Search

検索したいワードを入力してください

「有用性」ってどんな意味?使い方や言い換え表現もあわせて紹介

更新日:2022年12月01日

「有用性」にはどんな意味があるのかをご存知でしょうか。本記事では、「有用性」をビジネスシーンで活用できるよう幅広い観点からご紹介します。「有用性」の正しい使い方や似ている表現との違いを知りたい方は是非この記事をチェックしてみてください。

「有用性ってどんな意味なの?」
「有用性の使い方はどんな感じ?」
「有用性に代わって使える類語や言い換え表現はある?」
このように、日常会話で「有用性」という言葉を使い慣れていない方の中には沢山の不安や疑問があるのではないでしょうか。

本記事では、「有用性」が持つ意味やその使い方について紹介しています。また、「有用性」の類語と言い換え表現も合わせて解説していきます。

この記事を読むことで、「有用性」の意味や読み方、医療用語としての「有用性」について知ることができるでしょう。「有用性」の類義語や対義語、英語表現についてもチェックしてください。

「有用性」を普段から活用してみたい方は、是非この記事を読んでみてください。

「有用性」の意味・読み方

「有用性」ってどんな意味?使い方や言い換え表現もあわせて紹介

「有用性」は、何かに対して「役に立つ」「使える」という意味で使う言葉です。実際に使ってみて良かった、などのような意味で使用される事が多いでしょう。

「あの人はうちの部署に有用な人だ」、「この連絡ツールアプリは有用だ」などの使い方があります。

医療用語としての「有用性」の意味

医療用語で「有用性」というのは、有効性と安全性を考えた相対評価とのことを指します。

医療現場では、有効性と安全性の両方を考慮した総合結果を有用性と呼ぶこともあります。

なお、医療における「有用性」という意味は「やれるかどうか」という意味で使われる時もあり、いかに効果的な検査方法でも、現実問題としてそれを実行に移すのはあまりにも負担が生じる場合、「有用性がない」といいます。

「有用性」と似ている言葉との違い

「有用性」と似ている言葉との違いについて紹介します。

似ている言葉との違いを理解しておくと、いざという時に誤用するリスクを避けることができるでしょう。

「実用性」との違い

では、「有用性」と「実用性」はどう違うのでしょうか。「有用性」は、「広く使える」という意味で使用されています。また、道具や方法が意外な所で使えた場合にも使います。

「実用性」という言葉は「その発想や構想が実際の生活に使えるかどうか」というところや「この商品が自分の実際の生活に使えるのかどうか」という点を見ます。

「必要性」との違い

「必要性」とは、何かしらの対象物に対して「どの程度必要とされているかの度合い」を表す言葉です。

「必要性」は、役に立つことを表す「有用性」と同じように使える言葉です。しかし、必要であることにより重きをおいているのが「必要性」です。役に立つかどうかではなく、必要かどうかで判断して使い分けるのがおすすめです。

「有効性」との違い

次のページ:「有用性」の使い方・例文

初回公開日:2018年01月24日

記載されている内容は2022年12月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests