Search

検索したいワードを入力してください

2017年11月14日

バイトの面接の服装・電話の仕方・何分前に行くべきか

アルバイトをするにあたり「面接」は避けられません。しかし面接に対しどうのぞんだら良いかわからない人も多いのではないでしょうか。この記事では面接の事前準備や当日の注意点について紹介しています。これからアルバイトを始めようと思っている人は、ぜひ読んでみてください。

知らないと受からない? アルバイト面接のマナー

バイトの面接の服装・電話の仕方・何分前に行くべきか

アルバイトで採用されるためには、お店に電話したり、履歴書を書いたり、面接の準備をしたりとやらなければならない事がいくつもあります。けれど、どんな風に電話をかければいいのか。面接では何を質問をされるのか。好印象を持たれる服装は――などなど、人には聞きづらいけど知っておいた方がいいマナーがいくつも存在します。

今回はそんな、アルバイト面接で知っておいた方がいいマナーについて紹介しますので、これからアルバイトを始めたい方はぜひ読んでみてください。

知っておきたい!バイト先への電話のかけ方

バイトの面接の服装・電話の仕方・何分前に行くべきか

アルバイトを始める時、まずはその旨を電話で伝える事から始まります。とても緊張し、失礼を働いてしまわないか不安になりますが、きちんと電話ができればそれだけ採用に一歩近づくことになります。

ではいったい、どのように電話をかければいいのでしょうか。事前に準備しておいた方がいいものや電話をかける際に意識しておきたいことを紹介します。

準備は大丈夫? 電話前に用意しておきたいもの

①メモ帳は手元においておく

電話をする際には、手元にメモできるものを用意しておくといいでしょう。面接の日取りや用意するもの、注意事項などを説明される事がありますので、それらを書き留めておく準備は必要です。また、メモを取りながら電話をすることで会話の内容を整理する手助けにもなります。

②募集広告はいつでも見られる位置に置いておく

バイト先の求人広告は、電話中にいつでも見られるようにしておきましょう。業務内容や募集要項に関する事を確認されることがあります。また、交通手段について相手が知りたがることもありますので、そうした時に募集広告が手元にあることで、スムーズに受け答えする事ができます。

③自分のスケジュールは把握しておく

面接の日取りについては必ず聞かれる事になるので、その時になって相手を待たせることがないように自分のスケジュールは事前に把握しておきましょう。最低でも10日、余裕があれば2週間先までは「面接を入れても大丈夫な日時」は把握しておいてください。

その行為は大丈夫? バイト先に電話をかける時の注意事項

バイトの面接の服装・電話の仕方・何分前に行くべきか

バイト先に電話をかけるにあたり、注意しなければならない事がいくつかあります。自分でも気づかないうちに失礼な事をしてしまい、先方の心証を損ねてしまうのは大きなマイナスです。
そこで、電話の際には次の事に注意してみてください。

①忙しい時間帯に配慮する

忙しい時間に電話をすれば業務に支障が出ることもありますし、対応も悪くなります。飲食店であればお昼や夕食時はとても混雑しており、カラオケやゲームセンターであれば学校が終わる15時前後から忙しくなります。こういう忙しい時間は避けた方が無難です。あらかじめ自分のバイト先の忙しい時間を把握し、業務が落ち着いている時間帯を見計らって電話をかけるようにしましょう。

②「お忙しいところすみません。求人の件でお電話しました○○と申します」

相手が電話に出たら、まずこのように言うといいでしょう。相手に時間を取ってもらっている事への謝辞と、それから自分の名前と用件を告げます。バイト先には毎日取引先や顧客など多くの電話がかかってきますので、最初に自分の用件を簡潔に伝える事はとても大切です。

またこの時、自分が何の広告を見て求人に応募したのか、募集広告に採用担当者の名前がある場合、取り次いで欲しいといった事も伝えるとさらに丁寧になります。会話ははきはきと、相手が聞き取りやすいように落ち着いて話す事を心がけましょう。

③終わる前にお礼を。そして相手が切るのを待つ

電話が終わる時は、「お時間を取っていただきありがとうございました」「当日はよろしくお願いします」といった丁寧な言葉で締めくくりましょう。電話を切る際には、目上の人から切るのが一般的なマナーとされています。相手が切る気配がない場合は「それでは失礼いたします」とこちらから切っても問題はありません。終始丁寧な態度を心がけてください。

履歴書より重要? 面接時の服装のマナー

バイトの面接において、服装は時に履歴書より注意深く見られるポイントです。どのような気持ちでバイトにのぞもうとしているのか判断材料にされますし、面接官は着ているものから思考や人柄を探ろうとします。具体的に、面接官は服装のどういった点をチェックしているのでしょうか。

ポイントは、服装でチェックされるのは「個性」ではなく「協調性」だという事です。印象に残ろうと派手に着飾ったりする必要はありません。むしろ逆効果です。また、職種によってどのような服装が求められているのかも若干違いますので、服装に関するマナーを紹介していきます。

私服? スーツ? どっちが正解?

バイトの面接の服装・電話の仕方・何分前に行くべきか

バイトとはいえ仕事の面接。スーツなどのフォーマルな服装で行くかは悩むところです。結論から言ってしまいますと、バイト面接の場合は多少カジュアルな服装でも構いません。営業などの職種によってはスーツの方が好ましい場合もありますが、多くのバイトでは私服で面接に行ったからといって失礼にはあたりません。とはいえ、普段家でくつろぐ時のような格好は明らかにNGです。

面接官は、あなたの着ている服がバイトをするにあたりふさわしいかもチェックしています。ではどういった服を選べばいいのかを、細かく見ていきましょう。

面接時の服装でもっとも重要なのは「清潔感」

バイトにも多様な業種がありますが共通して言えるのが「清潔感」が最も重要だという事です。面接官にとって、バイトを採用するというのは自分と一緒に働く可能性のある人物を抜擢するという事なのですから、不潔な人、だらしのない人は嫌がられます。汚れたシャツや穴の空いたズボン、サンダルなどはNGです。最低限、見る人に不快感を与えない程度の清潔感を保った服装を心がけましょう。

シンプルな服装を心がける

バイトの面接では協調性が重視されますので、着飾ったり派手な服飾で相手の印象に残ろうとするよりも、相手を安心させるようなスタンダードな格好を心がけるべきです。

男性であればシャツやズボンも無地で派手すぎない色のものを。女性であればミニスカートなど露出の多いものは避けた方が無難です。化粧もナチュラルメイクを心がけましょう。ピアスやアクセサリーは主張しすぎない程度のものにするか、外していった方がいいでしょう。

業種によって違う? 求められているベストな服装とは?

運送であれば体力のある人、接客業であれば気遣いができる人とが求められているように、服装についてもバイト先によって求められているものが違います。例えば居酒屋や飲食店のホールや居酒屋であれば、動きやすい服装が求められています。特に女性であればヒールなどを避けて、動きやすいスニーカーを選ぶと良いでしょう。

アパレル系であればそのショップで売られているような服装の方がいいでしょう。面接官によっては「どうしてその服を選んだのか」と聞かれる事があります。比較的ファッションにはこだわりを持って面接に臨むようにしましょう。

オフィス系であれば、むしろスーツの方がいいでしょう。塾講師や営業、テレアポのような普段からスーツで出社するような職場であればスーツの方が好感度があがります。このように、服装に関してはバイト先の職種と照らし合わせて、充分に吟味する必要があると言えます。

服装以外にもこんな部分が見られている

バイトの面接では服装以外にもチェックされています。例えば、靴や鞄です。せっかく清潔感のあるまとまった服を着ていても、靴が汚れてくたびれていたのでは、だらしのない人間と思われてしまいます。また、履歴書を鞄から取り出す際に手間取ったり、鞄の中がゴチャゴチャしているのを見られたりした場合は整理下手な人間だと思われてしまいます。

