Search

検索したいワードを入力してください

2017年12月18日

バイトの面接の電話の折り返しの方法・時間・来ない場合

アルバイトの折り返しの電話を待つ場合、ほとんどの場合が面接で言われた期日を過ぎて電話をかける場合が多く、折り返し電話をしますと言われたら待ちましょう。アルバイトでも基本的な電話応対を理解していないと採用される仕事も不採用となりえません。待つようにしましょう。

バイトの面接を受けた後の電話での折り返しの方法

30代40代の社会人がリストラや会社を辞めてアルバイトとして面接を受ける事は珍しくなくなってきました。非正規雇用が増えているのでアルバイトの面接を受けて働く人が増えています。アルバイトの面接の後、電話での折り返しをしようと待つ場合は面接官がどのぐらいで電話をするかを面接の際知らせてきます。

折り返しの電話がこない場合は電話をこちらからかけるかは面接の際の話を良く聞いてから電話をかけるタイミングを考えましょう。電話がこないからといって不採用とは限りません。

先方が忙しくてかけられない場合もあれば、メールや郵便で不採用の通知を送ってくる場合もあります。折り返しの電話をかける際は言葉遣いは丁寧にまた向こうから詳細を調べて折り返し電話をすると言って来たら、ギリギリまで待ちましょう。

アルバイトの面接の折り返しの電話を待つ場合は、正社員や契約社員の採用とはまた違ってきます。

面接の結果に時間がかかっている場合

アルバイトの面接の際にいつまでにご連絡しますと面接官が面接の際に言っていたら、その期間をじっと待ちましょう。初めの電話連絡がこない場合、面接で言われた時期に近づいて明らかにその時期を越えたら電話をしましょう。その際折り返し電話をかけますと面接官以外の人から言われた場合、待ちましょう。

面接の結果の通知がこない場合、こちらから電話をかけて折り返しの電話を待つ場合必ず連絡はきます。午前中に連絡をこちらからした場合、午後までには連絡がくるでしょう。午後にかけた場合は翌日まで待つようにしましょう。すぐアルバイトとして雇いたい場合は一般的には連絡は早く来ます。それは正社員も一緒です。

もし郵送やメールで不採用の通知がきても、面接を受けた会社とは縁がなかったと諦めて次を探しましょう。電話で不採用の理由も聞けますが、感情的になる人も多く、次のアルバイトの面接を清々しい気持ちで受けられません。

バイトの面接の結果の折り返しの電話が来ない場合

アルバイトの面接を受けて結果の電話を面接の際、言われた期間を待っても電話がこない場合、こちらから電話しましょう。その際は丁寧な言葉遣いで明確にわかりやすい話をしましょう。採用する対象者が多く厳選な人選が行なわれている場合もあります。ふるいをかけられて落ちてしまわないようになるべくギリギリまで面接官から電話がくるのを待ちましょう。

折り返しの電話を待つ場合は結果の電話が来ず、一度電話をかけている場合が多いのでなかなか電話がこなくて向こうから折り返し電話をしますと言われたら、こちらから絶対電話をしないのが一般的な常識となります。

折り返し電話をしますと言われて、待てない場合は企業側にあまり良いイメージを与えられません。その上採用されるはずでも不採用となる可能性が高くなります。折り返しの電話を待てるのかを面接官や企業側が面接に受けに来た人を試している場合があります。

Web応募のバイトの場合

Web応募のアルバイトの場合、Webで応募をした時にその日に面接場所や時間を連絡してくる企業も多いです。一般的に採用となる場合、メールや郵送で採用の通知がくることは稀です。採用の場合は電話で詳細を伝えてきます。

Webでの応募でアルバイトの面接を受けた場合、メールで結果通知をする場合もあり、メールで結果を通知するから不採用とは限りません。面接の際、面接官がこの日までには連絡しますと言っていて連絡がこない場合、こちらから連絡しましょう。

基本的にこちらがしびれを切らして電話をかけた場合、企業側から折り返し電話しますと言われたら電話を待ちましょう。こちらから電話をかけないのが暗黙のルールとなります。

派遣バイトの場合

派遣のアルバイトは登録制もあり、面接の結果が遅くてこちらから電話をかけた場合でも向こうから折り返し連絡しますと言われたら待ちましょう。派遣のアルバイトを受ける場合は人材派遣の会社自体が忙しい事が多い場合があるので、面接の結果を待たされる事は多いです。

派遣バイトで働く場合、派遣先の連絡もメールで連絡する場合があるのでメールで連絡しますと向こうが言って来た場合、派遣バイト自体の不採用の可能性は他のアルバイトより少ないです。

毎日違う場所へ派遣される場合、メールでの連絡で済ませる場合があり必要なものや服装なども派遣バイトの会社が指定してくることもあるのでメールですべて済ませる会社も少なくないです。

派遣バイトでの面接の結果を待つ際に折り返しの電話を必要としないのは派遣バイトが一番電話に気を使わないで済むアルバイトとも言えます。

短期バイトの場合

短期バイトの場合は短期でするアルバイトが多く、警備員や郵便局、工場の軽作業などの仕事が多く、すぐ人が欲しい場合がほとんどなので面接の結果がこなくてしびれを切らしてこちらから電話する機会は少ないでしょう。もしこちらから電話をして折り返し電話しますと言われたら、待つようにしましょう。派遣バイトでもWeb応募でも同じです。

アルバイトの面接だけではなく、アルバイトとして仕事をする際も得意先から折り返し電話をしますと言われたら待つ事が常識となっています。折り返し連絡しますと言われて、何日も連絡がこない場合はこちらから連絡しましょう。

すべての状況別に共通する面接結果を折り返しの電話で待つ場合

電話の折り返しを待つ場合は、もう面接が終わり面接官が言っていた期間に連絡がこなくこちらから連絡を入れて電話を待つ状態を指します。面接を受けて連絡を待つ状態は折り返しの連絡とは言いません。

電話連絡を待つ場合は折り返しと言われて何日も待つ場合はこちらから電話しましょう。特に面接の連絡を待つ場合はメールや郵送で不採用の通知がくることもあり、折り返しの電話を待っている間にメールや郵送で不採用の通知がくることもあります。

バイトの面接結果を折り返しで待つ際の一般的な対応方法

まず家の電話の場合、面接を受けた本人が出るようにしましょう。折り返しで電話を待つ場合はこちらから結果連絡を問い合わせ場合で向こうからの電話を待っている場合が多く、アルバイトでさえも企業側が勤務場所や勤務時間を伝えて来たら良く聞いておき、聞きそびれた場合は「聞こえづらかったのでもう一度お願いします」と丁寧に相手に伝えましょう。友人と電話している感覚で電話しない事です。

バイト結果の電話がこない場合いつ連絡した方が良いのか

ほとんどが1週間以内に連絡すると面接官は言ってきます。本当に採用したい場合は次の日に連絡がくる場合も多く、1週間過ぎても連絡がこない場合はこちらから連絡しましょう。例えば4日以内と言われてその期日を過ぎたら電話しましょう。一般的に向こうが指定してきた期日を越える日になったらこちらから電話しましょう。

応募が殺到している場合や人選に時間がかかっている場合もあり、電話連絡が遅いから不採用とは限りません。現在受けているの企業の面接を待ちながら同時進行で他のアルバイトの面接を進める事で早く仕事を決めることができます。

夜電話をかける場合

夜は電話かける事は企業に良いイメージを与えられません。常識のない人として認識されてしまいます。夜はすでに企業の人がいなく警備員の人しかいない場合もあり、電話をかける際は午前中にしましょう。

翌日電話をかける際の時間帯など

翌日まで折り返しの電話を待つ場合は午前中にかけてもらうようにしましょう。翌日の午前中に折り返しの電話をもらっても、また折り返しとなっても翌日の午後が利用できます。

午前中もしくは企業の昼休み前などを狙って電話しましょう。

折り返し電話しますと言われたらこちらから電話せず良いイメージを持ってもらおう!

電話での言葉遣いも必要ですが、電話を待つ器量を持つ事も必要です。一般的に折り返し電話をしますと向こうが言って来た場合待つのが通常です。翌日になっても電話がこなくても2日は待ちましょう。また面接の際、面接官が言ってきた時期を越えた場合はこちらから電話をして、折り返し電話しますと言われたら待つようにしましょう。決まる採用も決まらなくなってしまいます。

採用された後の仕事にも電話の折り返しというのはついてまわります。折り返しと相手が言って来たら待つようにしてアルバイトの内定を取れるようにしましょう。待つことになれることも学生でアルバイトをする人にも必要です。

Latests