Search

検索したいワードを入力してください

2017年12月28日

バイトの面接の服装・面接の服装は私服でもいいのか|女性

面接の服装選びに迷っていませんか?面接では第一印象が重要なため、服装選びは失敗の内容にしたいですよね。そこで今回は、さまざまな職種ごとにふさわしい面接の服装を紹介します。男女別で注意したいポイントもまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

バイトの面接の服装

バイトの面接の服装・面接の服装は私服でもいいのか|女性

面接は第一印象が大切と言われています。面接に臨む際は、身だしなみを整え、ふさわしい服装選びが重要と言えるでしょう。新卒者などの面接では、黒色や紺色のリクルートスーツが定番ですが、アルバイトの場合はどのような服装がふさわしいのでしょうか。

アルバイトの面接でも、学生ならばリクルートスーツ、転職者ならば暗めの色のスーツで問題ありませんが、そこまでかしこまる必要はないと言われています。応募するお店や会社の雰囲気やご自身の年齢などによって服装を選ぶことをおすすめします。

しかし、スーツがNGという会社やお店はほとんどないと言われているため、アルバイトの面接の服装選びに迷ったら、スーツを選ぶと安心でしょう。

面接の服装は私服でもいいのか

バイトの面接の服装・面接の服装は私服でもいいのか|女性

アルバイトの面接は、お店や会社によっては私服でも良いでしょう。ただし、相手にきちんとした印象を与えられる服を選ぶことが大前提です。ダボダボでダメージの入ったジーンズや派手すぎる色使いの服装は避けましょう。

面接の服装で私服を選ぶ際のポイントは、面接官に対して良い印象を与えられることです。面接官は、自分のお店や会社で仕事ができる人なのかどうかや、従業員との調和がとれそうな人かどうかなどを判断します。

そのため、応募するお店や会社の雰囲気に合った私服を選ぶことが大切です。飲食店やアパレル関係の面接では私服でも問題ないでしょう。しかし、銀行事務のパートなどの面接は、スーツの方がふさわしい場合もあるため、注意しましょう。

職業別で選ぶ面接の服装とは?

バイトの面接の服装・面接の服装は私服でもいいのか|女性

面接の服装は、お店や会社の雰囲気に合わせることが大切です。また、仕事の内容によってもふさわしい服装が変わります。例えば、アパレル関係の販売の場合は私服を選んだり、営業や事務の場合はスーツを選ぶと良いでしょう。

では、具体的にどのような仕事でどんな服装がふさわしいのでしょうか。ここでは、コンビニ・スーパー、ファミレス・居酒屋、アパレル販売、塾講師・家庭教師、事務系、運送・工事・工場関係の仕事にスポットを当てて、以下で例を挙げてみましたのでぜひ参考にしてください。

コンビニ・スーパーの店員の面接の服装は?

コンビニやスーパーのレジなどのアルバイトの面接は、清潔感がありきちんとした私服を選ぶと良いでしょう。コンビニやスーパーでは食品を扱うため、清潔感があると好印象でしょう。

面接ではデニムはNGとされていますが、コンビニやスーパーの面接では着用しても問題ないとする意見もあります。お店の雰囲気や年齢によってはデニムでも良いですが、スラックスや長めのスカートが無難でしょう。

ファミレス・居酒屋の店員の面接の服装は?

ファミレスや居酒屋も食品を扱う仕事なため、清潔感を重視した服装選びをしましょう。スーツでも良いですが、お店の雰囲気に合わせて私服を選ぶのもおすすめです。ただし、お店が明るめの雰囲気でも派手な色使いの服装やアクセサリーは避けましょう。

デニムにスニーカー、パーカーなどのラフな服装を受け入れてくれるお店もありますが、ダメージのあるデニムや靴の汚れ、シワがある服は面接にふさわしくないため避けるのが無難です。きちんと感がある私服を選びましょう。

アパレル販売の面接の服装は?

アパレル販売のアルバイトの面接では、ほかの業種よりも服装選びに気をつけましょう。アパレル業界で働く人にとっては、求職者の服装を見て仕事にふさわしいかを判断する場合があるからです。

また、応募するお店のブランドやテイストに合わせた服装を選ぶと好印象を与えられるでしょう。アパレル販売の仕事に応募するからには、そのお店を研究し、服装を決めることをおすすめします。

ほかの業種の面接では比較的地味な服装が好まれますが、アパレル販売のアルバイトの面接では、ある程度のおしゃれやトレンドを取り入れた服装を意識してみてもよいでしょう。

塾講師・家庭教師の面接の服装は?

塾講師や家庭教師の面接は、私服で問題ありませんが、スーツのほうがふさわしい場合もあります。応募する会社の雰囲気や、授業の雰囲気などに合わせた服装を選ぶと良いでしょう。

スーツの場合はダークスーツなど、無難な服装を選びましょう。私服の場合はきちんとした印象を与えられるよう意識することをおすすめします。

事務系の面接の服装は?

事務系の仕事の面接には、基本的にはスーツを選ぶことをおすすめします。実際に働く際にはオフィスカジュアルなどのスタイルを採用している会社もありますが、面接ではスーツがふさわしいでしょう。

会社の雰囲気に合わせて私服を選ぶと「自分だけ私服で恥ずかしい思いをした」ということになりかねないため、事務系でなおかつパソコンを使うような職種であればスーツで面接に臨めば間違いないでしょう。

ただし、応募先の会社から私服で来るよう指示があった場合は、きちんとしたスタイルの服装を選びましょう。その場合は、オフィスカジュアルの服装でも良いですが、落ち着いた色合いのジャケットやシャツがおすすめです。

運送・工事・工場関係の面接の服装は?

運送や工事、工場などの面接には、基本的には私服がふさわしいでしょう。スーツでも真面目さのアピールができ、会社によっては好印象の場合もありますが、職業内容を考えると私服で臨むのが無難です。

しかし、どのような私服でも良いわけではありません。デニムやパーカーなどでも受け入れてくれる会社もありますが、服の汚れや破けがない物を選びましょう。

一般的には面接の服装はスーツなので、長袖が基本ですが、運送などの面接が夏にある場合は半袖の私服でも問題ないでしょう。また、食品を扱う工場の場合は、清潔感がある服装が好印象なため、服装の汚れや乱れに注意しておくことをおすすめします。

男女別転職の面接の服装

バイトの面接の服装・面接の服装は私服でもいいのか|女性

新卒者の場合は黒色か紺色のリクルートスーツが面接の服装の定番と言われています。しかし、リクルートスーツは学生の就職活動というイメージ強いため、転職の面接にはふさわしくないでしょう。

転職の面接では、男性はダークスーツの無地やごく薄いストライプのスーツを選びましょう。二つボタンでは上を、三つボタンなら真ん中を留めるのがベターです。また、ワイシャツは必ず白の無地を着用しましょう。

女性はダークスーツかベージュなどの落ち着いたカラーのスーツがおすすめです。インナーは白シャツだと新卒者のイメージが強いため、パステルカラーや薄めのストライプが良いでしょう。また、シフォン素材のカットソーやシャツなどもおすすめです。

このように、転職の面接では学生の就職活動とは違う服装がおすすめです。以下で季節別・男女別に写真の例を挙げてみましたので、ぜひ参考にしてください。

春の面接の服装は?

春は少し暖かくなってきて明るめのカラーを選びたくなるでしょう。転職の面接ではダークスーツが基本となりますが、男性はネクタイの色などで、女性はシャツの色などを春らしいカラーにして工夫すると良いでしょう。では、男女別で転職の面接の服装を紹介します。

男性の服装例

春に転職の面接をする場合の服装は、基本のスーツスタイルに則った着こなしをしましょう。暖かくなってくると私服は明るめのカラーを選ぶことがありますが、スーツの色は黒やダークグレーが基本となります。春らしくする場合はネクタイの色を淡いピンクなどがおすすめです。

女性の服装例

女性の場合も基本的にはダークスーツなどがふさわしいでしょう。しかし、少し工夫をしたいならば、グレーやベージュなどの落ち着いたスーツがおすすめです。また、インナーを春にふさわしい薄いピンクやパープル、ブルーなどのパステルカラーを選んでも良いでしょう。

夏の面接の服装は?

暑くなると私服では半袖になりますが、面接の服装で半袖はタブーです。中に着るからと言って、シャツを半袖にすることはマナー違反となるため注意しましょう。夏場の面接では上着を脱ぐことを勧められる場合もあるため、恥をかかないためにも長袖を着用しましょう。

とはいえ、真夏に長袖を着るのは暑がりの人にとって過酷なことでしょう。面接では、夏用のスーツを着用したり、速乾性のあるインナーなどで対応することをおすすめします。では、男女別の服装を紹介します。

男性の服装例

ダークスーツは冬用と夏用があります。そのため、夏場や暑い日には夏用のダークスーツを選ぶと良いでしょう。爽やかな印象を与えるために、ネクタイの色をグレーやブルーを選ぶのもおすすめです。ただし、暑いからと言ってシャツのボタンを外したり、半袖のシャツを着ることは避けましょう。

女性の服装例

女性の場合も男性と同様に夏用のダークスーツを着用することをおすすめします。シャツやインナーは夏でも快適に着られる素材を選ぶと良いでしょう。爽やかな印象を与えることも大切なため、スーツをグレーやベージュなどの少し明るめの色を選ぶのもおすすめです。

秋の面接の服装は?