他にも、爪や時計などが見られています。飲食店で働く場合は爪が長い場合は注意される事もあります。塾講師やオフィス系の場合、腕時計もどういった物を付けているかを見ている面接官もいます。面接の日は出かける前に鏡で自分の姿をチェックしてみると良いでしょう。

長さ、色は大丈夫? アルバイト面接時の髪型のマナー

服装同様、髪についても面接官はチェックしています。しかしバイトの募集要項を見ても髪型について細かく規定してあるバイト先はほとんどありませんし、間違いなく採用されるという髪型も存在しません。自分の髪の長さは大丈夫か、色は明るすぎないかなど一度気にしだすときりがありません。

ですが面接官に良い印象を抱かせる髪型というのはあります。それはどういったものなのかを紹介していきますのでご覧ください。

金髪? 茶髪? 髪の色はどこまで許されるのか?

最も無難なのはやはり黒髪です。髪が黒いからという理由で落とされるバイト先はまずありませんので、可能ならバイト面接は黒髪で臨むのが好ましいと言えます。しかし、現在髪を染めており「面接の時だけ黒に戻すのも手間がかかる」という人もいるでしょう。そういう人にとって、どの程度の髪の色なら許されるのかはとても気になるところです。

これについては、仕事の内容が大きく左右します。接客業であれば、「お客さんが許容する範囲の髪の色」という事になります。おしゃれなバーやカフェなどでは茶髪でも問題ない場合が多いですが、少し堅苦しい雰囲気のバイト先では黒の方が良い場合もあります。

お客さんと接する機会がないような工事現場や配送といった仕事では特に髪の色で落とされるようなところはありません。このように業種によってどこまで許容されるかは大きく違いますので、あらかじめ調べておく必要があります。

髪の長さはどのぐらいがいいのか

これも業種にもよりますが、基本は「シンプルで清潔感のある髪型」が好まれます。特に重要なのは前髪です。目にかかっていると暗い性格印象を与えてしまいがちですので、顔にかからないよう工夫をしましょう。

後ろ髪の長さについてですが、女性の場合はロングでも問題ありません。ですが無造作な場合は清潔感を損なう事がありますので、しっかりと後ろで束ねたりする方が良い印象を与えます。男性の場合も肩までかかるような場合は後ろで結ぶなどした方が良い印象を与えます。「仕事をするにあたり髪が邪魔にならず、職場の他の人間に不快感を与えない」と思えるような髪型が良いということです。

より確実なのは、1度下見をすること

髪型や服装は個人の感覚によるところが大きいので最終的には面接官の判断基準に委ねられる事になります。自分では大丈夫だと判断しても面接官がどう評価するかはわかりません。そこで確実なのは、面接前にバイト先を下見する事です。

働いている従業員の髪や服装を見れば、どの程度まで許容されるのか簡単にわかります。髪の色、髪型、装飾品など、現場で働いている人を基準にしましょう。従業員を目にする機会がない職場は、バイト先のホームページを見る事をお勧めします。従業員の声や働く様子などの写真を載せている事がありますので、それを見ることで判断材料になるからです。

ただし面接時は少々厳しめにチェックされるという事は念頭に置いておきましょう。面接官とは初対面であり、第一印象は特に気を配っておいて損はありません。

バイト面接当日、何分前に着くべきか?

いよいよ当日の話をしていきます。バイトの面接を受けるときは何分前に面接会場に到着するのがベストなのでしょうか。約束時間までに着くことは大原則ですが、ギリギリすぎると相手の印象を損なう事もありますし、万一の場合は遅刻してしまう可能性もあります。ではどのぐらい時間に着くのが理想なのでしょうか。

面接会場付近には30~40分前には着いておきたい

バイトの面接会場に直接向かうのではなく、その最寄り駅付近には30~40分前に余裕を持って到着できるようにしましょう。付近の喫茶店などに入って気分を落ち着けたり、面接で何を聞かれるかなどのシミュレーションをする時間にあてるのも良いでしょう。また面接会場に着く前に、身だしなみのチェックはしておくようにしましょう。

1番重要なのが遅刻防止になるということです。交通機関の遅れはもちろんですが、普段行かない場所の場合はスムーズに会場に着かない事も予想されます。たった1回の本番ですので遅刻するような事は絶対に避けなければなりません。当日は余裕を持って行動する事で不安や緊張をある程度和らげる事もできます。

実際に着くのは面接開始10分前を目安にしよう

直接面接会場に着くのは面接開始時刻の10分前程度が理想です。あまりに早く着きすぎても面接担当者が他の仕事をしている場合や、面接場所で他の打ち合わせなどをしている場合がありますので、あなたが仕事の邪魔になってしまう事があります。バイト先があなたへの対応を強いられる事にもなりますので、結果的にあまり良い印象を与える事はありません。

ギリギリ到着を予定するのも良くはありません。担当者が約束時間から面接を始めたい場合、約束時間ちょうどに到着するのでは遅すぎます。また、向かう途中で何らかのトラブルが起こった場合に遅刻してしまいます。約束時間には面接を始められる時間を設定して行動する事が重要です。

それでも遅刻してしまったら?

遅刻は基本的に厳禁です。それでも予期せぬトラブルなどでどうしても間に合わない場合、遅刻が確定した時点でバイト先に電話をするようにしましょう。本当にどうしようもなトラブルであれば、それで不採用にするという事もありません。まずは電話をして遅刻する旨を謝罪し、どのぐらいであれば到着できるかを先方に伝えましょう。

あなたの誠実さが伝わる事で、逆に先方が好感を抱く場合もあります。遅刻した時点で無理だと諦めずに、やれるだけの事はやってみてください。

バイト面接に何を持っていくべきか?

バイトの面接の服装・電話の仕方・何分前に行くべきか

アルバイトの面接に何を持って行けばいいのかはだいたい決まっています。特に指定されない事もありますので、どういった物が必要かを紹介していきます。

①履歴書

ほとんどのバイト先で履歴書は提出を求められます。社会人であれば、職務経歴書も併せて持っていった方がいいでしょう。場合によっては面接会場でシートを記入する事もありますが、履歴書があれば見ながら書くこともできるので便利です。

②筆記用語・メモ帳

面接ではその場でシートを記載したり、採用となった時に契約書を書く事もあります。また、働くにあたって必要な事を口頭で説明される場合もありますので、メモをする準備はしておいた方が良いでしょう。

筆記用具はボールペン、メモ帳は手帳サイズの小さなものが好ましいので事前に準備しておきましょう。

③印鑑・通帳

面接で採用が決定した場合、その場で雇用契約を結ぶ事も珍しくありません。契約書に捺印するために印鑑が必要となります。また、給与の振り込み先を指定されますので口座番号がわかる通帳やキャッシュカードを持って行くと良いでしょう。バイト先によっては通帳や印鑑のコピーを求められる事もあります。

④募集広告のコピー・質問事項を記載したメモ

ネット上で見た募集広告などはプリントアウトしておくと便利です。面接会場までのマップや面接担当者の名前など必要な事が書かれています。スマホでページを開く事もできますが、バッテリー切れや電波状況によってはページが開けない事もありますので、万が一のためにアナログで情報を有しておくのは悪いことではありません。

面接では必ずと言って良いほど「働くにあたって質問はありますか」と問いかけられますので、あらかじめ答えを用意しておくと、スムーズに受け答えができます。

⑤腕時計

時刻を知るだけならスマホなどで代用できますが、面接中に相手の前でスマホを開くのは失礼にあたり、悪い印象を持たれてしまいます。時間を確認するためにも腕時計を付けておきましょう。ただし、腕時計の場合でも露骨に時間を確認するのはNGです。

何が聞かれる? バイト面接の質問内容

バイトの面接の服装・電話の仕方・何分前に行くべきか

面接官によって差はありますが、アルバイトの面接で質問される事はおおよそ決まっていますので、代表的なものを幾つかピックアップします。最低限、ここで紹介する事は答えられるようになってから面接にのぞむべきです。

