですので、言葉を言い換えて敬意をもって話すと「昨日から風邪をひいていてまだ熱があります。ですので、仕事を休ませていただきます。」となるでしょう。

「なので」から「ですので」と言い換えることによって、相手に対して丁寧に話している印象になります。

「ですので」

「ですので」と似た表現に「ですから」という表現があります。どちらも似たような表現ですが、少し違いがあります。

「ですので」という言葉は、一般的に口語表現です。一方の「ですから」という言い方は「ですので」と非常によく似た表現ですが「それゆえ」「そのため」「そういうわけで」という言葉と類似した表現であり、書き言葉によく用いられるでしょう。

もちろん「ですので」をメールや手紙に用いることも可能ですが、文章を読んだ時にきちんとした文章という印象をつけるには、場合によっては「ですから」と言い換えるのが良いでしょう。シチュエーションに応じて適切に言い換えましょう。

「なので」の言い換え「ですから」「ですので」の使い方・例文

ここでは、「なので」の言い換え「ですから」「ですので」の使い方について、例文を挙げて紹介していきます。どう使うと良いのか、具体的な例文で知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

面接の場合

就職やアルバイト先での面接でよく聞かれる質問に「あなたが我が社を選んだ理由は何ですか?」というものがあります。一般的な質問ですが、よく考えて答えないとその後の採用を左右する大事な質問です。

普通、理由を述べた後に「…なので、御社を希望しました」と続くのが一般的な言い回しになると思いますが、ここでは丁寧語の「ですので」と言い換えて使うのが得策といえます。相手は、自分が働きたいと思っている先の上司、先輩方です。

丁寧な言葉をはじめから最後まで使って、社会人としてマナーをしっかりもっていることを示しましょう。

次のページ:「なので」を使う際に気を付けること

初回公開日:2017年11月16日

記載されている内容は2022年11月17日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests