Search

検索したいワードを入力してください

2017年11月09日

バイトの面接応募の電話のかけ方・折り返し電話の受け答え方

バイトの求人応募では、企業にとってのあなたの第一印象は電話で決まります。顔が見えない分、声のトーンや速さ、言葉遣いなどであなたを表現することが大切になってきます。電話での第一印象がよくなるためにはどうすればいいのかについてご紹介します。

バイトの面接応募の電話のかけ方

バイトの面接応募の電話のかけ方・折り返し電話の受け答え方

バイトの面接応募の電話では、あなたの第一印象が決まることもあります。面接に来てほしいと感じてもらえるよう、また実際面接でもスムーズに会話ができるよう、応募の電話で少しでも良い印象を残しましょう。以下、電話のかけ方を紹介していきます。

電話をかける前の準備

バイトの面接応募の電話のかけ方・折り返し電話の受け答え方

バイトの面接応募の電話をかける前に、まずは求人先の情報を確認しましょう。仕事内容や勤務時間、求めている人物像や時間帯、給料面などの確認も必要です。電話で希望の時間帯などを聞かれた際に答えられるように、話す内容も簡単にまとめておくといいでしょう。また、手元にはメモ帳、筆記用具を忘れないように気を付けましょう。

まず名乗り内容を伝えましょう

求人先には毎日多くの電話がかかってくることとが予想されます。まずは、自分が誰なのかを名乗り、バイトの面接応募の電話をかけている旨を伝えます。「求人を見て電話をした○○という者ですが、まだアルバイトの募集はしていますでしょうか。」と、現在バイトの面接をまだ受け付けているかも確認することが必要です。

その際に大切になってくるのが、話し方です。はきはきと焦らずゆっくりとわかりやすい口調で話し、明るいトーンで元気な印象を与えることが肝心です。また、「ありがとうございます、よろしくお願いいたします、失礼します。」などの敬語にも気を付けましょう。

電話をかける場所に注意!

バイトの面接応募の電話のかけ方・折り返し電話の受け答え方

いつでもどこでもバイト先に電話をかけて良いということではありません。まず、周りが騒がしい所からの電話はやめましょう。例えば人通りや車通りが激しい交差点や繁華街、駅のホームや多くの人が行き交う学校、大きな音のする工事現場や騒がしいお店などです。

たとえ家の中でも音楽やテレビの音は消しておくと良いでしょう。また、電波の悪いところでは、自分の声が相手に聞き取りにくく、ストレスを与えてしまうことが考えられます。なるべく静かなところで電波状況の良い所で電話をかけるようしてください。

バイトの応募先から折り返し電話が来たときはどうするか?

バイトの面接応募の電話のかけ方・折り返し電話の受け答え方

担当者が不在の場合や、インターネットからの応募の場合、後ほど担当者から折り返しの電話がくることがあります。この電話の多くは面接の意思の確認や面接日程の調整であると考えられるので、面接に一歩進んだと考えて前向きな気持ちで対応しましょう。

その際に、失礼がないように、バイト先の電話番号を登録しておくことをおすすめします。そして「お忙しいところご連絡いただきましてありがとうございます。」と一言お礼を伝えると印象が良いでしょう。

その後は面接日程の提案があるでしょう。複数の候補日時があれば、確実にバイト先に行ける時間帯でお願いをします。候補の中に可能な時間がない場合は、こちらの都合の良い日時をいくつか伝えて調整してもらいます。面接時の持ち物なども伝えられますので、必ずメモを取りましょう。わからないことや質問等があれば遠慮なく聞いておきます。

バイトの面接に関する電話に出れなかった場合のかけ直し方とは

バイトの面接応募の電話のかけ方・折り返し電話の受け答え方

インターネットで応募した場合は、バイト先から折り返し電話が来ることがあります。その際にこちらが電話に出れなかった場合の対処法をお伝えします。

不在着信が入っていた場合や、やむを得ず電話に出れない時

万が一、面接を希望するバイト先からの電話に出れなかった場合は気付いたら早い段階で電話をかけ直しましょう。

留守電にバイト先からの伝言が残っている場合、「こちらから後ほど折り返します。」のメッセージがあれば連絡を待っていてもかまいませんが、できるだけこちらから折り返したほうが良いです。複数の応募者がいる場合、電話が繋がりやすい応募者の早いもの順で採用が決まることもあり得ます。

