Search

検索したいワードを入力してください

2017年09月12日

「バイト面接」でよく聞かれる質問|質問への答え方と返答例

初めてのバイト面接時には、とても緊張すると思います。どんな質問をされるのか、どんな対応をしたらいいのか、疑問だらけではないでしょうか。よくされる質問や、バイト面接での心得などをまとめました。好印象を与えるコツなどをご紹介させて頂きます。

「バイト面接」でよく聞かれる質問内容

「バイト面接」でよく聞かれる質問|質問への答え方と返答例

バイトの面接時には、よく聞かれる質問があります。あらかじめそれを知って自分の中でシュミレーションしておくことで、当日緊張している中でも慌てふためくことなく回答ができると思います。
自分をアピールすることも大切ですが、いかに面接官の目に留まる対応ができるか、質問ができるかも重要になってきます。あなたの選ぶ言葉によって自身の印象を大きく変えてしまうので、なるべくバイト面接時の対応の仕方、質問内容は考えておきたいものです。

志望動機・応募理由

バイトの面接前。必ず履歴書を作成します。それを見ながら面接官は質問をします。そのため、ほとんどの質問が「これ履歴書に書いてあるじゃん・・・」と思うような内容ですが、「志望動機」は必ず聞かれます。一番重要な質問と言っても過言ではありません。ここで答えられなかったり、しどろもどろしてしまうとバイトであろうが一気にイメージダウンになりかねません。

自分らしさも出しながら面接に挑むのが一番ではありますが、あまりに出しすぎも良くありません。例えば「志望動機は?」と聞かれ「お金が欲しかったから」や「家の近くだったから」または「簡単そうな仕事だから」こういった同期は不順と言えるでしょう。あくまでも面接なので、本音だったとしても辞めた方がいいNG例です。

興味を持った理由や、その会社に対してのイメージ、そして自分がその会社でこうなりたい。そんな思いを言葉にして話すのがベストです。前向きな回答をすることが大切です。

志望動機・応募理由の回答例

例えば飲食店のバイト面接へ行った場合の志望動機として例をあげさせていただきます。たかがバイトでしょ!と考える人も中にはいらっしゃいますが、バイトも仕事、お金をもらって働くのできちんとした意識をもって臨まなければなりません。

「以前、御社のカフェを利用したときに、スタッフから明るく親切な対応をしていただきとてもうれしく感じました。私もお客さまに同じような気持ちを味わってほしいと応募しました。」

出典: https://mybestjob.jp/tane/baitomensetsu-shitsumon.html | バイト面接でよく聞かれる質問・答え方例[決定版] | マイベストジョブの種

「料理が好きなので、美味しい料理を提供されている、御社の飲食の仕事に興味をもっています」

出典: https://mybestjob.jp/tane/baitomensetsu-shitsumon.html | バイト面接でよく聞かれる質問・答え方例[決定版] | マイベストジョブの種

このように、バイトであってもしっかりと理由を話し、プラスのイメージを相手に与えることが大切です。自分のお店が褒められるととても嬉しいと思います。好印象を与える回答例です。また、家が近い・学校から近いからというような先にあげた理由も、前向きな表現とまとめれば志望動機としてとても良い印象を与えることができます。

家から近く、学校帰りや休日も通いやすいので勉強とアルバイトの両立も無理なくできると考え、応募しました。こちらのお店は以前から私も利用しており働く環境もお店の方の接客も気持ちがいいと感じていましたので、是非働きたいと思いました。

出典: https://www.froma.com/contents/knowhow/b_resume/b_reason/ | バイト応募の「志望動機・自己PR」まとめ | フロムエーしよ!!