天候によって体感温度が変わりやすい秋の服装は、上着やインナーで対応すると良いでしょう。秋でも面接の服装はダークスーツが基本です。そのため、寒い日はシャツの下に着るインナーを長袖にしたり、コートを着用するなど工夫しましょう。では、男女別の服装を見てみましょう。

男性の服装例

寒い日は冬用のダークスーツを選びましょう。ただし、秋でも天候によっては暑く感じる人もいるため、その際は夏用のダークスーツで対応することをおすすめします。寒い場合はスーツとセットのベストを着用しましょう。

女性の服装例

男性と同様、ダークスーツを着用しましょう。暑く感じる場合は夏用のダークスーツがおすすめです。寒い場合はインナーなどで調節しましょう。

冬の面接の服装は?

寒い冬にはアウターが欠かせないでしょう。面接会場に行くまではアウターを着用しても構いません。しかし、面接会場に入る際にはアウターを脱ぎ、身だしなみを整えましょう。

面接にふさわしいアウターは、チェスターコートやステンカラーコート、トレンチコートなどです。ダウンジャケットやフリースなどのかじゅあるな印象の服装は避けましょう。では、男女別の服装を紹介します。

男性の服装例

面接にふさわしいフォーマルなコートがおすすめです。マフラーや手袋は面接会場に入る前に外しておくと良いでしょう。面接官の目に直接触れることがなくても、派手すぎる色合いのアイテムは避けるのが無難です。

女性の服装例

男性の服装と同様に、フォーマルなコートを着用しましょう。ファー付きのコートや派手な色合いの服装は避けたほうが良いでしょう。黒色や紺色、グレー、ベージュなどの落ち着いた色がおすすめです。

女性の面接の服装のマナー

バイトの面接の服装・面接の服装は私服でもいいのか|女性

女性の面接の服装は、男性と比べてスーツやシャツの色などの選択肢の幅が広いため、どんな服を着たら良いのか迷ってしまうのではないでしょうか。そこで、ここでは女性の面接の服装にスポットを当てて詳しく解説していきます。

パンツスタイルとスカートスタイルどちらが良いのか、インナーの選び方、キャリアを積んだ30代におすすめの服装など、面接の服装選びに役立つ情報を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

パンツとスカートどちらを選ぶ?

女性のスーツスタイルには、パンツとスカートの選択肢があります。面接ではこのどちらかを選ばなくてはなりません。パンツスタイルではアクティブな印象が強いため、キャリアウーマンのように仕事をテキパキとこなす演出をすることができるでしょう。そのため、営業系の仕事などの面接に向いていると言われています。

スカートスタイルは、女性らしさや清楚な雰囲気を演出することができるでしょう。そのため、秘書や受付などの事務系の仕事の面接に向いていると言われています。

このような印象の違いがあるため、応募する会社の仕事内容によって使い分けることもできるでしょう。しかし、会社側はパンツスタイルかスカートスタイルかを合否の材料にすることはほぼないと言われています。どちらが好印象かを判断し、選択するとよいのではないでしょうか。

インナーの選び方

面接の際のインナーは、白いブラウスやカットソーが無難です。清潔感があるインナーで、下着が透けない物を選びましょう。インナーの下にはブラウスやカットソーと同色のキャミソールを着用することをおすすめします。

白のブラウスは定番でどんなスーツにも合うため、コーディネートしやすいですが、学生の就活という印象が強いとされています。そのため、転職者の場合はグレーやベージュなどのスーツに合わせることをおすすめします。ダークスーツなら淡いピンクやパープルなどのシャツやカットソーも良いでしょう。

ブラウスやカットソーのデザインは、フリルやドレープが派手すぎない物を選びます。ただし、控えめにあしらわれているタイプであればおしゃれを演出できるため、アパレル販売などの面接にはおすすめです。

30代におすすめの面接の服装は?

30代で面接に臨む人は、転職や再就職の場合がほとんどではないでしょうか。面接官は年齢や職歴などを見て、ある程度のキャリアを積んできていることを判断するでしょう。30代の面接の服装の注意点は、リクルートスーツは使用しないこと、私服よりもスーツを選ぶことです。

リクルートスーツは、新卒者のイメージが強いため、ある程度のキャリアを積んだ人にはふさわしくないでしょう。また、アルバイトなどでは私服を選ぶことも考えられますが、スーツで臨むことをおすすめします。

その理由は、一つは面接官への印象を良くするためです。スーツを着ることで真面目さをアピールできるでしょう。もう一つは、私服のコーディネートが意外と難しいからです。きちんとした印象の私服をこれから揃えようと考えている人は、全身のコーディネートを考えなくてはならず、時間や金銭的な面で負担がかかってしまうでしょう。

子供の幼稚園の面接の服装

バイトの面接の服装・面接の服装は私服でもいいのか|女性

幼稚園に願書を提出した後に行われる面接には、当然ながら保護者が子供を連れて行きます。子供が主役となりますが、連れて行く保護者もふさわしい服装を着用し、面接に備える必要があるでしょう。

幼稚園と一口に言っても、公立・私立幼稚園や国立などのいわゆるお受験幼稚園があります。公立・私立の場合と国立などのお受験幼稚園の場合では、保護者の面接の服装はどのようにしたら良いのでしょうか。それぞれの場合の服装を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

公立・私立幼稚園の面接の服装は?

幼稚園側から軽装や普段着で来るようにと指示されることが多いと言われています。しかし、デニムやパーカーなどのカジュアルすぎる服装はふさわしくないでしょう。普段着と指示されても、きれいめなコーディネートを意識することをおすすめします。

公立や私立の幼稚園の面接では、子供はきっちりとした印象の服装を選ぶでしょう。男の子なら半袖シャツに半ズボン、女の子なんらワンピースなどが無難です。面接のために子供用ブランドのカジュアルスタイルにすることもあるでしょう。

このような子供の服装に合わせた保護者の服装のコーディネートはどのような物がふさわしいのでしょうか。以下で紹介しますので参考にしてください。

父親・母親の服装のコーディネートは?

上記のような子供の服装に合わせて、保護者もきれいめなおでかけスタイルを選びましょう。例えば、父親ならポロシャツにスラックスを合わせたり、ビジネススーツのパンツを合わせても良いでしょう。ネクタイをすると硬い印象になってしまうため、ワイシャツだけを着るのもおすすめです。

母親もスーツスタイルでは硬い印象のため、ワンピースやフレアスカート、タイトスカートなどできれいめな演出をしましょう。パンツスタイルならトップスはシフォン素材のシャツが良いでしょう。

国立などのお受験幼稚園の面接の服装は?

私立や国立などのいわゆるお受験幼稚園の面接では、子供も保護者も清潔感のある服装がふさわしいでしょう。ほとんどの家庭がスーツスタイルを選んでいると言われているため、フォーマルスーツを選んでおくと間違いないのではないでしょうか。

子供はスーツスタイルではなく少しカジュアル感がある服装も選ばれています。面接の服装は新調する人が多いと言われていますが、少し馴染んでいるほうが自然な印象を与えられるでしょう。

汚れのない清潔感のある服装を基本と考え、男の子ならポロシャツに半ズボンや長ズボン、女の子ならフォーマルワンピースやブラウスにカーディガンとスカートなどが一般的です。このような子供の服装に合わせた保護者のコーディネートは以下で紹介します。参考にしてください。

父親・母親の服装のコーディネートは?

国立などのお受験幼稚園の面接の服装は、スーツスタイルが基本と考えましょう。例えば父親ならダークグレーや紺色などの落ち着い色のスーツがおすすめです。シャツはビジネススタイルと同様に白か薄いストライプが良いでしょう。

ネクタイは派手すぎない色や柄を選びましょう。子供がカジュアルスタイルに近い服装でも、Tシャツやブレザー、ノーネクタイは避けるのが無難です。

母親は、基本的にフォーマルスーツであれば問題ないでしょう。ただし、派手な色は避けるのが無難です。パンツスタイルでも良いですが、ストッキングは必ず履きましょう。また、スカートは丈の長さに注意しましょう。年齢を意識するよりも保護者という立場を考え、膝丈くらいがおすすめです。

また、アクセサリーのつけすぎにも注意しましょう。結婚指輪やシンプルなネックレス程度にとどめ、派手なブレスレットやピアスなどは外して面接に臨みましょう。

面接で好印象を与える服装選びをしよう

バイトの面接の服装・面接の服装は私服でもいいのか|女性

アルバイトや転職などの面接の服装や、男女別の面接の服装などについて紹介してきましたが、参考になりましたでしょうか。面接ではおしゃれな服装よりも控えめな服装が好印象でしょう。

また、面接を受ける会社やお店の雰囲気に合わせることも大切です。どのような職種なのか、働いている人の服装などを確認して服装選びをしましょう。今回紹介した面接の服装を参考に、第一印象が良くなるよう、工夫してみてください。

Related