Search

検索したいワードを入力してください

目的と目標の違いとは?役立つ例文や設定方法などもあわせて解説

更新日:2022年07月27日

「目的」と「目標」の違いとは何でしょうか。この記事では、目的と目標の違いを明確にし、それぞれを設定するメリットを解説しています。併せて紹介する設定方法を利用すると、適切な目標が設定できるようになるでしょう。ぜひ一読して、充実した生活へと役立ててください。

「目的と目標の違いって何?」
「そもそも目的の考え方や目標の立て方がわからない」
「目的や目標があると、どんなメリットがあるの?」
さて、あなたは「目的」と「目標」の違いを説明したり、上手く人生に取り入れて活用したりできていますか。

この記事では、目的と目標の違いについて、それぞれの言葉の意味を再確認し、例文を提示しながら明確に説明しています。併せて紹介するのは、目的と目標を設定するメリットや注意点だけでなく、目標の設定時に役立つ「SMART」などの方法です。この記事を読むことで、より良い目的と目標を考えることが可能になるでしょう。

ぜひ一読して、目的と目標の違いを認識し、より良い人生を送るために活用してください。

目的と目標の違いとは?

「目的」と「目標」という言葉は、字面だけでなく意味も似ているため、その違いがわからない人が意外と多くいます。まずは、2つの言葉の意味を再確認し、それぞれがどのように違うのかを理解しましょう。

目的の意味

インターネット上には、ゴールや最終的に到達する事柄だと目的を説明しているものが多くあります。しかし、それらは目標と言い換えることができてしまい、目的と目標の違いを明確に示せていないのです。

では、目的とは何なのかと言うと、それは願望に繋がります。「生活を豊かにしたい」といった願いは誰しもが持っているでしょう。それを目的にし、叶えるために私たちは目標を立てるのです。

つまり、目的とは「自分が実現したい内容」や、「目標を立てる理由」を指しています。

目標の意味

目的の意味が「実現したい内容」であるのに対し、目標は目的の実現に向けて途中経過となるチェックポイントのようなものです。

例えば、会社内で具体的な数字目標を立てるように言われたとしましょう。この時、会社側には「売上を伸ばしたい」という目的があります。そして、あなたは「今月の売上を50万円上昇させる」などの目標を立てるでしょう。

つまり、目標とは目的を実現させるための到達水準であり、「どれだけ頑張るのか」を決めるものなのです。

目的と目標の例

目的と目標の違いをわかりやすくするために、それぞれについて例文を提示します。使い方や特徴を把握することで理解が深められ、何が目的で何が目標なのか判断できるようになるでしょう。

目的の例文

目的を使った例文として以下の2つを挙げましょう。

・会社で新しい分野に着手するという目的のために、今は努力し続けなければならない。
・今回の研修の目的は、社員のハラスメントに対する意識を高めることだ。

目的という言葉は、目指すものが必ずしも具体的である必要はないです。達成すべき内容が抽象的、もしくは要する時間が長期にわたる場合に、目的という言葉が使われます。

目標の例文

目標を使った例文を2つ、以下に紹介しましょう。

・今月の目標は、支店の営業成績で社内5位以内に入ることです。
・来月までに新規顧客を10人増やすのが目標だ。

目標は、目的を達成するための目印となる役割を持っています。大抵の場合において、具体的な数字などを含んでいるのが目標の特徴です。

目的を設定することのメリット

次のページ:目標を設定することのメリット

初回公開日:2022年07月27日

記載されている内容は2022年07月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests