Search

検索したいワードを入力してください

2017年12月14日

アルバイトの職歴の書き方|転職/在職中/職歴なし/派遣

アルバイトの職歴の書き方は職業によって違う事はあまりありません。今までしてきた仕事とこれからしていくアルバイトとどれだけ結びついているのかです。職歴を書く際は職務経歴書に詳しく職歴を書く事で採用への道が拓けます。相手にアピールできる書き方をしましょう。

一般的なアルバイトの職歴の書き方

アルバイトをするのは学生、主婦、フリーターやリストラにあった男性社会人や高齢の年金受給者とさまざまな人がいます。人手不足と言われている昨今、企業にとって人材確保は一つの課題になりつつあります。働く人が少なくなっているのに実際はアルバイトさえも厳しい面接と厳正な書類審査を通過して採用されています。

アルバイトの履歴書は今までの職歴を書くようにしましょう。書き方は辞めた理由や前のアルバイトや正社員として働いていた期間を書く書き方ではなく、どのような役回りだったを書く事が採用への近道となります。

アルバイトの面接の履歴書でも職務経歴書はつけましょう。書き方は今までして来た仕事を書く事ですがアピールできる事柄があればなるべく書きましょう。例えばリーダーや責任者をしていればその事を書きましょう。

現在に至るという場合

現在に至るという書き方をする場合、今無職か求職中の状態を指します。正社員でも非正規雇用でもブランクが長いとアルバイトの採用さえ難しくなります。何も仕事をしていない状態をなるべくなくしましょう。もし前の職場を辞めて時間が経っていたら、知り合いや親戚の仕事を手伝っている事や資格や免許の取得に時間をかけていることを面接官に話しましょう。

資格や免許をたくさん取得していても資格を活かす職歴がないと企業はアルバイトさえ採用を見送る場合が多々あります。

現在に至るという書き方をする場合はブランクや前の職場の事を質問されてもすぐに良い答えができるように準備をしておきましょう。アルバイトでさえ今は採用の基準が厳しくなっています。企業の半分は非正規社員なのでアルバイトでさえ正社員のような採用基準を設けています。

在職中の場合

今している仕事では収入が足りず、在職中でも仕事をする場合は今勤めている会社に了承を得ている事を伝え副業のアルバイトは可能な事を伝えましょう。職歴の書き方は現在している仕事のことを書き、今受けているアルバイトの仕事にどう活かせるのかをアピールしましょう。

履歴書の欄の職歴を書いた際に今している仕事の雇用形態を書き、職務経歴書に今在職している仕事がアルバイトにどう役に立つかをアピールする書き方を職務経歴書に書けば採用の道は遠くないです。

在職中の仕事とアルバイトが似たような仕事ならば、採用される確率が高くなります。職歴を書いた場合、職務経歴書に会社でした仕事を事細かに書く書き方をしないと説得力がなくなります。アルバイトが決まったら、勤務できる時間も確認しておく事が大切です。

職歴がない場合のアルバイトの履歴書の書き方

学生や主婦などは履歴書に書く職歴がない場合は取得している資格や免許を記入をして、履歴書の自己アピール欄に資格や免許を活かせる書き方をすることで、アルバイトへの意欲や、やる気をアピールできます。

またある程度年齢を重ねた人や、働き世代の人が職歴がない場合はアルバイト未経験でも普段している事が今、受けているアルバイトにどう活かせるかをアピールする書き方をしましょう。また資格取得や免許の取得で時間が掛かり、アルバイトをすることができなかったことを書き、今までの経歴を前向きな書き方をしましょう。

職歴がない場合のアルバイトの採用は難しいです。非正規雇用が増えてアルバイトでさえ正社員と同じ感覚で採用されるので職歴がない場合は得意な事や持っている資格や免許を記入しましょう。資格や免許がない場合は取得してから面接に行くようにしましょう。

居酒屋でアルバイトをする場合の履歴書の書き方

居酒屋は接客業です。居酒屋でアルバイトをする人は今まで何件もアルバイトの経験がある人です。主婦や学生の人はもちろんフリーターや離職した会社員なども居酒屋でのアルバイトの経験がある人が多いでしょう。

居酒屋は雰囲気作りをしないといけない職場です。明るい人柄が好まれます。面接でもポジティブな回答をできるようにしましょう。

アルバイトをする人が若ければ職歴がなくても雇ってくれる居酒屋は多いです。他の職場での職歴がある場合の職歴の書き方は履歴書に現在に至る場合なのか、居酒屋以外に他の仕事に在職しながら両方の仕事をする場合でも職務経歴書に詳しく記入できる職歴がある事が必要です。

デスクワークが多い人はデスクワークをしながら接客をしていたことを職務経歴書に書きましょう。一つの会社に勤めていて部署が変わった場合その期間や仕事の内容を書き、居酒屋の仕事と結びつくアピールをする書き方が必要です。

派遣に登録する際の職歴の書き方

非正規雇用でも派遣社員というのは厳しい雇用形態です。職歴にこだわらず採用するのでなるべく得意な事や今までしてきた事を履歴書に書きましょう。派遣社員というのは便利屋です。畑違いの仕事もしなくてはいけないので職歴にはこだわらないです。

派遣社員として派遣会社に登録する際もなるべく前の会社と同じような仕事をしたい場合は今までして来た仕事と近い仕事をするために職務経歴書に具体的に得意な事や資格や免許、今までして来た仕事でどれだけの成果をあげてきたのかを記入しましょう。

履歴書の職歴の欄は詳しく今までしてきた仕事について記入できません。なるべく職務経歴書を提出するようにして、得意な事や今までして来た仕事とリンクできるような書き方をしましょう。職務経歴書の書き方一つで採用側の見方も変わってきます。派遣社員として働く場合は畑違いの仕事をすることを覚悟して面接を受けましょう。

転職の場合のアルバイトの上手な職歴の書き方

まず職務経歴書を提出しましょう。履歴書ではどれだけ良い職歴を持っていても良いアピールができません。転職の際のアルバイトというのは期間限定という概念を企業側も持っていることが多いので、アルバイトから正社員への登用を希望していることを面接でアピールしましょう。

また職務経歴書にはこれからしていくアルバイトに活かせる事があれば、前の会社でしていた仕事とこれからするアルバイトでできることをアピールしましょう。

アルバイトでさえ、なかなか採用が難しくなっています。職歴の主な書き方は職務経歴書に詳しく職歴に関する事を上手に書けるかにかかって来ています。煩わしい余計なことは書かずに職歴を活かしてこれからのアルバイトにどうつなげる事ができるかを書く書き方をする方が採用の道が拓きやすいです。

履歴書の書き方など

手書きやPCどちらでも良いですが、アルバイトの企業側から指定がない場合はなるべく手書きで書きましょう。正社員と違いアルバイトの方が手書きの文字で面接官が相手の性格やどのような人なのかを判断する材料になります。手書きの際は大きな文字で読みやすい文字で書くように心がけましょう。

学歴や職歴の書き方も必ず職務経歴書をつけて書きましょう。郵送する場合は送り状も必要です。封筒の中にどのような書類が入っているのかを示す書類があった方が丁寧な仕事ができるとアピールできます。

職務経歴書の書き方

同じ会社内でもどのような仕事を何年間していてどのような仕事内容だったのかを明確に簡潔に書くべきです。成果をあげることができなかった場合も余計なエピソードは書くのをやめて短い文章でどのような仕事をしてきたのををアピールする書き方をしましょう。

アルバイトでも採用が難しくなっている

大手企業でも半数の人は非正規雇用です。アルバイトも含まれます。アルバイトの採用基準が厳しくなっているのには現代のテクノロジーの進化と暮らしやすくなった環境にあります。自由な生活の中でもどれだけじぶんを律して生活しているのかがアルバイトの採用にも問われています。なるべく規則正しい生活をするようにして採用の道を拓きましょう。

大卒で就職できなかった人はアルバイトさえも難しい

大学を卒業して企業に就職できなかった人はアルバイトの採用でさえ難しくなっています。5社6社廻ってもアルバイトが決まらない人は多いです。とっさの判断ができないと面接官に判断されて職場では活躍できないと面接官は感じてしまいます。

学生時代にボランティア活動、クラブ活動、アルバイトなど経験を積んでおけばアルバイトがなかなか決まらないということはなくなります。

職務経歴書はアルバイトの面接でも書くようにして採用の道を拓こう!

高度経済成長やバブル経済の時のように人を簡単に採用する事はなくなりました。それはアルバイトでも一緒です。アルバイトとして働く場合でも企業の歯車として働く気持ちで仕事をする意欲がなければ採用の道はなくなります。

履歴書の職歴を書く欄にアピールできることは多くは書けません。できるだけ職務経歴書を利用して、これから面接を受けるアルバイトにどうつなげるかをアピールすれば採用の可能性は高くなります。

履歴書を書く際は、目立った職歴がない場合は自己アピールや資格、免許などをアピールする書き方をして、アルバイトの採用を勝ち取りましょう。

Related