Search

検索したいワードを入力してください

2018年01月22日

【季節別】高校生・主婦のアルバイトの面接の服装|しまむら

「アルバイトの面接だから」と軽く考えては、いけません。面接に落ちる人は、それなりの理由があります。面接で大事なことは、好感度の高さと清潔感です。面接官が不快と感じる服装は、面接に採用されるはずがありません。明るい笑顔と好感もてる服装を選びましょう。

アルバイトの面接の服装とは

アルバイトの面接の服装は、事務系でも接客業だとしても面接官から好感をもたれるかが大事です。面接で好感がもたれないと働きたいと思うアルバイトでも採用になりません。

アルバイトの面接の服装は、誰からも好かれる服装を選ぶようにしましょう。自分では、おしゃれと思うような服装でも、個性が分れるような服装はマイナスと感じる人もいます。

面接官で雇う側は、アルバイトだから適当で良いと考えていません。接客業などでは、正社員よりもアルバイトがメインで働いている仕事もあります。清潔感がある服装でアルバイトの面接を受けましょう。

高校生のアルバイトの面接の服装

高校生のアルバイトの面接時の服装に制服を着て来る子がいますが、制服はダメです。学校終りバイトをするにしても、面接の時点では私服を選ぶようにしましょう。

高校生のアルバイトと言えば、接客業のコンビニや飲食店が多く、事務系だとしてもスーツを着る必要はありません。高校生らしい私服で大丈夫です。

面接は、遊びに行く場所ではありません。ユニクロやGUなど無地系で違和感がないシンプルな服装がおすすめです。落ち着いた雰囲気を出すことで印象が良くなります。

大学生のアルバイトの面接の服装

就職までの間、アルバイトをする大学生も多いです。逆にアルバイトデビューをする大学生もいます。アルバイトの面接時の服装は、普段着ているような服装でも大丈夫です。極端に黒で統一している服装や、ミニスカート、ダメージジーンズなど個性的な服装を選ばない限り、問題はありません。

清潔感のある服装や、若々しい色合いがある服装を選ぶ方が、明るい印象になります。アルバイトで大学生を面接で選ぶ理由は、大学生の若さです。若さを感じる服装を選ぶことが採用されるポイントです。

主婦のアルバイトの面接の服装

主婦が選ぶアルバイトの多くは、事務系やスーパー、クリーニング屋など短時間で働ける職場を選びます。地味になり過ぎる傾向があります。注意しましょう。

黒や茶色などダーク系で統一すると実年齢よりも老けて見えてマイナスポイントになります。若々しさをアピールすることが大事です。清潔感がある白やアイボリー、柔らかな印象に見える淡いピンクや水色など良いでしょう。清潔感が見えない服装を選ぶようにしてください。

アルバイトの面接の服装

アルバイトの面接の服装は、事務系と接客業では少し異なります。季節によっても服装は異なります。季節はずれの服装を選んでいると、それだけで悪い方向に目立ってしまいます。

面接で大事なことは、清潔感です。面接相手が不快と思わないような服装が大事です。春や秋は、比較的に服装も個性が出にくいですが、夏と冬は個性が強く出てしまいます。面接相手が「あの人、随分奇抜な服装しているな」思われないような服装を選ぶことが大事です。アルバイトだからと言って気を抜くことない服装を選びましょう。

春の季節は、春らしい服装を選ぶことをおすすめします。ダークな色よりも少し軽いグレーや淡い色をピンポイントに合わせると全体が重くなりません。

上半身にライトなグレーの薄手のニット、ボトムスはネイビーのジョガーパンツでトップスをインすることでメリハリ感もアップします。上半身に明るい色を合わせることで顔色が良く見えて、明るい印象を与えることができます。

足元はベージュのパンプスを合わせることで、よりスラリとした印象を与えます。シンプルな中にキチンと感を与えるアルバイトの面接の服装です。

夏のアルバイトの面接の服装は、注意しないといけません。特に真夏で暑い時期の面接は、非常に暑くて辛いです。「面接だからキッチリしないといけない」しかし、キッチリし過ぎて汗ダラダラでは、逆にマイナスな印象になります。

暑いからラフになりがちですが、品の良いラフ感を出すようにしましょう。ネイビーの薄手ワンピースで足元は、ベージュのハイヒールで軽さを演出します。同系色のベージュの薄手のカーディガンがあれば、羽折るとより清楚感がアップします。露質しすぎない服装を選ぶようにしてください。

秋のアルバイトの面接の服装は、やや肌寒い日が多くなります。トレンチコートが一番似合う季節が秋です。ベージュのトレンチコートは、キッチリ感があり、カジュアルなパンツスタイルにも合わせることができます。

シンプルなVネックニットに黒いスリムなパンツ、ベージュのトレンチコートを羽折ると大人っぽく落ち着いた印象に見えます。小物のハンドバッグやヒールは、黒色を選ぶと全体がギュッと引き締まります。砕けすぎないカジュアル感が好印象を与えます。

冬のアルバイトの面接の服装は、寒さゆえに厚着になりがちです。特に冬はダークな色が多くなります。黒や茶色で統一すると全体的に重く暗い印象を与えてマイナスです。またロングコートも重い印象を与えてしまいます。

トップスは、シャツとニットの重ね着をしつつ、ボトムスのパンツは黒色のスリム系を選ぶことで、冬でもアクティブな印象を与えます。トップスのアイボリーカラーが顔色を明るく魅せてくれます。ボリューム感があるニットを選ぶときは、髪の毛を結ぶことで顔周りがスッキリします。ボトムスをスリムにすることで、若々しさもアップします。

しまむらのアルバイトの面接の服装

リーズナブルな価格で人気のしまむらですが、しまむらは制服があります。実際に働くときは、しまむらの制服を着ることになります。「アパレルショップだから服装もオシャレにしないといけない」と言うことはありません。

しまむらのアルバイトの年齢層は、比較的高めです。30代から40代の主婦が多いです。「アルバイトの面接に来ました」とレジやスタッフに声をかけるときに、スタッフから、どう思われるかが大事なポイントです。

膝丈スカートにカーディガンなどで合わせると清潔感があり上品です。ミニスカートなど派手な服装は、アルバイトで採用になっても、スタッフから評判が悪いイメージがついて噂になってしまいます。

ユニクロ・GUのアルバイトの面接の服装

ユニクロやGUでアルバイトの面接をするときの服装は、必ずしも全身ユニクロやGUアイテムにする必要はありません。逆に全身ユニクロアイテムでショップに行ったらアピールになりますが、目立ちすぎて恥ずかしいです。

ユニクロやGUのファッションは、シンプルで無地スタイルがメインです。あまり個性的な柄がプリントされている服装や、原色系はおすすめしません。またブランド感がアピールできる服装も避けるべきです。

面接時の話題繋がりにもなるので、ユニクロ、GUアイテムを一つ、取り入れておくと良いです。シンプルで清潔感あるカジュアルな服装が面接では、おすすめです。

百貨店のアルバイトの面接の服装

百貨店のアルバイトの面接の服装は、スーツを選ぶと無難です。たとえ百貨店の食料品売り場のレジでもスーツを着て行くようにしましょう。百貨店はアルバイト採用のベテランです。それだけに相手の服装や話し方なども見られています。スーツを基準としたときに、スーツに合うヘアスタイルであるか、品の良さはあるか、注目しています。

百貨店のアルバイトだから、髪は当然に黒髪など基準も厳しいです。百貨店で購入する方は、高級志向です。違和感ある派手な女性は百貨店には向きません。採用されることはありません。

品の良さを感じさせる服装、マジメな人間性をアピールできる服装を選びましょう。パンツスーツよりは、タイトスカートでスタイリッシュに決めると女性らしさもアップします。白ブラウスは、顔色を良く魅せてくれます。

派遣のアルバイトの面接の服装

派遣先のアルバイトの面接は、スーツにするべきか?それともカジュアルにするべきか?迷うことがあります。派遣先によっては、「カジュアルな服装でお越しください」と記載しているところもあります。派遣先が紹介してくれる仕事内容にも服装は異なります。

カッチリとしたリクルートスーツで面接に行く必要はありませんが、迷うときはスーツで面接に行くことをおすすめします。カジュアルな服装と言っても、それはビジネスカジュアルな服装です。ジーンズやワイドパンツのラフカジュアルは避けた方が良いでしょう。

スーツであれば、インナーはブラウスじゃなくてもタートルネックのニットで、少しラフ感をプラスしても好印象です。アルバイトと言っても派遣先は面接のプロです。面接した相手に仕事を任せられるかを見ています。

スタバのアルバイトの面接の服装

スタバのアルバイトの年代は、大学生など10代から20代がメインです。スタバのアルバイトの面接の場合は、スーツで行ったら逆に浮いてしまってマイナスポイントになってしまいます。

「同世代のスタッフの中に入って仲良く働いていけるだろう」と思える、服装を選ぶようにしましょう。無理してキッチリ感を出す必要はありません。普段のラフカジュアルな服装で面接に行くことがおすすめします。

ただ露質のある服装はNGです。膝丈スカートやパンツ、トップスはボーダーTシャツにGジャンを羽折るなど、若々しくナチュラルな服装が良いでしょう。スタバは接客業です。明るくアクティブな印象を与える服装がアルバイトの面接で採用されるコツです。

事務系のアルバイトの面接の服装

不動産屋など事務系のアルバイトの面接の服装は、やはりスーツを選ぶことが無難です。スーツに対してインナーは、フレンチカジュアルなテイストを合わせてもOKです。

正社員の面接であれば、リクルートスーツのようにカッチリとしたスタイルを選ぶべきですが、アルバイトの面接ですから、全体をカッチリし過ぎないでも大丈夫です。特に不動産系の事務であれば、アクティブ感もアピールポイントになるので、少しラフをとりいれて、アルバイトの面接で明るい印象を与えましょう。

スーパーマーケットのアルバイトの面接の服装

スーパーマーケットのアルバイトの面接の服装は、意外に面接官から見られています。また、面接官だけじゃなく、周囲のスタッフからも見られています。あまり奇抜な服装をしていると、すぐにスタッフ同士で噂になります。

スーパーマーケットは、主婦の年代、学生の年代と男女問わず面接に訪れます。やや落ち着きがある色合いの服装を選ぶと良いでしょう。「少し地味かな?」と自分自身で思う程度が、周囲のスタッフから目をつけられる心配がありません。

スーパーマーケットは、アルバイトを募集している部門によって多少異なりますが、基本的に髪色は控えめに、服装やアクセサリーも控えめを選ぶことがベストです。接客業ですので、暗さを感じないライトグレーとネイビーのロングカーディガンの服装がおすすめです。

アパレルショップのアルバイトの面接の服装

アパレルショップのアルバイトの面接で大事なるポイントは、ファッションセンスの良さです。セールストークの高さは、ファッションセンスにもかかっています。明るく好印象の女性こそが面接で採用の返事をもらえます。

普段フェミニンなファッションを好む女性が、ストリート系ファッションのショップは場違いになるように、応募したアルバイト先のファッションスタイルに近い服装を選ぶことをおすすめします。アパレルショップは好感度が大事です。アルバイトの面接官に好感をもたれないと、採用されてもアルバイト先でお客に好感もたれることはありません。

飲食店のアルバイトの面接の服装

飲食店のアルバイトの面接の服装は、ジーンズでも大丈夫です。飲食店のアルバイトでは、アクティブとポジティブ、接客向きの人間か見られます。明るくハキハキとした元気の良い人がアルバイトで採用されます。

ジーンズも清潔感を与えるトップスと合わせるようにしましょう。シンプルな黒色のニットにベーシックなジーンズ、低めパンプスのコーディネートを選ぶことで若々しくスッキリとした印象を与えます。

飲食店のアルバイトの面接の服装で注意点は、髪の色や全体の印象です。服装は問題ないけれど、髪の毛がボサボサだったり、ツメが汚い、伸びているとイメージダウンです。全体のバランスをチェックするようにしてください。

雑貨ショップのアルバイトの面接の服装

女性に人気の雑貨ショップのアルバイト。アパレルに続き、人気が高いアルバイト先になります。雑貨ショップも接客業です。明るく好感が持てる女性がアルバイトで採用されます。

マジメなスーツを選ぶ必要はありません。フレンチカジュアルの服装が雑貨屋にはピッタリです。ややフェミニン感がある淡いロングスカートにカジュアルなボーダーTシャツ。Gジャンなどジャケットを羽折るとスタイルが良く見えます。

プリーツスカートは、品の良さもプラスできるアイテムです。面接時の服装におすすめです。ふんわりとした優しい印象を持たれるような面接の服装を選びましょう。

食品製造・販売のアルバイトの面接の服装

食品製造や食品販売のアルバイトを選んだ場合は、派手な服装は避けるようにしましょう。特に服装に合わせて、マネキュアやヘアカラーをしているタイプは、食品製造や食品販売では懸念されてしまいます。

「実際、この人は勤務のときにマネキュアを落としてくれるだろうか?」や「長いロングヘアを勤務のときに束ねてくれるだろうか?」と相手は、考えてしまいます。ネイビーのカーディガンやチノパンで清潔感ある服装がおすすめです。