①応募理由・志望動機

ほぼ必ず聞かれる質問です。重要なのは「バイトをする理由」ではなく「このバイト先を選んだ理由」を答える事です。ですので「お金が欲しい」「家から近い」などの理由はNGです。業務内容への興味や自身がこの職場でやりたい事を交えて答えるようにしましょう。

②過去の仕事の経歴

バイト先の業務と関連づけて答えられると良いでしょう。接客業であれば、過去にも接客業の経験はあるか。オフィスワークであればPCを使って仕事をした経歴があればプラスに働きます。関連づけられる経歴がない場合は「とても興味のある仕事だった」「早く仕事を覚えたい」といった熱意の側面からアピールすると良いでしょう。

③自己PR

ここで気を付けるべきは、アピールポイントが職場においてどのようなプラスの影響を与えられるかという点です。スポーツ経験などであれば周囲とのコミュニケーション能力、性格面であれば明るい、思いやりがあるなどのポジティブな情報、長く続いている趣味などがあれば持続性をアピールすることで、職場に対してプラスな影響を与えられる人間だという事を面接官に伝えていきましょう。

④勤務期間・勤務可能時間

バイトの面接の服装・電話の仕方・何分前に行くべきか

面接担当者にとっては、バイト希望者がどの程度の期間にわたって働いてくれるのかといった条件は必須確認事項です。出勤開始可能日もできれば決まっている方がその後のスケジュールも立てやすくなります。

他の仕事との折り合いで不明瞭な場合も、確実に働き始められる開始日を決めておくか、面接日までに前の職場をいつまでにやめ、いつから働けるのかをきちんと決めておくべきです。曖昧な場合、他に採用候補者がいた場合にそちらから採用される可能性が高くなります。

シフト制のバイトの場合、週にどのぐらい働きたいかも必ず聞かれます。その場合は「○曜日の△時から」といった細かい条件ではなく、最初はおおざっぱな希望を出して面接官と調整していくと良いでしょう。

⑤通勤手段・勤務時間

交通費を請求できる場合もありますので、面接前に確認しておきましょう。通勤のしやすさなどもプラス面で働く事があります。

高校生がバイトをする時に聞かれる質問内容

バイト面接での質問は大まかには上で書いた事が聞かれますが、高校生でバイトを希望する場合、社会人とは少し違う事が聞かれます。その例をいくつか紹介します。

①校則で禁止されてはいないか、親の許可は得ているか

学生でバイトをする場合、保護者や学校の同意が必要ですので必ず聞かれます。会社によっては、保護者の同意書の提出を求められる事がありますのであらかじめ確認を取りましょう。

②学業との両立はできるか

バイトを始めてから成績が下がった、などというクレームが保護者から寄せられたり、場合によってはバイトを急にやめさせられシフトに穴が空く事がありますので、面接官はほぼ必ず質問してきます。問題がなく、続けられる意思があるならハキハキと熱意を持って返答しましょう。

③テスト期間中や学校イベントの場合は出勤できるかどうか

学業との両立とも似ていますが、さらに具体的なスケジュールについてです。テスト前にバイトはできるのかどうか、部活動の大会や文化祭などの学校イベントについて聞かれます。採用されたいからといって無理にシフトに入るつもりで答えると、後々困る事になりますので正直に答えましょう。学生バイトが多い職場であれば、一定の理解を示してくれます。

経験を積んでいくことの大切さ

バイトの面接の服装・電話の仕方・何分前に行くべきか

いかがでしたでしょうか。バイト面接で準備する事、当日の注意事項など気を付けなければならないことがたくさんあります。しかしどれだけ準備万端でのぞんだとしても落とされる事はあります。

そういった時は何が悪かったのかをきちんと分析して次につなげる事が重要です。求人サイトなどを見ても募集しているところはたくさんありますので、1回の失敗に気落ちせず、自分の中で糧として吸収していき、どんどん新しいバイトに挑戦していきましょう。

Related