電話をかけ直す際は、先ほども述べたように、まず名乗りバイトの面接の電話をしていると用件を伝え、担当者に繋いでもらいましょう。もしも担当者に繋いでもらえなかった場合は、自分の電話の繋がりやすい時間を予め伝えておくか、後日いつなら担当者と電話が繋がるかを確認しておくと、スムーズに事が進みます。

バイトの面接後に採否の電話が来ない場合の対処法とは

ここでは実際にバイトの面接が終わった後に、採否の電話が来ない場合の対処法をお伝えします。大抵、バイトの面接の最後に、「採否についての連絡の仕方」を伝えてくれるはずです。

バイト先によっては、採用の場合のみ連絡がある場合もありますし、どちらにせよ連絡をくれるバイト先もあります。いつまでに連絡をくれるのか、採否どちらにせよ連絡があるのかどうか面接時に確認しておきましょう。

期日までは気長に待ちましょう。期日を過ぎても電話がない場合は、こちらからバイト先に電話しても構いません。その際には、「お忙しいところ申し訳ありません。」とワンクッションおいてから、「〇月〇日に面接に伺った○○と申しますが、担当者の○○さんはいらっしゃいますでしょうか。」と、丁寧に伝えましょう。期日が決まっていない場合は、少なくとも1週間はバイト先からの電話を待つようにします。

バイトの面接電話で迷惑になりにくい時間帯

バイト先に電話をかける際に迷惑になりにくい時間帯はいつなのでしょうか。業種によってピークの時間帯は異なります。飲食店だと、ランチの12時~14時とディナーの19時から21時は避け、アイドルタイムと呼ばれる14時~17時ころに電話をするのが良いでしょう。

オフィスですと12時~13時の昼休憩中が一番つながりやすいですが、担当者が外出していることも考えられますので、15時~17時ころに電話をかけても良いでしょう。

どの業種のバイト先でも、一番忙しい時間は必ず避け、電話をかける際には「お忙しいところ申し訳ありません」「お時間よろしいでしょうか」などの言葉を使って、バイト先への配慮を忘れないようにしましょう。

バイトの面接をキャンセルしたい場合の電話のかけ方

複数のバイト先に応募している場合、どこかで採用になると、面接を辞退したいバイト先も出てきます。その場合の電話のかけ方をお伝えします。

丁寧な断り方とは

早い段階で面接のキャンセルが決まっている場合は、わかり次第電話で担当者に伝えましょう。その際に「お忙しいところ恐れ入ります、わたくし〇月〇日に面接予定の○○と申しますが、面接を辞退させていただきます。大変申し訳ありません。」のように、いつ面接予定の誰かを名乗り、丁寧にキャンセルの旨を電話で話します。

やむを得ず連絡が当日になってしまう場合でも、できるだけ早い時間に電話で伝えることが重要です。無断キャンセルは、バイト先にも迷惑がかかるので絶対にやめましょう。

バイトの面接時間に間に合わない場合の電話の方法とは?

バイトの面接応募の電話のかけ方・折り返し電話の受け答え方

時間を守ることは社会のマナーです。しかし、電車の遅延などやむを得ず面接時間に遅れることもあります。その場合は、遅刻するだろうと分かった時点ですぐにバイト先に電話をしましょう。

バイト先の担当者は忙しい中、あなたのために時間を割いてくれています。まずは誠心誠意、遅刻に関して謝罪する必要があります。なぜ遅刻しそうなのかという理由も正直に伝えると良いでしょう。

そして、謝罪をした後に何分後に到着しそうか見通しを話します。それでも面接をしてくれるかどうかの確認をとりましょう。面接担当者も忙しいと思うので、別日を提案されることもあるでしょう。その際は適当な返事をせず、確実に面接に行ける日時を決めておいてください。

到着時間に関してですが、余裕を持った時間を伝えることが重要です。すでに担当者を待たせていますが、それ以上待たせないようにしましょう。

バイト面接の電話から気を抜かずに!

バイトの面接応募の電話のかけ方・折り返し電話の受け答え方

いかがでしたか?バイトの面接の電話から、選考は始まっていると考えて良いでしょう。バイト先の相手と話すのも初めて、緊張してしまうのは仕方ないことです。事前に話す内容をまとめておいて、電話の練習をしておくのも良いでしょう。

電話での印象が良いと、面接時の印象も何割増かになるはずです。丁寧にわかりやすく話すことを意識して、バイトの面接への一歩を踏み出しましょう。

Related