とても良いイメージがわきました。ただ、「近いから通勤がすぐなので!」と言ってしまうと、楽だからかな、と思われがちです。ですが明確な理由を付け加えることで家が近いことを強みにしています。また、それと似ていますが、「お金が欲しいからです」「稼ぎたいからです」というような正直すぎる言葉も、それだけ言われると面接官も驚いてしまいますが、文章としてまとめることで良い印象を残すことだってできます。

今、私は一人暮らしをしており、親に頼っている生活費や学費の負担を少しでも軽くしたいと考えたからです。このまま親に負担をかけるのは申し訳ないと感じています。アルバイトで稼いで少しでも親の役に立ちたいと思っております。

出典: https://www.froma.com/contents/knowhow/b_resume/b_reason/ | バイト応募の「志望動機・自己PR」まとめ | フロムエーしよ!!

このように、マイナスなイメージや自分本位な回答になりそうなものも、言い方を変えるだけでとても素敵な志望動機になります。もし今までもアルバイト経験があればもっと強みになるはずです。

面接時の「経験を活かして」は強い

同じ職種への転職や今までの経験を活かせる職場の面接に行く際は、たとえアルバイトだったとしても特に強みとなってくれます。「部活動で培った体力を活かして~」など活かせるものがあるならば面接では強くアピールしましょう。役に立ちたい、役に立ちます、という思いが強いほど採用される可能性はグッと上がります。

もともと人と接する仕事が好きで、以前ファミリーレストランでのアルバイトをしていました。幅広い年齢層のお客様と接する中、お店に来られた人を笑顔にする仕事にやりがいを感じました。こちらの居酒屋でもこの経験が活かせると考え応募しました。

出典: https://www.froma.com/contents/knowhow/b_resume/b_reason/ | バイト応募の「志望動機・自己PR」まとめ | フロムエーしよ!!

今までのバイト経験は?

たとえ履歴書に何も書いてなかったとしても、バイト経験は?と質問されることがあります。もし今までにバイト経験があるならここで具体的に話しましょう。似たような職種でバイトしていた経験があればなおさら良いです。

「前のバイト先では○○に携わってきました。その知識と経験を活かしつつ御社でも更にスキルアップに努めていきたいです」と前向きに仕事に取り組むという姿勢を見せることが可能です。仮に、今までにバイト経験がなかったとしても問題はありません。バイトというのは未経験者可能という職も多いからです。

「アルバイトは初めてで不慣れな点もありますが、精いっぱい頑張らせていただきます」など、自分のやる気を添えてアピールしましょう。そんな姿勢はしっかりと面接官にも伝わります。

週に何日働けますか?

面接時に聞かれる「週に何日、一日何時間入れますか?」シフト制のバイトではシフトを組むためにも必要な質問です。この時に好印象にしたいあまり無理をして「いつでも入れます」と言ってしまうと面接官も「いつでも入れるなら助かるな」と受け取ってしまいます。

「月曜は○~○時、火曜は○~○時」と事細かに話すのではなく、「週○日、○時間(または○時以降など)入れます」と答えるのが無難です。必要であれば面接官から更に質問されるので、その時に細かいことは話すようにしましょう。

いつから働けるか?

面接も終盤に差し掛かると、いつから働けるかという質問が飛んできます。これで採用されたと思ってはいけません。あくまでも選考の一環なので気を抜かず答えましょう。アルバイトの場合は急ぎで人材を探しているケースが多いので「ご連絡いただいた翌日から大丈夫です」または「2週間後○日から働けます」など明確な日にちを示しておくことが大事です。

もしここで「いつからでも大丈夫です」と答え、採用連絡が来た際に「え!無理です」となったら話になりません。そんなことにならないよう、いつから働けるか質問されたら応募先にも自分にもワンクッション入れる意味で働ける日にちを明確にしておきましょう。

「退職次第働けます」という状態は応募先も決め切らず非常に困ってしまいます。できれば退職日を明確にしたうえで面接にいどむことをお勧めします。

バイト先までの通勤時間は?

