Search

検索したいワードを入力してください

「有用性」ってどんな意味?使い方や言い換え表現もあわせて紹介

更新日:2022年12月01日

「有用性」にはどんな意味があるのかをご存知でしょうか。本記事では、「有用性」をビジネスシーンで活用できるよう幅広い観点からご紹介します。「有用性」の正しい使い方や似ている表現との違いを知りたい方は是非この記事をチェックしてみてください。

ここからは、「有用性」の類語と言い換え表現について紹介します。

「有用性」に似ている言葉があることは前述しましたが、その他の類語や言い換え表現についても具体的に知っておくと語彙力がアップします。ビジネスシーンでのやり取りなどに活用してください。

利便性

「利便性」は「便利であること、どのくらい便利なのかその程度を表す」という意味があります。

「役に立つ」ことと「便利であること」は似ている表現です。役に立つことに重きをおいているか、便利であることに重きをおいているかの違いと言えるでしょう。

便利であることに対しては、「有用性」よりも「利便性」を使ったほうが伝わりやすいことがあります。ビジネスシーンに応じて使い分けるのがおすすめです。

実利性

「実利性」は「実際の利益や実益」を表す言葉です。

利益が上がるほど役立つものに対して「実利性がある商品だ」のように使うことができます。利益や実益重視で伝えたいときには、「有用性」よりも「実利性」のほうが適しているでしょう。

可能性

「可能性」は「実現するかどうかの見込み」を表す言葉です。

今現在のことではなく、将来的な部分に対しての展望について語りたいときなどに使うなら「可能性」が良いでしょう。

有益性

「利益があること」を表す「有益性」は、「有用性」と似た言葉として使えます。

「有益性」にはその他にも「ためになること」という意味があります。利益があったり、ためになったりすることに対しては「有益性」という言葉も活用してみましょう。

効果的

何かしらの効果があったときには、「有用性」と同じように「効果的」を使うことができます。

「効果的」には「目的を果たす効果があったこと」という意味も含まれています。目指していた効果が発揮できたときなどは、「この実験は効果的だった」のように使うと良いでしょう。

「有用性」の対義語

では、「有効性」の対義語は何があるのでしょうか。「有用性」という言葉の意味は、「使える」という表現の言葉に属します。そのため、対義語、すなわち反対の意味は「使えない」に属する意味の言葉となります。

「有用性」という言葉の対義語は、「無益」「無価値」「無用」などがあるでしょう。

それぞれ具体的に確認してみましょう。

無益

「有益」の反対である「無益」は、「有用性」の対義語として使える表現です。

「無益」には「無駄なこと、利益がないこと」などの意味があります。「有用性」のように役立つ結果を得られなかったことに対しては、「有用性がない」と同じように「無益」と表現することができます。

無価値

「価値が無いこと」を表す「無価値」は、「有用性」の対義語と言えるでしょう。「価値」という言葉には「どのくらい役に立つのか」という程度を表す意味があります。

例えば、「検証の結果、有用性がないと判断した」と同じように「検証の結果、無価値と判断した」という風に使うことができるでしょう。

無用

次のページ:「有用性」の英語表現

初回公開日:2018年01月24日

記載されている内容は2022年12月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests