Search

検索したいワードを入力してください

「有用性」ってどんな意味?使い方や言い換え表現もあわせて紹介

更新日:2022年12月01日

「有用性」にはどんな意味があるのかをご存知でしょうか。本記事では、「有用性」をビジネスシーンで活用できるよう幅広い観点からご紹介します。「有用性」の正しい使い方や似ている表現との違いを知りたい方は是非この記事をチェックしてみてください。

「有効性」とは、ある目的を果たす事ができるかどうかという意味の言葉です。置かれた状況を解決するときや、ある目標においてそれを達成する事ができるかどうかを決める時に使用する単語です。

「有効性」は、主観性よりも客観的な視点に立って使われる事が多いワードです。データや各種結果などを参考にして、「有効性」と表現する事が多々あります。「有用性」とは意味が違うので、注意して使用してください。

「有用性」と「有効性」の違いは、広い範囲を意味するのか、狭い範囲を意味するのか、ということになります。「有効性」は特定の物事や状態を解決するという意味で使われますが、「有用性」は目的以外の用途でも使える状態を意味します。

「有用性」の使い方・例文

ここからは「有用性」の使い方や例文を紹介します。

日常会話の中で「有用性」を使う機会が少ない方も多いのではないでしょうか。正しい使い方をマスターして、ビジネスシーンで役立てましょう。

有用性がある

何かしら役に立つ商品をおすすめする際に「有用性がある」という表現で、良さをアピールする方法があります。

例えば、「この商品は、従来の商品よりも有用性があります」などのように使うことができるでしょう。

有用性を感じる

「有用性」は効果があることだけでなく、将来性に対しても使うことができます。例えば、「彼の才能には有用性を感じる」などのように感情や感覚で伝えることが可能です。

役に立ちそうなスキルや資格などに対して、「有用性」を使って役に立つことを表現してみるのも良いでしょう。

有用性を高める

「有用性を高める」や「有用性が高い」という表現を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

例えば、「このアプリの有用性をもっと高めましょう」というように使うことができます。

使い勝手がよい表現なので、ビジネスシーンに取り入れてみるのもおすすめです。

有用性を認識する

「有用性」があることを認めたときは「有用性を認識する」という表現で伝えることができます。

「認識」には「物事の本質を理解すること」という意味があります。「有用性」と組み合わせることで、「有用性を理解する」という意味になるのです。

有用性を示す

「有用性を示す」とは、その表現通り「有用性」があることを相手に提示するときに使います。

ミーティングやプレゼンなど、周りの人に調べたデータを提示するときなどに使うと良いでしょう。

有用性を検証する

ある物事に対して「有用性」があるかどうかを調べることを「有用性を検証する」と表現することができます。

データの検証やマーケティングなどで使いやすい言葉で、「このデータの有用性を検証しましょう」などのように使うことが可能です。

ビジネスシーンで役立つデータかどうかを調べたいときには、「有用性を検証する」を使ってみましょう。

「有用性」の類語・言い換え表現

次のページ:「有用性」の対義語

初回公開日:2018年01月24日

記載されている内容は2022年12月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests