Search

検索したいワードを入力してください

2017年12月06日

アルバイト面接で聞かれやすい質問・答え方・回答例|高校生

アルバイトの面接の質問は勤務時間や待遇の説明も含めて、前の職場でのことを面接官は聞いてきます。前の職場の経験が活かせる職場ならばアルバイトの面接で自己アピールしましょう。また質問には明確に質問されたことに答えることが必要です。採用への道を拓きましょう。

アルバイトの面接で比較的多い質問などは

雇用形態がさまざまありますが、アルバイトは気軽にできる仕事ではなくなってきました。非正規雇用が増えてきている一方でアルバイトでも正社員と変わらない仕事をしなくてはならなくなってきています。職場の手伝い感覚よりも会社のことを考えられる人材を企業や店舗側は求めてきます。

アルバイトの際、面接官の質問で多いのがまず、今までどのような仕事をしてきたのかを聞いてきます。学生でも前の職場での仕事ぶりを必ず聞いてきます。働いていた期間やどうして前の職場を辞めたのかを聞き、新しい職場でもきちんとやっていけるように判断する材料とします。

アルバイトの面接の質問は前の職場でのことや今の職場のこと残業はできるかなどを面接官は聞いてきます。質問されたことにきちんと答えるようにしましょう。的外れなことを答えては新しい職場に対応できないと判断されることもあります。アルバイトと言えども面接の質問にはきちんと相手の目を見て答えましょう。

職業別アルバイト面接の質問の好ましい答え方

学生やフリーター、主婦さまざまな人がアルバイトとして働くことができます。学生や主婦は学業や家事に支障がないようなシフトを組んでもらいましょう。またフリーターの人はどうしてフリーターをしているのかを面接官に質問されたら明確に答えるようにしましょう。

高校生がアルバイトの面接を受ける場合、質問に答える言葉遣いもできるだけ丁寧に答えましょう。しっかり明確に答えるようにしましょう。大学生の場合は大学生としての自覚を持ち、成人していればそれなりの質問への受け答えをしましょう。接客業などの場合、仕事上でお客様と接するには言葉遣いにも面接官の目は向いています。

学生でもフリーターでも主婦でも、答えられたことに正直にどうしてアルバイトの面接を受けて仕事をしようと感じたのかを答えられるようにしましょう。

高校生の場合

高校生といえども最低限言葉遣いには気を付けましょう。アルバイトの面接でも企業や店舗の一員として働く訳ですから、清潔感のある服装や髪型で面接を受けましょう。質問が分からない場合は、正直に質問の意味が分からないことを面接官に伝えて、もう一度同じ質問をしてもらいましょう。

大学生の場合

大学生になれば、成人している人も多いので社会人と同じように扱われます。企業や店舗の面接官は即戦力となる人物を探しています。答えられた質問には明確に答え、場違いな答えや質問されたこととかけ離れた回答をしないことです。

面接官の目を見て姿勢を良くして質問に答えましょう。たとえアルバイトでも雇用契約をきちんと結んで働くので質問されたことにはきちんと答えるようにしましょう。受ける会社が力を入れている事業なども知っておくことも必要です。しっかりした志望動機を言えるように準備をしましょう。

フリーターの場合

フリーターの場合、アルバイトをしてきた数は高校生や大学生、主婦よりも多いはずです。面接官の質問に明確に答えることも必要ですが、なぜアルバイトをしていて正社員の職を選ばないのかの答えを用意しておくことも必要です。

アルバイトから正社員への道を目指しているということを伝えることでも面接官に誠意を見せることができます。成人してフリーターの場合、面接官はアルバイトで働かせるよりいずれは社員として働くことを考えて採用してくれる会社が多いので、社員への登用を考えてることを告げられたら、チャンスがあれば正規として働きたいことを伝えましょう。

アルバイトの面接でも採用側は企業全体のことを考えて面接をしています。

主婦の場合

子供がいたり、家事をしたり主婦というのは忙しいです。不可能なシフトを求められたらきちんと無理なことを勇気を持って伝えましょう。子供が病気がちだったり、まだ幼く手がかかるようならばそのことも伝えておきましょう。

結婚をして主婦としてアルバイトを受けに来たのですから、言葉遣いはもちろん一般常識などを考慮して質問に答えましょう。どうしてアルバイトをしなくてはならないのか、以前働いていた職場をどうして辞めたのかの理由もきちんと答えられるようにしておくべきです。

アルバイトの面接でよく聞かれやすい質問への回答など

今の学歴、普段どう過ごしているのか、仕事に支障がない通勤時間なのかなどを聞いてきます。これからしていく仕事で不明な点がないのか、きちんとこちらこらも質問をして明確にしておきましょう。

前の職場を辞めた理由をアルバイトを受ける面接官は聞いてきます。通勤時間が長かったことや体の不調などの理由で辞めた場合はそのことを伝えることです。前の職場でトラブルを起こしてないかを面接官が確かめている場合もあります。アルバイトといえども企業や店舗の一員となって働く意志がきちんとあるのかを確かめています。

フリーターや主婦の人はアルバイトを通じて同じような仕事を起業することを夢見てアルバイトの面接に受けに来たことを告げてもよいでしょう。

職種別にみたアルバイトの面接の際の質問の回答など

業種別、職種別にアルバイトの面接の質問が大きく変わることはないですが、接客業やデスクワーク、短期雇用の場合などでは求められるスキルが違ってくるので、質問の内容が変わる時もあります。接客業やデスクワークなどは求められるスキルが違うので、質問の内容も変わってくることを頭に入れて、じぶんに向いている仕事なのかを再確認し、アルバイトの面接を受けましょう。

また、今しているボランティア活動やクラブ活動などで学んだことや前の職場で学んだことをアピールしてもよいでしょう。

短期採用の場合

短期雇用の場合、肉体労働と呼ばれる職場での仕事の場合が多いです。人材派遣会社が短期雇用として雇う場合が多く、短期雇用でもアルバイトとして働く場合は他のアルバイトよりは敷居が低く、高いスキルは求められません。

質問されたことにきちんと答えることも必要です。また雇用期間や労災や失業保険などをきちんと確認しておきましょう。面接官から質問されることには目を見て答えましょう。短期雇用という雇用形態で働く場合、短期でもトラブルを起こさない人物や協調性のある人物を面接官は選んできます。前の職場のことでアピールできることがあれば、前の職場での成果などをアピールしましょう。

ユニクロで働く場合

接客業なので人と接するのが好きなのかを質問されます。ユニクロの製品で好きな製品があればその理由となぜ良い商品と感じたかを答えましょう。とっさの判断がお客様の心を掴むことができます。普段している活動などもアピールして仕事に活かせることを告げましょう。

郵便局での面接の場合

郵便局では郵便物を扱うという大切な仕事をしていきます。郵便職員は元々は公務員だったこともあり、アルバイトの面接に受けに来た人の前の仕事をきちんと調べてから雇います。公務員というのは問題を起こす人を避ける傾向があるので、面接では質問されたことに明確に答えることも必要ですが、以前していた仕事を辞めた理由や学生ならば普段している活動について答えられるようにしましょう。

飲食店の場合

飲食店で働く場合は服装や髪型を身ぎれいにして面接を受けにいきましょう。接客業なので人と接するのが好きなのか、また接客業の経験があればそのことをアピールしましょう。

相手の目を見て面接を受けるようにしましょう。飲食業は体力が求められます。無理のないシフトを組み徐々にシフトを増やすことを面接官に伝えるようにしましょう。

アルバイト面接でこちらが質問する際のタイミングと答え方など

相手の話を遮ることはやめましょう。相手の話が一通り終わってから質問をしましょう。相手の目を見て話をしましょう。たとえば勤務時間や待遇について説明があった場合は一つずつ質問をして明確にしましょう。

アルバイトの面接は質問の内容を理解して答えて採用してもらおう!

非正規雇用が増えた昨今ではある程度年齢を重ねてもアルバイトの面接を受けることがあります。面接官に面接の際、質問されたら質問と違う答えをしないように落ち着いて面接を受けましょう。前の職場でのことを質問されたら正直に答えることが必要です。

どうしてアルバイトの面接を受けて仕事をしようと感じたのか、理由をきちんと用意しておきましょう。はっきりした志望動機を考えておくのは高校生として面接を受ける際にも志望動機は必要です。

質問されたことにしっかり明確に答えてどのように働いていきたいのかを伝えて採用への道を拓きましょう。

Related