この質問では時間管理がきちんとできているかを見られています。学校から、自宅から、応募先企業までどのくらいかかるか事前に把握しておきましょう。質問をされたら曖昧に答えるのではなく、「15分程度になります」などはっきり答えれるようにし、「わかりません、計ってみます」というような回答はしないように気を付けましょう。

通勤時間が短いというのは企業側からしても好印象を持たれます。家から近いと遅刻しないだろう、無断欠勤しないだろう、など責任をもって行動する印象が出来上がるからです。もし近場で面接を受けるならば通勤時間を強みにしてもよさそうです。

質問の答え方

「バイト面接」でよく聞かれる質問|質問への答え方と返答例

バイトの面接で質問される内容とその対応をご紹介させて頂きました。バイト面接時の質問はどれだけ好印象を残せるか、マイナスなイメージを持たれないように努める必要があります。そのためなるべくポジティブな話し方で自分の熱意を伝えることが大切です。

バイト先に合わせすぎない

自身のもつ技術や経験、アピールできる部分はしっかりアピールすることは大切です。ですが忘れてはならないのはバイト先にに合わせすぎないこと。もし働けない曜日や採用に当たって不都合なことがある場合は事前に伝えておくべきです。バイトをしたいばかりに合わない条件をのんでしまっては採用後に後悔することになりかねません。




答えづらい質問も簡潔に

「バイト面接」でよく聞かれる質問|質問への答え方と返答例

面接をしているとどうしても答えづらい質問をされることもあります。そういった場合でも堂々と話すことにより、より自信があるように見えます。「○○曜日は働けません」というように条件をつけると、やはり採用の確率は下がってしまいます。

ですが採用された場合、バイト先で気持ちよく働くことができトラブルを避けるための事前策ともいえます。あくまでも印象を悪くしないような答え方、オブラートに包んで回答するよう心掛け、答えづらい質問も答えられるようまとめておきましょう。

それでは、答えづらい質問の例をあげてみます。

前職を辞めた理由

この質問は前職があると面接時に絶対に質問される内容です。前向きな理由があったうえで質問されればいいのですが、何か原因があって前職を辞めた場合非常に困る質問でもあります。「人間関係がきつかった」「いじめやセクハラがあった」「クビになった」これらマイナスイメージを持つ答えは、たとえ本当でも言わない方が無難でしょう。言うことによって変なイメージを持たれてしまう場合があります。

「家庭の事情で」など「やむえず辞めた」という方向でまとめるようにし、学生なら「受験勉強を優先したいと思いました」と学業を理由にしてもいいかもしれません。「経験を活かし更に新しいことに挑戦したくて」というような前向きな回答も好印象となるでしょう。

あなたの長所と短所を教えてください

これも必ずと言っていいほど質問されます。応募したバイト先に相応しい人物であるかどうかの判断材料となる質問です。ここでマイナスイメージを持たれてしまうのが、職場に合わないと判断されるような内容です。バイトであっても社員や周囲とのコミュニケーションを大事にできるか否かも大切となってきます。

長所=短所。これは紙一重だと思います。短所も言い換えて長所にしてしまったり、フォローを加えることで印象もグッとよくなります。

このように言い方ひとつで印象は変わるので、先に言い回しを考えておくといいかもしれません。

質問はありますかと言われたときの返答

「バイト面接」でよく聞かれる質問|質問への答え方と返答例

面接ももうそろそろ終わり、そんな安堵感が広がるころ最後に焦らされる質問がこれです。「質問はありますか?」今までバイトの面接を受けてきた人なら一度は何て答えようか迷ったこともあるのではないでしょうか。簡単そうで思いつかないこの質問。なんて答えるのがベストなのでしょう。早速ご紹介していきます。

職種と仕事内容の確認

求人情報をみて面接に挑むわけですが、職種や仕事内容の相違があっては困るのでここで気になる点は積極的に質問し、内容の確認をしましょう。ホールスタッフ募集で入ったのに厨房も任された!となると退職する原因にもなりかねません。

お互いに気持ちよく仕事をして、トラブル防止に努めるためにも「自分は○○○なのでホールスタッフを希望します。」というようになぜそこを希望しているのか、明確な理由を伝えるようにしましょう。

バイト先の給与、待遇面の質問

面接時にはあまり触れられない給与、待遇については必ず確認するようにしましょう。募集事項に記載させている金額がもらえず揉めるということは多いので、後でトラブルにならないためにも質問しておくべき内容です。