食品関係のアルバイトでは、おしゃれは必要ありません。おしゃれすることが逆にマイナスになります。もちろん、香水なども付けて行くことはNGです。

家庭教師のアルバイトの面接の服装

大学生に人気な家庭教師のアルバイト。家庭教師だから服装は特に関係ないように思えますが、印象が良くないと家庭教師先から依頼が来なくなります。学歴はもちろんですが「この人は、真面目そうだわ」と思われる服装が理想です。

落ち着いたトーンのカラーを選び、体にフィットし過ぎない服装が理想です。白ニットにネイビーのワイドパンツを合わせるとスッキリとしつつ、柔らかな印象を与えます。ヘアースタイルは、清潔感のある1本結びがおすすめです。目線が髪の毛で隠れるようなヘアスタイルは、避けましょう。知的感を服装からもアピールしてください。

エスニック雑貨のアルバイトの面接の服装

エスニック雑貨のアルバイトの面接の服装は、最低限でもエスニックアイテムを服装に取り入れるようにしましょう。シンプルな服装だと「エスニックに興味があるの?」と面接官に思われてしまいます。

アルバイト先のショップじゃないエスニックスカートだとしても、エスニックに興味があると思われることで、面接時の会話も弾みます。エスニック雑貨店で大事なことは、個性的なおしゃれさです。エスニックらしさを全面に出しても問題はありません。髪を束ねたり、アクセサリーを身につけて、自分らしさをアピールすることをおすすめします。

スポーツジムのアルバイトの面接の服装

スポーツジムのアルバイトの面接の服装は、アクティブに見せることがポイントです。スポーツブランドのスニーカーやパーカーに黒デニムでスポーティーな服装を選ぶようにしましょう。

フェミニンなロングスカートやワンピースは、のんびりとしたイメージを与えてしまいます。テキパキと動くことが多いスポーツジムの仕事では、動きやすい服装がおすすめです。メンズライクな服装だとスタッフの中でも浮くことなく、仕事にも馴染みやすい。面接時にスポーツをしていたことアピールしても、説得力があります。

水商売のアルバイトの面接の服装

キャバクラのアルバイトの面接の服装は、一般のアルバイトの面接の服装とは、異なり間逆のスタイルです。スタイルの良さが引き立つ服装を選ぶようにしてください。ただし、子供っぽさが残るファッションはダメです。

キャバクラでは、ド素人ぽさがプラスにはなりません。大人っぽくクールな服装が面接官が「この子、雇いたい」と思うポイントです。ダボついた服装では、スタイルの良さが引き立たちません。モノトーン系の服装、ミニスカート、足元はヒールが高い物を選ぶとよりスタイルアップが目指せます。

アルバイトの面接でマルな服装

アルバイトの面接でマルな服装とは、良い意味で目立たない服装です。誰が見ても違和感をかんじない服装が当たり障りない面接のマルな服装です。

オシャレな服装は、センスや好みが分れます。シンプルイズベストという言葉があるように、シンプルな服装を選んでいれば、あらゆるバイト先に応用が聞きます。

トップスは白いブラウス、ボトムスはベージュや黒、ネイビーなどベーシックなパンツ。足元は、黒パンプスを合わせれば、アルバイトの面接の服装で困ることがありません。品の良さを感じる、シンプルな服装を選ぶことをおすすめします。

アルバイトの面接でバツな服装

アルバイトの面接でバツな服装を一言で言えば、「え?」とインパクトを与えるような服装です。どんなに美脚でスタイルに自信があっても、一般的なアルバイトの面接の服装としては、マイナスな印象しか与えません。

仮に面接官が男性で好印象を与えて採用になっても、実際に働く現場スタッフに服装を見られることもあります。「派手な印象」と勤務する前からマイナスな噂が広まります。面接は一部の人だけに好感をもたれてもダメです。アルバイト先のスタッフにも好感がもたれる服装を選ぶようにしてください。

アルバイトの面接は服装で全てが決まる

【季節別】高校生・主婦のアルバイトの面接の服装|しまむら

人間の第一印象は、服装で決まると言っても過言じゃありません。服装がだらしないと感じたら、どんなに良いことを言っても面接官の耳には、入っていきません。「アルバイトだから」と軽く考えていると、面接官に心まで見抜かれてしまいます。

わざわざアルバイトの面接だからと言って、新しい服を購入する必要はありません。ですが、着古した服装で面接に望むことは、おすすめできません。毛玉や袖が汚れている場合もあります。生活感が出すぎる服装は、避けるようにしましょう。

せっかく働きたいと思ったアルバイト先、時間をかけて履歴書を書いています。「面接の服装で落ちてしまった」と残念な結果にならないように、姿見でチェックして面接に望みましょう。

Related