研修期間中は給与や待遇が変わってきます。もし採用された場合、このような質問をしないまま入っていたら思っていた金額がもらえず非常につらい思いをする場合もあります。スタート時の時給、研修の期間、時給アップ条件など入社後の流れも聞いておけばスムーズに仕事に取り組めると思います。

聞きにくいことかもしれませんが、面接官が応募者を見るだけでなく、応募者も面接先を見極める絶好のチャンスとしてとらえ、「面接をしてもらっている」という感覚を捨てて挑みましょう。

待遇、その他の質問

給与面だけでなく、その他の待遇についてもここで質問しておきましょう。例えば「制服は支給ですか?」「交通費は出ますか?」などです。制服や靴などは支給される場所もありますが、最初の給与から天引きされるという職場も存在しています。入社後にこんなはずじゃなかった・・・を防ぐためにも、ここはしっかりと把握しておきたい部分です。

また、電車やバス、公共交通機関を使う場合は交通費がかかります。交通費は職場によって全額支給や○○円まで、と決まりがあります。バイトだからということで1円も出ないところだってあります。入社後に困ることのないよう交通費やその他諸費用、必要となってくるものも質問しておきましょう。

面接結果、合否連絡について

面接後は合否連絡がくるまで気が気ではありません。面接の最後に「1週間以内に面接結果を連絡します」や「面接の結果は書類にて3日以内に送付します」など面接官の方から言ってくれる場合もありますが、逆に何も言わない面接官もいるので、注意が必要です。

「何も言われなかったからそのまま待っていたら1ヵ月が経過した、落ちたのかな?」そうなることがないように採用結果はいつ連絡がくるのかしっかりと確認しておく必要があります。もし不採用であれば次の面接を受けよう!と思っている人は尚更ここで確認しておくべきなので忘れないようにしましょう。

バイト面接の鉄板「もし採用されたら~」

「バイト面接」でよく聞かれる質問|質問への答え方と返答例

「何か質問はありますか?」と聞かれたときにおすすめの答え方、それは「もし採用された場合は何か準備するものはありますか?」のように「もし採用された場合は~」と付けることです。合格した場合の話をすることで、相手にも採用後のイメージが湧きやすく印象に残りやすいと思います。

しかも自分から採用後の話を振ることで、さりげなくヤル気をアピールすることもできます。質問の返答にもなり印象にも残りやる気もアピールでき、まさに一石三鳥と言えます。

面接の最後に質問しておくべきこと

「バイト面接」でよく聞かれる質問|質問への答え方と返答例

面接というのは自分を売り込む場として考えていいでしょう。事前にバイト先の職種や求人情報をチェックし、質問しておきたいことは書き出してみるなどして覚えておくことが大切です。そして面接の最後には必ず合否結果までにかかる時間やその通知方法を確認しましょう。

もし採用をもらったとき、準備するもので(出費がある可能性もある)慌てふためかないように事前に必要なものを確認しておくことも肝心です。

いくらバイトの面接とはいえ一対一の人間です。回答をしてもらったら当たり前ではありますが必ず「ありがとうございます」とお礼を伝えることが大切です。

悔いのない面接ができるように!

「バイト面接」でよく聞かれる質問|質問への答え方と返答例

いかがでしたでしょうか。前述していますが、短所=長所に言い換えることが可能です。面接前には軽く自己診断し、自分の長所と短所、短所をフォローする売り文句を作っておくことをおすすめします。自分の長所と短所を知っておくことはバイトの面接だけに限らずこの先役に立つこともあるでしょう。

自分の経験や、性格、目標などをまとめ、面接官にしっかりアピールして、悔いのない面接にするための事前準備は必要です。もし、採用され、仕事の内容や時給が面接の時と話が違った場合は上司だけでなく相談できる機関がきちんと存在しています。自分の納得いく形でバイト生活を楽しめるよう自分自身も努めていきましょう。

Related